最新記事

シリーズ日本再発見

米記者が書いた、愛ある『マリオゴルフ』評

Mario’s Back on the Green

2021年08月31日(火)17時20分
ジム・ニューウェル(スレート誌記者)
ニンテンドースイッチ用『マリオゴルフ スーパーラッシュ』

マリオだけでなく、ワルイージ、ロゼッタ、ヨッシーらキャラクターのゴルフウエアにも要注目 CAMELOT SOFTWARE PLANNING/NINTENDOーSLATE

<ニンテンドースイッチ用ソフト『マリオゴルフ スーパーラッシュ』。スピードの要素が売りだが、やや急がせ過ぎの印象も>

新型コロナウイルスが世界に広がるなかで、マリオとその仲間たちは暇を持て余していたことだろう。さすがにこの感染症危機の最中に、いつものように誘拐と救出の冒険に精を出すのははばかられる。

そこで、キノコ王国の面々は久しぶりに昔の趣味を再開したようだ。その懐かしい趣味とは、ゴルフである。

6月25日に発売されたニンテンドースイッチ用のソフト『マリオゴルフ スーパーラッシュ』は、任天堂のゴルフゲームシリーズ『マリオゴルフ』の最新作。据え置き機向けとしては2003年以来、18年ぶりの新作だ。

この新作ゲームソフトについて論評する前に、登場するキャラクターとその「ゴルフウエア」を見ておこう。

まずマリオ。この超有名キャラクターは説明不要だろう。1つの会社を背負って立つことのプレッシャーは、相当なものがあるに違いない。ちょっとでもおかしな点があれば、世界中のメディアから何を言われるか分からない。

そのため、ファッションもどうしても無難なものにならざるを得ない。今作でもおなじみの赤のシャツに赤のキャップという姿で登場する。

【関連記事】ゲーム史の追憶番組『ハイスコア:ゲーム黄金時代』が残念な理由

スコアよりスピード?

マリオと敵対する悪役キャラクターのワリオは、ゴルフコース上では思い切りのいいプレーが身上だ。つばの大きな帽子をかぶっているのは、FBIの上空からの捜索で見つからないようにするためだろう。

ヨッシーのゴルフウエアは......いつもと同じように裸だ。マリオは、そんな姿を見て恥ずかしく感じているらしい。この件についてマリオにしゃべらせるには、クラブハウスでハイボールをおごって酔わせたほうがいいかも。

210720P58yoshi_MGF_04.jpg

CAMELOT SOFTWARE PLANNING/NINTENDO-SLATE

ワリオの相棒ワルイージの動きにくい服装は、豪快なスイングに適しているとは言い難い。忙しくて、着替えている暇がなかった?

210720P58waluigi_MGF_02.jpg

CAMELOT SOFTWARE PLANNING/NINTENDO-SLATE

そしてロゼッタ(日本国外ではロザリーナ)。このキャラクターは、ゴルフクラブを振ることすらしない。魔法の杖を振るうと、クラブが勝手に動いてボールを打つ。

ゴルフには魔法の杖の使用を禁止するルールはないかもしれないが、明らかにこのスポーツの精神に反している。でも、ロゼッタが私の苦言に耳を貸すとはとうてい思えない。

210720P58rosalina_MGF_03.jpg

CAMELOT SOFTWARE PLANNING/NINTENDO-SLATE

「スーパーラッシュ」という言葉が示唆するように、この新しい『マリオゴルフ』の大きな特徴はスピードだ。プレーヤーは、走りながらゴルフをプレーしているような感覚にとらわれる。

いくつかのプレーモードが用意されているが、その中でも「スピードゴルフ」というモードでは、スコアよりスピードが重んじられる。カップインするまでの所要時間をほかのプレーヤーと競い合うのだ。素早くプレーしないと、ペナルティーを科される仕組みになっている。

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 9

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガン夫人には「隠し撮り」疑惑が

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    米オクラホマの刑務所、童謡を繰り返し聞かせる「拷問…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり漏洩 記念撮影で

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 7

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中