コラム

北マケドニアの自然養蜂家の女性を追うドキュメンタリー『ハニーランド 永遠の谷』

2020年06月25日(木)18時30分

3年の歳月と400時間以上の撮影から生み出された信頼関係

本作の導入部では、ハティツェが、危険な断崖や廃墟の石壁にある蜂の巣から、蜂蜜や蜂の巣を採取する姿が映し出される。彼女は「半分は自分に、半分はあなたたちに」といって、常に半分を残す。蜂蜜は蜜蜂の食料であり、それを残すことで冬を越して春になると群れが大きくなる。

そんなハティツェの言葉は、まったく違うドラマが生まれることによって、はるかに重みが増す。突き刺さるといってもいい。養蜂を始めたフセインは、彼女の教えを守ることができない。その結果、バランスが崩れてしまうからだ。

このドラマで驚くのは、撮影クルーが、ハティツェの親子だけでなく、フセインの一家にも完全に溶け込んでいることだ。子供たちもカメラをまったく気にかけない。彼らが川で遊ぶうちに、妹が溺れかけ、兄が慌てて助ける場面なども記録されている。

フセインは妻や子供たちに無理な労働を強い、一家のなかで争いが起こる。そのフセインは、最初からハティツェの教えを無視するわけではない。彼の行動には、取引相手の男が影響を及ぼしている。その男は、先に子供たちにプレゼントをして、フセインが要求を断れなくなるような姑息な手を使う。そんな争いや駆け引きについては、撮影を拒まれてもおかしくはないように思える。

本作は3年の歳月と400時間以上の撮影から生み出された。そこには、すでに撮影に入ってから現れた一家との信頼関係を築き上げていく時間も含まれている。

監督コンビの感性がリアリズムとは異質な空間を切り拓いている

しかし、より重要なのは、監督コンビの感性が映像の隅々にまで反映され、独自の空間を切り拓いていることだろう。

リューボは映像作家というよりは環境保護主義者で、植物や動物に焦点をあてた短編ドキュメンタリーの製作に関わってきた。つまり、人間ではなく自然を相手にしてきた。これに対して、タマラは映画学校でドキュメンタリーを学び、社会的なテーマや人間に焦点をあててきた。本作ではそんなふたりの視点が絡み合い、蜜蜂がフセインの一家に防衛本能をむき出しにする様子や蜜蜂同士の間に起きる争いが浮き彫りにされている。

さらに、映像へのこだわりも見逃せない。本作は、自然光とハティツェが実際に使っているオイルランプや蝋燭の灯りだけで撮影されている。そして驚くのが、コンビがハティツェや母親が話す古代トルコ語の意味をまったくわからないまま撮影をつづけ、音のない映像だけを見て編集し、あとで会話の意味を確認したという事実だ。

本作では、そんなアプローチが、リアリズムとは異質な空間を切り拓いているように思える。ハティツェが蜂の巣のある断崖に向かう冒頭や、再び断崖を訪れた彼女が丘の上で犬と蜂蜜を分かち合う終盤の場面では、時代背景は完全にぼやける。

ロングの前掲書では、天然の蜂蜜採取は危険な仕事で、蜜蜂を理解すること、巣を守ろうと本能的に刺してくる蜜蜂にどう対処するかを知っておくことが重要だと指摘したあとで、以下のような記述がつづく。


「こういった情報は、普通はハチミツ採取を専門とする選ばれた一族や集団のなかで注意深く受け継がれてきた。ハチミツの採取は高度に専門的であり、人々から尊敬され、評価されてきた仕事──最古の文明にも記録が残っているほど価値のある仕事だったのだ」

タイムレスな空間に存在しているように見えるハティツェの姿には、そんな選ばれた人間を垣間見ることができる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

EU、対ベラルーシ制裁を14日に協議=スウェーデン

ビジネス

米コロナ追加対策巡る協議、合意成立しない可能性も=

ビジネス

英GDP速報値、第2四半期は20.4%減 過去最大

ワールド

米国との通商交渉、多くの分野で進展=英貿易省

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 8

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 9

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 10

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!