最新記事
シリーズ日本再発見

マイケル・サンデル教授に欠けていた、「ヤンキーの虎」の精神

2023年04月24日(月)08時07分
谷口功一(東京都立大学教授)
マイケル・サンデル

2018年、コンシューマー・エレクトロニクス・ショーで講演するマイケル・サンデル教授(ネバダ州ラスベガス)Rick Wilking-REUTERS

<文化資本など「生まれ」で学歴が決まる問題が話題になっている。しかし、本当に「学歴」は「成功」へとつながる唯一の道なのか? 高学歴層に抜け落ちている視点について>

「公共性」について研究する谷口功一・東京都立大学教授は、地域社会を支える人々のネットワークが「夜の公共圏」、つまり酒場で築かれていることに着目する「スナック研究」の第一人者。

奇しくもコロナ禍で「夜の街」は法的根拠が怪しいままに批判対象となり、攻撃を受けた。

そのコロナ禍で地域を支える人々の記録と記憶を綴り、コミュニティ再生への道を照らすノンフィクション『日本の水商売 法哲学者、夜の街を歩く』(PHP研究所)より、3章「いわき、非英雄的起業家の奮闘」を一部抜粋する。

◇ ◇ ◇

サンデル教授が囚われている強迫観念

最近流行ったマイケル・サンデル教授の『実力も運のうち――能力主義は正義か?』(早川書房、2021年)という本があった。

この本のなかでは、アメリカで有名大学への入学にまつわる不公平さが論じられており、両親の財産や文化資本など、ほぼ「生まれ」によって入学試験で測られるべき能力が規定されてしまっていることの問題性、そして、そのようにして獲得された能力(と学歴)をもつ人びとの、そうでない人びとに対してもつ「傲慢さ」が手厳しく批判されていた。

しかし、この本を2021年度の私のゼミで読み、また講義の夏期レポートにも課して学生たちの感想を聞く限りでは(94人提出)、本書は間違ったメッセージを発しているのではないかと思ってしまったのである。

多くの学生は私の勤務校である東京都立大に入学できたことを感謝しつつも、それがたまさかの境遇(運)によるものとして、ともすれば「罪悪感」さえ抱いていたのである。

しかし、後述するとおり、別に「学歴」は「成功」へとつながる唯一の道でもないのではないだろうか。

サンデルはこの本の末尾で、能力主義の陥穽に囚われない市民的な共通善(公共心のようなもの)の涵養が必要であることを力説する。たとえば以下の、ほぼ結論に当たる一節である。

「共通善に到達する唯一の手段が、われわれの政治共同体にふさわしい目的と目標をめぐる仲間の市民との熟議だとすれば、民主主義は共同生活の性格と無縁であるはずがない。完璧な平等が必要というわけではない。それでも、多様な職業や地位の市民が共通の空間や公共の場で出会うことは必要だ。なぜなら、それが互いについて折り合いをつけ、差異を受容することを学ぶ方法だからだ」[322頁、強調は谷口による]

私がこのくだりを読んで思ったのは、「スナックの話をしているのかな?」だった。スナックのような「夜の街での社交」がないアメリカ人には「誠にお気の毒様......」としか言いようがないのであるが。

それはさておき、サンデルの本の中心的なテーマに戻ると、そこでは「学歴」と「成功」があまりにも強く結びつけられており、それがあたかも必然的な因果関係を形づくっているかのような、一種の強迫観念になってしまっているのではないか、という疑問を私は抱いたのだった。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

スペイン首相が辞任の可能性示唆、妻の汚職疑惑巡り裁

ビジネス

米国株式市場=まちまち、好業績に期待 利回り上昇は

ビジネス

フォード、第2四半期利益が予想上回る ハイブリッド

ビジネス

NY外為市場=ドル一時155円台前半、介入の兆候を
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 7

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 8

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中