コラム

インフルエンザは同性の友達にご用心

2011年02月08日(火)11時55分

 先日、5歳の息子がインフルエンザを発症した。家族旅行の最中というまずいタイミングだったので、「どうか下の娘にはうつりませんように」と必死で念じていると、「朗報」が目に入った。

 アメリカの小学校でインフルエンザウイルスの感染経路を詳細に追跡調査した結果、男の子は男の子から、女の子は女の子から感染する確率が、異性間の感染の3倍も高いことがわかったというのだ。これが事実なら、我が家の場合も兄から妹には感染しないかも?!

 期待を胸に、米国科学アカデミー紀要オンライン版に発表された論文を見てみると、ウイルス自体に男女どちらかにだけ感染する特性があるという話ではないようだ。新型インフルエンザが世界的に大流行した09年春、米疾病対策センター(CDC)などの研究チームがペンシルベニア州の小学校の児童370人の感染拡大状況をリアルタイムで観察。発症の正確な日時と教室での席順、学校内外で参加した活動、スクールバスの乗車状況などを照らし合わせたところ、子供たちの「ソーシャルネットワーク」が果たす役割の大きさが浮かびあがったという。
 
 同じクラス内での感染が、同学年の他のクラスからの感染の5倍に達するというのは予想通りだが、意外なことに、教室で近くの席に座っているからといって罹患率が高まるわけではないという。席順よりもずっと大きな要因は、子供たちの人間関係。それも、地域コミュニティーでの接触が、学校内に匹敵する重要な感染経路となっていた。校内でも校外でも、男女とも同性の友人と過ごす時間が異性と遊ぶ時間の4倍多かったため、結果的に、男の子は男の子から、女の子は女の子から感染するケースが圧倒的に多くなるようだ。

 ちなみに、我が家では娘は感染を免れたようで、次は親の番か・・・と戦々恐々としているところ。だが、望みはある。同じ研究チームの調査によれば、家庭内での感染率は予想外に低く、インフルエンザに感染した親のうち、我が子から感染したケースは2割程度だという。大人のインフルエンザは主に大人から・・・。皆さんもどうぞご注意を。

──編集部・井口景子
このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は大幅続落、早期の米利上げ思惑でリス

ワールド

日米韓、北朝鮮巡りきょう協議 米特使が訪韓

ワールド

米・アフガン両大統領が25日に会談、タリバンは「無

ビジネス

英航空・旅行業界、渡航制限緩和へ政府に一段の圧力

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 8

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 9

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 8

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中