コラム

「ホロコーストはなかった」とする否定論者との闘い 『否定と肯定』

2017年12月07日(木)18時50分

リップシュタットは、法廷における戦術を理解しているわけではない。だから、彼女と弁護団の間に準備段階から軋轢が生じる。

特に注目したいのは、弁護団を主導する法廷弁護士リチャード・ランプトンとリップシュタットが、証拠収集のためにアウシュヴィッツを訪れる場面だ。彼らは、ガス室の遺構や衣服のシラミ駆除に使用された建物を検証していく。

この場面では、フレッド・ロイヒターという名前が重要なキーワードになる。処刑装置専門家を自称するアメリカ在住のロイヒターは、否定論者によってアウシュヴィッツに送り込まれ、不正な手段で建造物から毒物採取を行い、科学的な検証によってガス室は殺人装置として機能できないことを証明したと主張した。アーヴィングはこのロイヒター報告書と出会うことで確信を持ち、否定論を前面に押し出すようになった。

弁護士のランプトンはそのロイヒターに強い関心を示し、同行した専門家に細かな質問を繰り返す。これに対して感情的になったリップシュタットは、ロイヒターなど語るに値しないと言って、その場所にいる限りは敬意を示すように要求する。アウシュヴィッツに立ち、厳粛な気持ちになっている彼女には、検証に集中するランプトンが感情のない人間に見えたのだろう。

真実を守ることがますます難しくなってきている現在

しかし、リップシュタットはただ感情的になっているだけではない。このアウシュヴィッツ、あるいは法廷での彼女の姿勢は、『ホロコーストの真実』を執筆したときのそれとは明らかに違っている。

ロイヒターについては、それ以前の別の裁判で、専門的な知識も資格も能力もなく、その報告が科学的にも方法論的にも間違っていることが明らかにされている。しかしそれでもマスコミが彼を取り上げ、ゴミになるはずの報告が一人歩きする。そんな現実を踏まえて彼女は以下のように書いている。


「信頼性がまったくないのに、否定者がロイヒターの話を繰り返せるというのは、真実がフィクションよりもはるかに脆く、理性だけではそれを守れないことを示唆している」

ところが、裁判が決まってからそんな視点は見失われていく。リップシュタットは真実の側に立ち、アーヴィングに対抗しようとする。だから、生存者や自分が法廷で証言することを望む。彼女は、これまで注意深く避けてきた両論併記の罠に陥りかけているともいえる。

だが、ランプトンと弁護団は、彼女の意向を受け入れようとはしない。アーヴィングにエサを与えず、彼の否定論に的を絞り、それを徹底的に突き崩そうとする。それは『ホロコーストの真実』で彼女が展開した戦術でもある。

もしこの裁判で、弁護団がリップシュタットの意向に配慮して異なる戦術をとっていたら、その結果は違ったものになっていたかもしれない。

この映画は、ホロコースト否定論者の問題を浮き彫りにするだけでなく、真実を守ることがますます難しくなってきている現在について考えるヒントも与えてくれる。

《参照/引用文献》
『ホロコーストの真実――大量虐殺否定者たちの嘘ともくろみ』デボラ・E・リップシュタット 滝川義人訳(恒友出版、1995年)


『否定と肯定』
公開:12月8日(金)、TOHOシネマズ シャンテ 他全国ロードショー

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    【動画】米軍、イラン革命防衛隊が日本のタンカーか…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    世界に誇る『ゴジラ』シリーズ化の原点は、1955年公…

  • 10

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 6

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 7

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!