コラム

中国経済事情 丸川知雄
中国経済事情 丸川知雄

今年は危ない中国経済

<中国のGDP成長率は2015年以降ずっと6%台後半でウソのように固定されている。筆者の推計では2018年の「本当の」GDP成長率は2.4%

2019.01.29
中国経済事情 丸川知雄

ファーウェイ問題の核心

<ファーウェイが情報を盗んでいるという決定的な証拠は今のところない。世界有数の技術力を持ち、経済性にも優れたファーウェイ製品が使えないのであ

2019.01.22
中国経済事情 丸川知雄

中国当局がひた隠すスラム街の存在

<新興国の大都市には付き物のスラムが、北京には見当たらない。見つけたのは日本の山谷のような労働者街だったが、山谷とは大きな違いがある。行政に

2018.12.10
中国経済事情 丸川知雄

日米FTAの交渉が始まった事実は隠せない

<総理官邸やNHKまでがペンス米副大統領は日米の「FTA」交渉を始めるとは言っていない、同時通訳者は誤訳したのだと言い張っている。だが少し調

2018.11.16
中国経済事情 丸川知雄

資本主義によって貧困を克服する

<農民が資本家に土地を貸し、大規模化した農場で働くことで貧困を克服している現場を見てきた。日本の自営業や農業にも参考になりそうだ> 本稿のタ

2018.10.30
中国経済事情 丸川知雄

経済産業省のお節介がキャッシュレス化の足を引っ張る

<このままでは日本はおサイフケータイとともに「キャッシュレス文明」に乗り遅れると、日本政府も本気でQRコード決済の普及に取り組みはじめた。Q

2018.09.12
中国経済事情 丸川知雄

シェアリングエコノミーが中国で盛り上がり、日本で盛り上がらない理由

<ウーバーやairbnbに代表されるシェアリングエコノミーは、車や空き部屋など余った資産を使おうという先進国の発想から誕生した。それが中国で

2018.09.06
中国経済事情 丸川知雄

米中貿易戦争は無益なオウンゴール合戦

<アメリカが中国製品に制裁関税をかけると中国も報復するという「貿易戦争」に突入してしまった米中。それが自国の損失をもたらすオウンゴールだとい

2018.07.19
中国経済事情 丸川知雄

米中貿易戦争・開戦前夜

<米中間の貿易摩擦に対する懸念が一段と高まり、NY株も続落している。このまま報復課税合戦になれば、米中経済を傷つけるたけでなく、日本など第3

2018.06.22
中国経済事情 丸川知雄

「顔パス社会」は来るか?

<中国では顔認証システムが商店や改札でも使われようとしている。日本でも広がれば財布のなかの大量のカードはいらなくなるが、人々の抵抗感が強くて

2018.05.18

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 3

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 4

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 5

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 6

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 7

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 8

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 9

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 10

    アップルの税逃れ拠点、アイルランドの奇妙な二重生活

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 4

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 10

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!