コラム

ウォール街を出しぬいた4人の男たちの実話

2016年02月19日(金)16時30分
ウォール街を出しぬいた4人の男たちの実話

リーマンショックの裏側でいち早く経済破綻の危機を予見し、ウォール街を出し抜いた4人の男たちの実話

 アダム・マッケイ監督の話題作『マネー・ショート 華麗なる大逆転』は、映画『マネーボール』の原作者でもあるマイケル・ルイスのベストセラー『世紀の空売り 世界経済に破綻に賭けた男たち』の映画化であり、リーマン・ショックという未曾有の危機を前にして、サブプライム・ローンにまつわる大変動を予期し、それをもとに財をなす準備を整えていた男たちの実話に基づいている。

いち早く経済破綻の危機を予見

 映画に最初に登場してくるのは、ヘヴィメタを愛する隻眼のヘッジファンド・マネージャー、マイケル・バーリだ。格付けの高い不動産抵当証券の事例を調べていた彼は、サブプライム・ローン債権を含む証券化商品である債務担保証券(CDO)が、数年以内にデフォルト(債務不履行)に陥る可能性が非常に高いことに気づく。そこで彼は、「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」という金融取引に目をつけ、サブプライム・ローンの価値が暴落したときに巨額の保険金を受け取れる契約を投資銀行と次々に結んでいく。

 CDSを買った人は、プレミアム(保険料)として決まった金額を投資銀行に払い続けなければならない。住宅市場が安定していると信じる投資銀行にとっては、CDOのCDSは向こうから勝手に金が転がり込んでくるようなものなので、嬉々としてマイケルにCDSを売る。結果としてCDSは大きな賭けになっていく。

 同じ頃、マイケルの取引の噂を耳にしたドイツ銀行の取引仲介人ジャレド・ベネットは、その狙いを見抜き、CDSの伝道師になる。そんなジャレドの言葉に耳を傾けるのが、強欲なウォール街に対する怒りを抑えられないヘッジファンド・マネージャー、マーク・バウムで、彼はCDSで銀行に鉄槌を下そうとする。さらに、無名の若い投資家コンビのジェイミーとチャーリーが住宅バブルを好機ととらえ、一線を退いた伝説の銀行家ベンを担ぎ出してウォール街に挑もうとする。

大暴走を生んだ金融技術

 この映画には、女優のマーゴット・ロビーや『キッチン・コンフィデンシャル』でレストラン業界の裏側を暴いたシェフのアンソニー・ボーデインといった異業種の著名人が本人として登場し、難解な金融の用語を自己流に解説するようなコメディの要素が盛り込まれている。ウォール街とアウトローたちの対決も、「華麗なる大逆転」という副題がついているだけに、痛快なドラマを予感させる。しかし、その本質はシリアスで、非常に複雑でもある。

 この映画の冒頭では、かつてトレーダーのルー(ルイス)・ラニエリが発明した住宅ローン担保証券が、やがて怪物化し、世界経済を崩壊に追いやると説明される。この映画を観ればわかるように、そこで重要な役割を果たすのがCDSだが、それがどのように生み出され、金融危機と結びつくことになったのかを踏まえておくと、このドラマはより興味深いものになる。

 金融ジャーナリスト、ジリアン・テットの『愚者の黄金――大暴走を生んだ金融技術』に詳しく書かれているように、CDOやCDSは、J・P・モルガンのチームによって、企業向け融資におけるデフォルトリスクを移転する技術として開発された。将来デフォルトするリスクについて賭けをする機会を提供できればというのが根本的な発想だった。たとえば、銀行が仲介者となり、債権の保有者は実質的にそれに伴うリスクを、そのリスクをとる投資家に売り渡すことができる。それを融資に伴うリスクに応用するということだ。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ビジネス

独失業者数、10月は前月比-3.5万人 予想以上の

ビジネス

2021-25年に持続的で健全な経済発展を達成-中

ビジネス

パナソニック、テスラ向け新電池の開発着手 事業黒字

ビジネス

風力発電のベスタス、三菱重から合弁株式を取得 自社

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 2

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 3

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 4

    新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

  • 5

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

  • 6

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 7

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 8

    米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が…

  • 9

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 10

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 7

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 8

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!