コラム

19世紀フランスに深刻な分断を引き起こしたドレフュス事件『オフィサー・アンド・スパイ』

2022年06月02日(木)12時20分

ドレフュスの苦しみも巧みに描き出す

そこで注目したいのが、証拠となる文書の真偽の問題だ。アラン・パジェスの『ドレフュス事件 真実と伝説』には、以下のような記述がある。


「アルフレッド・ドレフュスを支持していた人々の陣営がひとつの真実を提示すると、すぐさま敵対する陣営が入念に作り上げた伝説でそれに応じた。ドレフュス事件の歴史的展開の核心には、虚偽の発明が書き込まれている」

ポランスキーもその部分にこだわっている。ドレフュスの裁判の筆跡鑑定では、スパイ行為の証拠と彼の筆跡が完全には一致しないことについて、ドレフュスが自身の筆跡を故意に模倣したという奇妙な説明がなされる。一方、追いつめられるピカールも、ユダヤ組合に買収され、ドレフュスを解放するために、エステラジーがスパイであることを示す証拠を偽造したと追及される。

前掲書にはもうひとつ、ドレフュスとピカールについて興味深い記述がある。それは、ジャーナリストとしてドレフュスを擁護したジョルジュ・クレマンソーの視点だ。彼は、多くの人々が悪魔島に送られたドレフュスの実際の境遇を知らなかったため、「彼は観念的な犠牲者であり続け」、「ピカール中佐こそがこの陰謀全体の『真の犠牲者』とみなされるべき」と考えていたという。

81qebiVejlS.jpg

『ドレフュス事件 真実と伝説』アラン・パジェス 吉田典子/高橋愛訳(法政大学出版局、2021年)

ポランスキーもまたこのふたりの図式をよく理解し、ユダヤ人に対するピカールの複雑な感情を独自の視点で掘り下げることによってふたりを結びつけ、彼が最初に望んでいたように、ドレフュスの苦しみも巧みに描き出している。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国南部で豪雨続く、河川増水でさらなる洪水の恐れ

ビジネス

英住宅価格、4月は前年比+1.1% 2カ月連続で上

ワールド

英医療財源、480億ドル不足 与野党は対策示さず=

ワールド

ペトロブラス新CEO、ブラジル大統領の期待に応えた
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story