Special Issue 別冊・ムック紹介

『ニューズウィーク日本版』別冊・ムックのご案内

2017年3月15日発売

0歳からの教育 知育編

2017年3月15日発売 / 787円(税別)

理想の子育て 赤ちゃんの可能性と自然な知力の伸ばし方

生まれながらにしてインターネット環境があり、スマホやタブレットに囲まれている。
そんなデジタル・ネイティブな赤ちゃんや幼児はデジタル・デバイスとどう付き合えばいいでしょうか。
英語もいよいよ2020年から小学3年生の必修化が始まります。
バイリンガル・キッズに育てるための0歳からの英語教育とは?
最新の科学的な知見に基づいた情報だけでなく、激変する赤ちゃんを
取り巻く環境も考慮に入れた『0歳からの教育』最新版。
新米パパとママ必読のムックです。
[第1章]DEVELOPMENT
発達 1人ひとりの成長の扉を開けて
ガイドライン ぐんぐん育って大きくなあれ
成長 小さな脳の驚きの成長パワー
●歌や楽器が知能を育てるって本当?
心理学 「ハッピーだから笑う」よりも深い意味
授乳 たっぷりの母乳で脳も育つ
科学 未熟な腸を「指導」、驚きの母乳効果
食事 偏食しない子はこうして作る
●楽しいおしゃべり上達のステップ
免疫 アレルギーを正しく怖がる
●「早期に食べて予防」が常識に?
病気 不安なだけで病院に行かないで
睡眠 すやすや眠らせる秘訣はどこに
[第2章]ENGLISH
言語習得 言葉を覚える魔法のプロセス
早期英語教育 楽しみながら学ぶバイリンガルへの道
文字 英語の読み書きを身に付けるには
●英語で読みたいおすすめ絵本
教材 幼児用英語教材は本当に役立つか
幼稚園 プリスクールの賢い選び方
家庭 バイリンガルの親は子供に何語で話す?
[第3章]DIGITAL LEARNING
指針 テレビとiPadの視聴時間という難題
視点 テレビを見せるのは親のさぼり?
IT 「教育」アプリは玉石混交の無法地帯
テクノロジー デジタル時代の賢いおもちゃ選び
ネット フェイスブックがママを悩ます
SNS 子供たちの匿名性を親が奪わないで
娯楽 「ゲームで頭がよくなる」という研究の衝撃
コンピューター 次の一手はプログラミング教育
[第4章]PARENTING
家庭教育 子供の発達のため親ができること
甘え 抱っこモンスターは親子の絆の証し
性格 思いやりある子に育てるために
性差 男の子と女の子の違いは生まれつき?
心理 褒めて伸ばす、はほどほどに
ノウハウ 正しく使えばご褒美も効果あり
●試される親力! こんな時どうする?
父親 「イクメンです」とは言うけれど
変化 「量より質」がパパの子育てのカギ
運動 日々の遊びは最高のエクササイズ
習い事 賢く元気に育てる早期教育の極意
分析 子供の成長と保育園の本当の関係
From the Editors

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 2

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 3

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局が捜索要請

  • 4

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 5

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 6

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 7

    半年後の価格は......ビットコインの価格算定モデル…

  • 8

    台風の現場で労働者を殺した「金正恩命令」の矛盾点

  • 9

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 10

    ヒトの体内の「粘液」の役割が明らかに

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 4

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

  • 5

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 6

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 7

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 8

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

  • 9

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!