コラム

「ホロコーストはなかった」とする否定論者との闘い 『否定と肯定』

2017年12月07日(木)18時50分
「ホロコーストはなかった」とする否定論者との闘い 『否定と肯定』

ユダヤ人の女性歴史学者とホロコースト否定論者が2000年ロンドン法廷で対決した実話 映画『否定と肯定』

<ユダヤ人の女性歴史学者とホロコースト否定論者が2000年ロンドン法廷で対決した実話。真実を守ることがますます難しくなってきている現在について考えるヒントも与えてくれる>

ミック・ジャクソン監督『否定と肯定』の物語は、ホロコーストの真実を探求するユダヤ人の女性歴史学者デボラ・E・リップシュタットと、イギリスの歴史作家で、ホロコーストはなかったとする否定論者のデイヴィッド・アーヴィングが、法廷で対決した実話に基づいている。

この裁判の発端になったのは、リップシュタットが93年に発表した『ホロコーストの真実――大量虐殺否定者たちの嘘ともくろみ』だ。ホロコースト否定論者たちが歴史を歪曲する手口やその動機を掘り下げた本書には、アーヴィングも取り上げられていた。これに対してアーヴィングはリップシュタットと出版社を名誉毀損で訴え、数年の準備期間を経て2000年にイギリスの王立裁判所で裁判が始まった。

否定論者とどのように向き合うべきか

この映画は1994年、大学で教鞭をとるリップシュタットが暮らすアメリカのアトランタから始まり、裁判に至る過程にもテーマに深く関わるエピソードが盛り込まれている。物語は、前年に『ホロコーストの真実』を出版したリップシュタットが、講演を行う場面から始まる。そこには彼女の複雑な立場が巧みに描き出されている。講演の参加者のひとりが、彼女が否定論者とは討論しないことについて、話すことが民主主義であり、拒むのは臆病なのではないかという疑問を投げかける。

リップシュタットは『ホロコーストの真実』のなかで、否定論者とは論争しない理由を最初から明確にしている。ホロコーストの有無は論争の対象にはなり得ないのに、討論に応じれば、対立する二つの主張があり、否定論者がその一方の立場であるように認知されてしまう。だからこの本を書くことにも葛藤があった。以前は否定論者を無視する姿勢を熱烈に支持していた彼女は、「彼らの存在誇示に手を貸しているのではないかという思いに苦しんだ」とも書いている。

しかし、この講演の場面は、参加者から疑問を投げかけられるだけでは終わらない。アーヴィング本人が講演に紛れ込み、壇上の彼女を攻撃し、協力者にその一部始終を撮影させ、自身のサイトで勝利を宣言する。

この映画は、そんな導入部から、真実を守ろうとする者は、否定論者のような存在とどのように向き合うべきなのかという難しい課題を突きつけてくる。

無視はしないが討論もしないという立場だったが

リップシュタットが裁判のために雇った弁護士によれば、アーヴィングがイギリスで訴えを起こしたのには狙いがあるという。イギリスでは、アメリカとは違い、原告ではなく被告に立証責任があるのだ。さらに、ロンドンを訪れ、ユダヤ人団体の指導者たちと会食したリップシュタットは、彼らから示談を勧められる。アーヴィングは過去の人であり、裁判を行えば息を吹き返すというのが彼らの言い分だ。裁判にはそんな危険もともなう。

アーヴィングは否定論者として脚光を浴びる機会を虎視眈々と狙っていた。これに対して、無視はしないが討論もしないという立場をとるリップシュタットは、法廷での対決など想定もしてなかったことだろう。この映画は、単に裁判の顛末を描き出すだけでなく、そんな彼女の心理も掘り下げていく。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 8

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 9

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 10

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!