コラム

身長13センチになれば、この時代の生きづらさが解消する!? 映画『ダウンサイズ』

2018年02月27日(火)16時00分
身長13センチになれば、この時代の生きづらさが解消する!? 映画『ダウンサイズ』

マット・デイモンが13cmに! 映画『ダウンサイズ』(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

<人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。科学の進化によって、人間を1/14に縮小する技術が発見された。小さくなることで見えた大きな幸せ...>

アレクサンダー・ペイン監督は、『アバウト・シュミット』(02)、『サイドウェイ』(04)、『ファミリー・ツリー』(11)、『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』(13)といった作品で、人生の危機に直面した男たちの行動や心理を、ユーモアを交えて巧みに描き出してきた。そんな作品に親しんできた人は、ペインの新作『ダウンサイズ』に戸惑いを覚えるかもしれない。この映画は、『マルコヴィッチの穴』(99)、『アダプテーション』(02)、『脳内ニューヨーク』(08)などの脚本や監督を手がけたチャーリー・カウフマンが作りそうな、シュールで奇想天外なSFコメディに見えるからだ。

人口や環境問題を解決するために人間を小さくする

その物語は、ノルウェーで科学者ヨルゲンがマウスを使ったある実験に成功するところから始まる。その5年後、自ら実験台となり、身長約13cmになったヨルゲン博士が学会の壇上に上がり、「ヒューマンスケールとサスティナビリティ」というテーマで画期的な技術を発表する。それは、人口や環境問題を解決するために人間を小さくする技術だった。すでに博士とともに36人の人間が壮大な実験に参加していて、彼らが4年間に出したゴミが、ポリ袋ひとつに収まってしまうことが明らかにされる。

さらにそれから10年後、いよいよ主人公のポールが登場する。ネブラスカ州オマハで妻と経済的に厳しい生活を送るポールは、同窓会で"ダウンサイズ"の人生を選択した友人と再会し、彼が暮らすコミュニティ「レジャーランド」の生活に魅了されていく。一度小さくなったら元には戻れないが、資産は82倍になり、とてつもない大豪邸で贅沢に暮らすことができるからだ。

ポールと妻は「レジャーランド」で暮らす決断をする。ところが、夢は一瞬にして崩れる。予告編からも察せられるように、妻が土壇場で怖気づき、ポールだけが13cmになってしまうのだ。それだけなら、ペインの他の作品にも通じる人生の危機といえないこともないが、この映画ではそんなポールが予想だにしない人生を歩むことになる。「レジャーランド」のドラマには、強烈なキャラクターたちが登場し、やがて彼はノルウェーのヨルゲン博士のもとに導かれていく。

個人を超えた大きな視野からとらえる

このような展開を見ると、ペインが突然、これまでの作品とはまったく違うひらめきを得て、新作を作ったように思われることだろう。実は彼がこの企画に着手したのは2006年のことで、当初は『サイドウェイ』につづいてポール・ジアマッティが主演する予定だった。だが、資金の調達が困難を極め、先送りされることになった。また、ペインは海外のインタビューで、この新作には、これまでの作品で扱ってきたテーマが集約されているとも語っている。

ペインの作品には以前から、主人公が置かれた状況をまったく異なる視点からとらえるような要素が盛り込まれていた。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

サウジが不明記者の死亡認める 高官2人解任 米大統

ワールド

焦点:貿易戦争が招いたブラジル農業ブーム、米アイオ

ビジネス

焦点:米中間選挙、株式オプション市場では「ささいな

ビジネス

S&P下落、金利上昇や貿易への懸念で

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で分かった「死」

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 6

    故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 10

    この虫を見たら要注意!大量発生で農作物や木を枯ら…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 6

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 7

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 8

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!