コラム

米中貿易戦争・開戦前夜

2018年06月22日(金)22時55分
米中貿易戦争・開戦前夜

トランプ大統領が2000億ドル分の中国製品に追加関税を検討すると発表した6月19日、NY株は大きく動揺  Brendan McDermid-REUTERS

<米中間の貿易摩擦に対する懸念が一段と高まり、NY株も続落している。このまま報復課税合戦になれば、米中経済を傷つけるたけでなく、日本など第3国の経済も道連れになる。希望は、中国が報復合戦を降りることだが>

6月15日に、米トランプ政権は中国による知的財産権侵害に対抗するとして、通商法301条を発動し、中国からの輸入500億ドル分に対して25%の制裁関税を課すと発表した。課税は2段階に分けて行い、まず7月6日には818品目(輸入340億ドル分)に課税し、284品目(輸入160億ドル分)については関係者からのヒアリングを経て今後決めるという。

それに対して中国の商務省も直ちに反応し、アメリカが7月6日に課税を始めたら、すぐさまアメリカからの輸入340億ドル分に対して25%の報復課税を行い、160億ドル分の輸入に対してもアメリカが課税したら報復すると言っている。

するとトランプ大統領はさらに中国から輸入2000億ドル分に10%の追加関税を課するのだといって、米通商代表部(USTR)にどの品目に課税するか検討するよう指示した。そうなると中国もそれに見合った報復をする可能性があるが、中国のアメリカからの輸入は1300億ドルほどにすぎないので、輸入以外に、例えばアメリカ企業の中国での事業に対する報復をするのではないかと噂されている。

米中の間で全面的な貿易戦争が始まったら、日本など他の国の経済も大きな影響を受ける。というのは、アメリカが制裁関税をかける品目の大部分が機械だからである。

トランプ政権は、中国がアメリカ企業に技術移転を強要するなどしてアメリカの知的財産権を侵害し、それによって「中国製造2025」というハイテク産業育成戦略を推進している、だから制裁関税は「中国製造2025」に挙がっている分野を狙うのだという。

日本の対中輸出も減少

アメリカが第1弾として課税する818品目は、ほぼすべてが産業用機械、輸送機械、精密機械の分野に属する。機械は国際分業を通じて作られるから、中国がアメリカに輸出する機械のなかに日本、韓国、台湾、東南アジアから中国へ輸出される部品や材料も組み込まれているはずである。従って、アメリカの課税によって中国からアメリカへの輸出が減れば、日本などから中国に向かう輸出も減る。

もちろん中国製の機械に高い関税がかかることで輸出が不利になれば、日本製、韓国製の機械がアメリカ市場で中国製機械から市場を奪う可能性もある。米中の貿易戦争は第3国にとって悪い話ばかりでもなく、漁夫の利が得られる可能性がある。

しかし、貿易戦争が始まれば、米中双方でさまざまな物の値段が上がり、双方の実質所得がそれによって低下する。そうなると、日本など第3国から米中への輸出は全般的にマイナスの影響を受ける。こうしたマイナスの影響は「漁夫の利」をはるかに上回るだろう。つまり、貿易戦争は米中双方だけでなく、第3国のGDPをも押し下げることになる(みずほ総合研究所「内外経済見通し」2018年5月17日)。

プロフィール

丸川知雄

1964年生まれ。1987年東京大学経済学部経済学科卒業。2001年までアジア経済研究所で研究員。この間、1991~93年には中国社会学院工業経済研究所客員研究員として中国に駐在。2001年東京大学社会科学研究所助教授、2007年から教授。『現代中国経済』『チャイニーズ・ドリーム: 大衆資本主義が世界を変える』『現代中国の産業』など著書多数

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 6

    「幸せな結婚生活」の科学 研究者夫妻が導き出した…

  • 7

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 8

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 9

    ファーウェイたたきはトランプの大博打

  • 10

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    トランプの言うことは正しい

  • 5

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 8

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 9

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!