コラム

中国第3の火薬庫、内モンゴル

2010年12月24日(金)00時25分

 砂漠の植林ボランティアの同行取材で内モンゴル自治区に行ったのは、今から18年前の1992年春だった。天安門事件から2年、今はまばゆいばかりのイルミネーションで輝く北京のメーンストリート長安街が、夜になるとほとんど真っ暗になる時代だ。北京から500キロ離れた内モンゴルは、自治区内を代表する重工業都市だった包頭市もまだ建設ラッシュが始まったところで、トヨタ・ランドクルーザーに乗り、砂のうねりを乗り越えてたどり着いた植林地点はまさに「月の砂漠」だった。砂の山脈の間に沈む真っ赤な太陽の鮮やかさを、今もはっきりと覚えている。

 92年当時の内モンゴルのGDPは421億人民元で、当時全国に30あった省・自治区・直轄市の22位でしかなかった。それが2008年になると、GDPは92年の約20倍の7761億人民元に激増。もちろん中国全体の経済規模も大きくなっているのだが、内モンゴルのそれは中国全体の成長スピードを大きく上回っており、00年から09年の成長率は9年連続全国1位で平均18・7%に達した。

 草原と馬と羊しかないはずの内モンゴルはいつ、どうやってその姿を大きく変えたのか。カシミアと羊肉、乳製品頼みだった経済を大きく成長させたのは石炭だ。省長として湖南省の経済発展で名を馳せた儲波(チュー・ポー)が01年に自治区共産党委員会書記に就任。儲は02年に全国的な電力不足が起きると、それを利用して手付かずだった自治区内の石炭資源の大規模開発に乗り出した。

 かつて「カシミアの都」と呼ばれた西部のオルドス地方は、今や「石炭の都」へと姿を変えた。今年9月には「オルドス国際サーキット」が完成し、こけら落としとして中国ツーリングカー選手権の第5戦が開催された。砂漠とラクダと羊とパオの記憶しかない身にとって、内モンゴルにサーキット場とはまさに隔世の感がある。

 だが輝かしい発展の陰には必ず暗闇があるもので、内モンゴルもその例外ではない。00年から08年にかけて、都市住民の1人当たりGDPは11・3%伸びたが、農牧民は8・7%だけだった。都市住民を漢族、農牧民をモンゴル族と言い換えれば、自治区が抱える問題の深刻さが分かるだろう。つまりは支配する漢族vs支配されるモンゴル族という民族問題である。

 内モンゴルはチベット、ウイグル問題とは違い、その外部にモンゴル人民共和国(外モンゴル)という有力な同胞を抱えている。ただ混み入ったことに、外モンゴルの人口は270万人。内モンゴルはモンゴル族だけで470万人、漢族は2000万人もいる。仮に内モンゴルが独立、外モンゴルと合併しても、外モンゴルにとっては内モンゴルへの吸収以外の何ものでもない。だから外モンゴルは内モンゴルとの合併は望んでいない。

 清朝崩壊後、ソ連、蒋介石、共産党、日本軍がそれぞれの思惑から介入し、モンゴル族同士の争いも加わって結果的にモンゴルは分断された。実は内モンゴルにもチベット、ウイグルと同様に共産党支配に対する少数民族闘争がある。他の少数民族自治区と同じように、内モンゴルでも支配的地位に就いているのは漢族だ。60〜70年代の文化大革命期には多くのモンゴル族がいわれなく処刑された。それでも彼らの当面の闘争目標が民族の人権や文化の回復にとどまっているのは、単に共産党の報復を恐れているからだけではない。単純に「独立」を掲げられない複雑な事情が内モンゴルにはある。

hada,xinna,uiles.jpg
(c)Southern Mongolian Human Rights Information Center

 95年に国家分裂罪とスパイ罪で逮捕後、15年間投獄されていた元「南モンゴル民主連盟」主席のハダ氏(55)が12月10日に刑期を終えた後、行方不明になっている。おそらくはハダ氏が第2のダライ・ラマになることを恐れた中国当局が軟禁を続けているのだろう。裏返せばモンゴル族の間に鬱積した不満はそれほど深刻だ、ということである。

ーー編集部・長岡義博(@nagaoka1969)

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。編集コンセプトは、世界と日本をさまざまな視点から見つめる「複眼思考」。編集部ブログでは国際情勢や世界経済、海外エンターテインメントの話題を中心に、ネットの速報記事や新聞・テレビではつかみづらいニュースの意味、解説、分析、オピニオンなどを毎日お届けしていきます。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 4

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 8

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 9

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 10

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!