最新記事

エンターテインメント

アジア人初の快挙! 『イカゲーム』、エミー賞で監督賞と主演男優賞を受賞

2022年9月13日(火)19時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
エミー賞のトロフィーを手にするイ・ジョンジェ

アジア人俳優として史上初のエミー賞主演男優賞を受賞したイ・ジョンジェ Aude Guerrucci / REUTERS

<サバイバルゲームの果てにイ・ジョンジェがアジア人初の快挙を手に>

ネットフリックスのオリジナル作品『イカゲーム』が、放送業界のアカデミー賞と呼ばれるエミー賞で世界の頂点に立った。ファン・ドンヒョク監督がドラマシリーズ部門監督賞を、俳優イ・ジョンジェが主演男優賞を受賞したのだ。TVリポートなど韓国メディアが伝えた。

現地時間の12日ロサンゼルスのマイクロソフト・シアターで開かれた第74回プライムタイム・エミー賞で『イカゲーム』は、作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞(イ・ジョンジェ)、助演男優賞(パク・ヘス、オ・ヨンス)、助演女優賞(チョン・ホヨン)と計6部門の候補にノミネートされていた。

これに先立って4日に開かれたエミー賞の技術スタッフ部門を対象としたクリエイティブアーツ・プライムタイム・エミー賞では『イカゲーム』がゲスト賞(イ・ユミ)、作曲賞、視覚効果賞、スタント・パフォーマンス賞、美術賞の4部門を受賞しており、本賞であるプライムタイム・エミー賞での受賞に期待がかかっていた。

エミー賞で韓国のドラマが主要部門候補にノミネートされたのは今回が初。イ・ジョンジェの主演男優賞受賞はアジアの俳優としても史上初の快挙となった。また、エミー賞で非英語圏のドラマが監督賞を受賞したのも史上初となる。

イ・ジョンジェは、トロフィーを受け取った後、英語で「ネットフリックスとファン・ドンヒョク監督に感謝します。とてもクリエイティブな脚本と驚異的なビジュアルを創ってくださり本当にありがとうございます。『イカゲーム』チームにも感謝します」とコメントした後、韓国語でこう付け加えた。「韓国で(授賞式を)見ておられる方々に感謝します。友達、家族、ファンらとこの喜びを分け合いたい。ありがとうございます」と付け加えた。

ファン・ドンヒョク監督は受賞挨拶で「エミー賞に感謝する。また、ネットフリックスに大きい感謝を伝えている。これは私ひとりではなく、私たちチームみんなが一緒に歴史を作った。これが私たちの最後のエミー賞でないことを望みます。我々はシーズン2で戻ってきます」と語り、続編への期待を高めた。

ちなみにイ・ジョンジェはレッドカーペットに美しい美女をエスコートして登場していた。この美女、何を隠そう韓国の財閥・大象グループの副会長。というよりサムスン電子イ・ジェヨン会長の元妻だ。2009年に協議離婚後、2015年からイ・ジョンジェと公開恋愛をしている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米国防長官、中東の安定強調 イスラエルなどと電話協

ビジネス

中独は共通基盤模索すべき、習主席がショルツ首相に表

ビジネス

中国GDP、第1四半期は前年比5.3%増で予想上回

ワールド

米下院、ウクライナ・イスラエル支援を別個に審議へ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 3

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 4

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 5

    キャサリン妃は最高のお手本...すでに「完璧なカーテ…

  • 6

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    イスラエル国民、初のイラン直接攻撃に動揺 戦火拡…

  • 9

    甲羅を背負ってるみたい...ロシア軍「カメ型」戦車が…

  • 10

    中国の「過剰生産」よりも「貯蓄志向」のほうが問題.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 7

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中