最新記事

シリーズ日本再発見

子連れでも楽しい、東京で一番の夜景展望台へ!

2016年11月11日(金)16時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
子連れでも楽しい、東京で一番の夜景展望台へ!

撮影:石島邦彦

<2020年のオリンピック・パラリンピック開催を控え、国内外からますます多くの観光客を集める東京。なんでもある一大観光都市なのは確かだが、実は家族連れにとっては、夜をどう過ごすかが悩ましいという声もある。であれば、夜景はどうだろう? 東京に数ある展望台の中で、夜景をいちばん楽しめるのは......> (上写真:パリだとエッフェル塔をこんな角度から見下ろせる場所はないが、六本木ヒルズ展望台の東京シティビューからは、こんなに間近に東京タワーを拝むことができる)

【シリーズ】家族で楽しむTOKYOナイトスポット

 ミシュラン・レストランが世界一多い東京だが、食事と買い物を除けば、実は観光客が夜に楽しめる場所はそう多くないともいわれる。特に家族連れにとっては。

 夕食を終えたら、おとなしくホテルに戻るしかない......のだろうか。

 そんな時、夜景はどうだろう? 都市圏としては人口3700万人超と世界一(横浜を含む)。摩天楼の広がる東京の夜景は格別だ。その夜景を楽しめる展望台も、無料で開放されている新宿の東京都庁舎(高さ243メートル)から、人工建造物として世界2位の高さを誇る東京スカイツリー(高さ634メートル)、美しさに定評のある東京のシンボル、東京タワー(高さ333メートル)まで、選択肢は数多い。

 どこへ行くべきか迷うかもしれないが、パリのエッフェル塔のように美しい東京タワーの展望台――ではなく、その東京タワーを"間近に見下ろせる"展望台はどうだろう。直線距離にして1.2キロしか離れていない、六本木ヒルズ(高さ238メートル)の展望台「東京シティビュー」だ。

 展望台は52階(高さ218メートル)の屋内展望フロアと、屋上にある「スカイデッキ」の2層構造。大人も子供も、ここから眺める東京タワーの美しさには感動するにちがいない。

【参考記事】切手33万種、郵便ポスト16基の「郵便の殿堂」

japan161110-5.jpg

屋上のスカイデッキから新宿方面を望む。海抜でいえば270メートルで、オープンエアの展望施設としては関東随一の高さ(撮影:石島邦彦)

 東京タワーだけではない。六本木はある意味で東京の中心にあり、新宿の高層ビル群やベイエリア、東京スカイツリーなど、360度、東京のすべてを一望できるロケーションも魅力だ。天気の良い日、日没より前に展望台に上がれれば(時間が許すならばお勧めしたい)、遠くに富士山も見えるし、皇居や新宿御苑、明治神宮など、この大都市に点在する"森"にも息をのむはずだ。

 実際、東京シティビューは、旅行口コミサイトのトリップアドバイザーが2015年3月に発表した「行ってよかった!日本の展望スポット2015」で2位に選ばれている(1位は京都の清水寺。なお、2016年版では4位)。同サイトには「東京で一番の景色」「息をのむ眺望!」「東京観光で行くべき場所」など、日本語でも外国語でも絶賛のコメントが多く並ぶ。

高い天井・暗い照明・黒い絨毯――夜景のための設計

japan161110-3.jpg

屋内展望フロアでフランス人の家族連れを撮影させてもらった。なお、館内の表示は日英2カ国語。パンフレットは日本語、英語、韓国語、中国語簡体字、中国語繁体字の5種類ある(撮影:石島邦彦)

 取材で訪れたのは金曜日の夜だったが、パリから初めて東京を訪れたという3人家族(上写真)に話を聞いてみると、「ここから東京を一望できるし、夜景が本当に素晴らしい」と満足した様子。インターネットで調べて、夜景を見るならここが良さそうだと思ってやって来たという。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 5

    エジプトのモルシ前大統領、法廷で倒れ非業の死

  • 6

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    日本の神様の名前は、なぜ漢字なのか、どんな意味が…

  • 9

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 10

    米イラン戦争が現実になる日

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 7

    日本の重要性を見失った韓国

  • 8

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 9

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!