最新記事

シリーズ日本再発見

子連れでも楽しい、東京で一番の夜景展望台へ!

2016年11月11日(金)16時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
子連れでも楽しい、東京で一番の夜景展望台へ!

撮影:石島邦彦

<2020年のオリンピック・パラリンピック開催を控え、国内外からますます多くの観光客を集める東京。なんでもある一大観光都市なのは確かだが、実は家族連れにとっては、夜をどう過ごすかが悩ましいという声もある。であれば、夜景はどうだろう? 東京に数ある展望台の中で、夜景をいちばん楽しめるのは......> (上写真:パリだとエッフェル塔をこんな角度から見下ろせる場所はないが、六本木ヒルズ展望台の東京シティビューからは、こんなに間近に東京タワーを拝むことができる)

【シリーズ】家族で楽しむTOKYOナイトスポット

 ミシュラン・レストランが世界一多い東京だが、食事と買い物を除けば、実は観光客が夜に楽しめる場所はそう多くないともいわれる。特に家族連れにとっては。

 夕食を終えたら、おとなしくホテルに戻るしかない......のだろうか。

 そんな時、夜景はどうだろう? 都市圏としては人口3700万人超と世界一(横浜を含む)。摩天楼の広がる東京の夜景は格別だ。その夜景を楽しめる展望台も、無料で開放されている新宿の東京都庁舎(高さ243メートル)から、人工建造物として世界2位の高さを誇る東京スカイツリー(高さ634メートル)、美しさに定評のある東京のシンボル、東京タワー(高さ333メートル)まで、選択肢は数多い。

 どこへ行くべきか迷うかもしれないが、パリのエッフェル塔のように美しい東京タワーの展望台――ではなく、その東京タワーを"間近に見下ろせる"展望台はどうだろう。直線距離にして1.2キロしか離れていない、六本木ヒルズ(高さ238メートル)の展望台「東京シティビュー」だ。

 展望台は52階(高さ218メートル)の屋内展望フロアと、屋上にある「スカイデッキ」の2層構造。大人も子供も、ここから眺める東京タワーの美しさには感動するにちがいない。

【参考記事】切手33万種、郵便ポスト16基の「郵便の殿堂」

japan161110-5.jpg

屋上のスカイデッキから新宿方面を望む。海抜でいえば270メートルで、オープンエアの展望施設としては関東随一の高さ(撮影:石島邦彦)

 東京タワーだけではない。六本木はある意味で東京の中心にあり、新宿の高層ビル群やベイエリア、東京スカイツリーなど、360度、東京のすべてを一望できるロケーションも魅力だ。天気の良い日、日没より前に展望台に上がれれば(時間が許すならばお勧めしたい)、遠くに富士山も見えるし、皇居や新宿御苑、明治神宮など、この大都市に点在する"森"にも息をのむはずだ。

 実際、東京シティビューは、旅行口コミサイトのトリップアドバイザーが2015年3月に発表した「行ってよかった!日本の展望スポット2015」で2位に選ばれている(1位は京都の清水寺。なお、2016年版では4位)。同サイトには「東京で一番の景色」「息をのむ眺望!」「東京観光で行くべき場所」など、日本語でも外国語でも絶賛のコメントが多く並ぶ。

高い天井・暗い照明・黒い絨毯――夜景のための設計

japan161110-3.jpg

屋内展望フロアでフランス人の家族連れを撮影させてもらった。なお、館内の表示は日英2カ国語。パンフレットは日本語、英語、韓国語、中国語簡体字、中国語繁体字の5種類ある(撮影:石島邦彦)

 取材で訪れたのは金曜日の夜だったが、パリから初めて東京を訪れたという3人家族(上写真)に話を聞いてみると、「ここから東京を一望できるし、夜景が本当に素晴らしい」と満足した様子。インターネットで調べて、夜景を見るならここが良さそうだと思ってやって来たという。

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 3

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 4

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 5

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 6

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 7

    ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 10

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 1

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 2

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 3

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 6

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 7

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    千人計画で「流出」する日本人研究者、彼らはなぜ中…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!