コラム

ロシアW杯を見なかったカタルーニャ人が抱くW杯出場の夢

2018年08月30日(木)18時30分

事前にイングランドサッカー協会(FA)から、試合中に選手やコーチ陣が政治的あるいは宗教的なスローガンや宣誓を掲げることを禁止する規約に違反するとして、処分対象になると警告を受けていたにもかかわらず、リボンを付けたため、2万ポンドの罰金となったが、彼はこう語った。

「私は監督である前に人間だ。あなたたち(英国)はブレクジット(EU離脱)をした。スコットランドで英国からの独立を問う住民投票を行うことも許した。カタルーニャでは、それと同じことを求めた者たちが投獄されている。彼らは武器を持たない。唯一持っているのは投票用紙だ。私の振る舞いについてどのような決定が下されようとも受け入れる」

そんなカタルーニャ主義者のグアルディオラ監督、もしくはベルギーを今回のW杯3位に導いたマルティネス監督が、世界に散らばるスペイン選抜レベルのカタルーニャ人選手たちを招集し、カタルーニャ選抜がW杯の大舞台に出場する日はいつか訪れるだろうか。

決して不可能というわけではないかもしれない。というのは、W杯はオリンピックとは違い、独立国家として認められていなくとも地域代表として参加を許されている地域があるからだ。例えば英国からはイングランド以外にもウェールズ、スコットランド、北アイルランドが認められている。

それから、フットサル。2004年にUEFS(ヨーロッパ・フットサル協会)に代表と認められ、世界フットサル協会(AMF)にも2006年に代表と認められ、2007年にはUEFSヨーロッパ・チャンピオンシップで準優勝を果たしている。

カタルーニャ代表チームがFIFA(国際サッカー連盟)に認められれば、カタルーニャでもW杯が盛り上がることは間違いないであろう。人々はバルサの試合以上に熱を上げ、街も浮き足立ち、お祭り騒ぎになるだろう。そのときには、是非とも盛り上がる地元バルでW杯を観戦したいものだ。

4年ごとに開催されるサッカーW杯。10年かかったとしても、今から3つ先の大会には出場できる。決して遠い未来ではないのかもしれない。

プロフィール

森本 徹

米ミズーリ大学ジャーナリズムスクール在学中にケニアの日刊紙で写真家としてのキャリアを開始する。卒業後に西アフリカ、2004年にはバルセロナへ拠点を移し、国と民族のアイデンティティーをテーマに、フリーランスとして欧米や日本の媒体で活躍中。2011年に写真集『JAPAN/日本』を出版 。アカシギャラリー(フォトギャラリー&レストラン)を経営、Akashi Photos共同創設者。
ウェブサイト:http://www.torumorimoto.com/

ニュース速報

ビジネス

英BA、従業員3万2000人の一時帰休で労組と交渉

ワールド

新型コロナ、スペインの死者が1万人超える

ビジネス

3月の世界食料価格は低下、新型コロナや原油安で

ビジネス

英企業の27%、一時的に従業員削減 新型コロナで

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがいつかは死ぬ」

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    あの除草剤ラウンドアップに新たな懸念......水中の…

  • 7

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 8

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    安倍首相「全世帯に布マスク配布、邦人含む全入国者に…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!