コラム

「韓国による半島統一」を望む中国

2010年12月01日(水)10時13分

 ウィキリークスによる米外交電文の大量流出が騒ぎになっているが、今のところその内容はアメリカ人外交官というフィルターを通した交渉相手国の発言や同盟国からの伝聞情報にとどまっている。そこに「ファクト」がないのはある意味当然で、一番のニュースは「アハマディネジャドが革命防衛隊司令官にビンタされていた」だと思えるほどだ。

 とはいえ、細かく読み込んで行くと興味深い情報にも突き当たる。今年2月22日、キャサリン・スティーブンス駐韓米大使が本国に宛てて発した電文もその1つ。6カ国協議の韓国代表の千英宇(チョン・ヨンウ)外交通商部第2次官(当時)から得た情報をまとめたその内容は、中国の対北朝鮮政策や中国代表である武大偉(ウー・ターウェイ)の評価にまで踏み込んでいる。

 まず千は、中国と北朝鮮の関係について次のように評する。


 すでに経済的に崩壊している北朝鮮は金正日の死後「2年から3年の間に」政治的にも崩壊する状態にあるが、中国はその経済的影響力を使って北朝鮮政府の政策を変える意思が「まったくなく」、北朝鮮側もそれを「知っている」。中国は北朝鮮の非核化を望んでいるが、現状に決して不満なわけではなく、中国が北朝鮮を「崩壊の淵」に追い込まない限り、北朝鮮は実質的な非核化に踏み出さないだろう。 

 そしてスティーブンスに向かって千は赤裸々な武大偉評を語った(注:文脈から判断して文中の伏せ字XXXXXは同一人物をさすとは限らない)。


 武大偉が6カ国協議の中国代表に留任したのは「最悪」だ。XXXXXは北朝鮮が「激しく外交部副部長を辞めたばかりの武の留任を求めてロビー活動した」らしいと言っている。[名前削除]は武が中国のXXXXXで、尊大な元紅衛兵のマルクス主義者であり、「北朝鮮や非核化について何も知らず、英語をしゃべらないので極めてコミュニケーションしづらい」人物だと不満を漏らしている。武は強硬派のナショナリストであり、誰に対しても大声で中国は世界の大国であり、「もう途上国ではなく」、経済発展がそのことを証明している、とまくしたてる。まったく「新世代の」朝鮮半島専門家だ......。 

 中国の北朝鮮政策は世界がうすうす感づいていたことではある(元駐日大使の武が紅衛兵だったことは初耳だが)。ただ生の外交官の言葉として聞くとやはり興味深い。ちなみに電文の要約部分でスティーブンスは、おそらくは千の情報なのだろうが、暗に武のことを「北朝鮮が『最も無能な中国外交官』と評している人物」と記していた。だとすれば、北朝鮮は「無能な人物」をあえて議長に据えることで、6カ国協議の無力化をはかっていたことになる。

 そして千は中朝関係について、さらにもう一歩踏み込んだ情報をスティーブンスに示していた。


 武と対照的に洗練された中国の外交官がXXXXXだ。XXXXXは朝鮮半島が韓国の主導によって再統一されるべきだと考えている。XXXXXは北朝鮮がもはや中国にとって緩衝地帯の価値がまったくないという「新たな現実に向き合う」準備ができている。2006年の核実験以来、中国の指導層の間で摩擦を引き起こしている議論は――北朝鮮が崩壊したときに中国が取るべき行動のシナリオだ。 


 北朝鮮が崩壊したあと、中国が38度線の北に米軍が駐留することを「歓迎しない」ことは明らか。中国は韓国による朝鮮半島の再統一と、統一国家が中国に敵対しない「無害な同盟国」としてアメリカ側に就くことを容認するだろう。 

「韓国の北朝鮮吸収」を中国が容認――ただ、これは「洗練された外交官XXXXX」の見解であることに注意すべきだ。6カ国協議に関わった「洗練された中国外交官」といえば、まず連想されるのは駐日大使も務めた王毅だが、仮に王毅だったとしても、代表しているのはおそらく外交部リベラル派の見解。人民解放軍も含んだ中国政府全体のコンセンサスと考えるべきではない。かつて半島で血を流した軍の発言力は今も決して小さくない。

 この辺が今回流出したウィキリークス文書の限界なのだろう。あくまで表に出ている範囲だが。

ーー編集部・長岡義博

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。編集コンセプトは、世界と日本をさまざまな視点から見つめる「複眼思考」。編集部ブログでは国際情勢や世界経済、海外エンターテインメントの話題を中心に、ネットの速報記事や新聞・テレビではつかみづらいニュースの意味、解説、分析、オピニオンなどを毎日お届けしていきます。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    日本、オランダ、ついにアメリカも 培養肉の時代がやって来る

  • 2

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 3

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 4

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 5

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 6

    お金持ちになりたいなら、もっとお金を使おう

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    中国の量子通信衛星チームが米科学賞受賞

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!