コラム

「韓国による半島統一」を望む中国

2010年12月01日(水)10時13分

 ウィキリークスによる米外交電文の大量流出が騒ぎになっているが、今のところその内容はアメリカ人外交官というフィルターを通した交渉相手国の発言や同盟国からの伝聞情報にとどまっている。そこに「ファクト」がないのはある意味当然で、一番のニュースは「アハマディネジャドが革命防衛隊司令官にビンタされていた」だと思えるほどだ。

 とはいえ、細かく読み込んで行くと興味深い情報にも突き当たる。今年2月22日、キャサリン・スティーブンス駐韓米大使が本国に宛てて発した電文もその1つ。6カ国協議の韓国代表の千英宇(チョン・ヨンウ)外交通商部第2次官(当時)から得た情報をまとめたその内容は、中国の対北朝鮮政策や中国代表である武大偉(ウー・ターウェイ)の評価にまで踏み込んでいる。

 まず千は、中国と北朝鮮の関係について次のように評する。


 すでに経済的に崩壊している北朝鮮は金正日の死後「2年から3年の間に」政治的にも崩壊する状態にあるが、中国はその経済的影響力を使って北朝鮮政府の政策を変える意思が「まったくなく」、北朝鮮側もそれを「知っている」。中国は北朝鮮の非核化を望んでいるが、現状に決して不満なわけではなく、中国が北朝鮮を「崩壊の淵」に追い込まない限り、北朝鮮は実質的な非核化に踏み出さないだろう。 

 そしてスティーブンスに向かって千は赤裸々な武大偉評を語った(注:文脈から判断して文中の伏せ字XXXXXは同一人物をさすとは限らない)。


 武大偉が6カ国協議の中国代表に留任したのは「最悪」だ。XXXXXは北朝鮮が「激しく外交部副部長を辞めたばかりの武の留任を求めてロビー活動した」らしいと言っている。[名前削除]は武が中国のXXXXXで、尊大な元紅衛兵のマルクス主義者であり、「北朝鮮や非核化について何も知らず、英語をしゃべらないので極めてコミュニケーションしづらい」人物だと不満を漏らしている。武は強硬派のナショナリストであり、誰に対しても大声で中国は世界の大国であり、「もう途上国ではなく」、経済発展がそのことを証明している、とまくしたてる。まったく「新世代の」朝鮮半島専門家だ......。 

 中国の北朝鮮政策は世界がうすうす感づいていたことではある(元駐日大使の武が紅衛兵だったことは初耳だが)。ただ生の外交官の言葉として聞くとやはり興味深い。ちなみに電文の要約部分でスティーブンスは、おそらくは千の情報なのだろうが、暗に武のことを「北朝鮮が『最も無能な中国外交官』と評している人物」と記していた。だとすれば、北朝鮮は「無能な人物」をあえて議長に据えることで、6カ国協議の無力化をはかっていたことになる。

 そして千は中朝関係について、さらにもう一歩踏み込んだ情報をスティーブンスに示していた。


 武と対照的に洗練された中国の外交官がXXXXXだ。XXXXXは朝鮮半島が韓国の主導によって再統一されるべきだと考えている。XXXXXは北朝鮮がもはや中国にとって緩衝地帯の価値がまったくないという「新たな現実に向き合う」準備ができている。2006年の核実験以来、中国の指導層の間で摩擦を引き起こしている議論は――北朝鮮が崩壊したときに中国が取るべき行動のシナリオだ。 


 北朝鮮が崩壊したあと、中国が38度線の北に米軍が駐留することを「歓迎しない」ことは明らか。中国は韓国による朝鮮半島の再統一と、統一国家が中国に敵対しない「無害な同盟国」としてアメリカ側に就くことを容認するだろう。 

「韓国の北朝鮮吸収」を中国が容認――ただ、これは「洗練された外交官XXXXX」の見解であることに注意すべきだ。6カ国協議に関わった「洗練された中国外交官」といえば、まず連想されるのは駐日大使も務めた王毅だが、仮に王毅だったとしても、代表しているのはおそらく外交部リベラル派の見解。人民解放軍も含んだ中国政府全体のコンセンサスと考えるべきではない。かつて半島で血を流した軍の発言力は今も決して小さくない。

 この辺が今回流出したウィキリークス文書の限界なのだろう。あくまで表に出ている範囲だが。

ーー編集部・長岡義博

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

TOPIX定期入れ替え実施へ、銘柄1200程度に絞

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story