コラム

本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知られざるバニラ戦争

2019年06月17日(月)12時55分

つまり、バニラ・ブームによって、手間がかかる栽培をまじめにやるより、他人が汗水たらして栽培した作物を横取りしようとする者が続出しているのである。マダガスカル北部のサヴァ州のある農家の女性は、アルジャズィーラの取材に、「農家より泥棒の方が多い」と証言している。

その結果、バニラ農家が強盗に殺害されたり、逆にバニラ農家が取り押さえた容疑者を暴行して死亡させたりする事件が続発しているのだ。バニラ・ブームが生んだ暴力と殺人を指して英紙ガーディアンは「バニラ戦争」と表現している。

盗難を恐れる農家の間では、成熟していないバニラビーンズを収穫する動きも広がっており、バニラ戦争は品質の低下も招いている。

バニラ戦争の闇

バニラ戦争を増幅させているのが、マダガスカルの公的機関を蝕む腐敗だ。アフリカ各国では汚職や公的機関による違法行為が珍しくないが、マダガスカルもそれに漏れない。

BBCの取材に対して、マダガスカル北部の住民は警察がバニラ泥棒を取り締まる意志も力もないと不平を述べている。

しかし、単に違法行為を取り締まらないだけではなく、警察自身が違法行為に加担しているという証言もある。たとえ他人の畑から盗んできたバニラビーンズでも、持ち込まれた流通業者は盗難品かを識別できない。

そのため、流通業者もそれと知りながら違法なバニラ流通に加担している疑いは濃いが、なかには地方警察が盗難バニラを買い上げ、バニラ流通を取り仕切るケースも報告されている。取り締まりや規制が骨抜きになっているため、住民は自己防衛に向かわざるを得ず、周囲の人間も疑いがちになる。

そのうえ、バニラ・ブームは環境破壊にも結びついている

バニラ価格が高騰するなか、農家の間では畑を広げる動きが活発だが、なかには自然保護区の森を伐採している者もあるといわれる。とりわけ、高級家具や楽器(あるいは日本では仏具)の原料として人気のある紫檀(ローズウッド)が伐採され、違法に輸出されているとみられる。紫檀はワシントン条約で国際取引が規制されている。

ところが、こうした状況は事実上野放しにされている。「国会議員と癒着した現地ビジネスマンが紫檀を主に中国などに輸出している」と告発した現地の環境保護運動家クローヴィス・ラザフィマララ氏は「公共の秩序を脅かした」として当局に拘束され、10カ月間投獄された経験をもつ。

アムネスティ・インターナショナルなど人権団体などの働きかけもあり、ラザフィマララ氏は釈放されたものの、その後も身の危険を感じているとガーディアンに語っている。

こうしてみたとき、バニラ・ブームはマダガスカルで現金収入の増加という光だけでなく、社会の闇も大きくしているといえる。

バニラビーンズはもともと中南米が原産で、マダガスカルにはフランス植民地時代に持ち込まれ、主に輸出用として栽培されてきた。バニラ・ブームによってマダガスカルが振り回される状況は、植民地主義の影響が現代でもなお続いていることを浮き彫りにしているのである。

※当記事はYahoo!ニュース 個人からの転載です。

※筆者の記事はこちら

magSR190625issue-cover200.jpg
※6月25日号(6月18日発売)は「弾圧中国の限界」特集。ウイグルから香港、そして台湾へ――。強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴とは何か。香港デモと中国の限界に迫る。

プロフィール

六辻彰二

筆者は、国際政治学者。博士(国際関係)。1972年大阪府出身。アフリカを中心にグローバルな政治現象を幅広く研究。横浜市立大学、明治学院大学、拓殖大学、日本大学などで教鞭をとる。著書に『イスラム 敵の論理 味方の理由』(さくら舎)、『世界の独裁者 現代最凶の20人』(幻冬舎)、『21世紀の中東・アフリカ世界』(芦書房)、共著に『グローバリゼーションの危機管理論』(芦書房)、『地球型社会の危機』(芦書房)、『国家のゆくえ』(芦書房)など。新著『日本の「水」が危ない』も近日発売

ニュース速報

ビジネス

米小売売上高、11月は0.2%増 予想下回る

ワールド

米中が「第一段階」通商合意、トランプ氏「15日の関

ビジネス

訂正:〔情報BOX〕ニューフレアTOBに東芝とHO

ビジネス

日銀、金融政策は現状維持の公算 短観が拡大シナリオ

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の老人が言ったこと...

  • 2

    中国で焚書令、文化大革命の再来か

  • 3

    麻酔を忘れて手術された女性、激痛に叫ぶも医者が気づかない!?

  • 4

    習近平を国賓として招聘すべきではない――尖閣諸島問題

  • 5

    キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だった…

  • 6

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

  • 7

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 8

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 9

    乗客が餓死する高原列車で行く、金正恩印「ブラック…

  • 10

    ウイグル人と民族的に近いトルコはなぜ中国のウイグ…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 3

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 4

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 5

    中国で焚書令、文化大革命の再来か

  • 6

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 7

    次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

  • 8

    東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お…

  • 9

    トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

  • 10

    共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!