コラム

アリババ「米中欧日に次ぐ経済圏を構築する」大戦略とは何か

2017年12月03日(日)07時56分

いうまでもなくアリババにとっては、アプリは顧客にまつわるビッグデータを収集するためのチャネルでもある。購買履歴にモバイル決済情報、そしてアマゾンが包括的にはまだ手にしていないリアルタイムの位置情報まで収集しているのである。

その結果、アリババは、ビッグデータから個々人の「社会的信用度」を算出するサービスまで生み出している。これは「芝麻信用」というサービスで、個人の信用が可視化されるため、ポイントが高い人は、融資の審査や、お見合いサービスなど、各種のサービスで優遇される。いわばビッグデータによる人間の「格付け」をアリババは実現してしまったのである。

「身分特質(身分や信用の状況)」「履約能力(取引履行の履歴)」「信用歴史(クレジットヒストリー)」「人脈関係(交友関係)」「行為偏好(消費性向)」の5項目をもとに、総合スコアを算出して行われる個人版格付けである。公共料金の支払いを遅延したり、予約した配車アプリをキャンセルしたりすると点数が減額される。その一方で、点数が上がると携帯通話料後払いの許容や航空券の優先購入が可能になるなど、メリットも大きい。

さらには、ルクセンブルクなど欧州で従来中国人がビザを取得するのが困難だった国々のビザ取得にも同格付けの点数が活用されている。最近では地方政府との信用情報の連結も推進されてきている。

ブロックチェーンを使った流通管理システムの構築に着手

ブロックチェーンの取り組みも、アリババは急いでいる。筆者の見るところ、アリババが先進国に本格的に進出できるかどうかのカギはここにある。

ブロックチェーンといえば、仮想通貨ビットコインに使われていることで知られるが、今、これを一般的な金融取引やその他さまざまな分野の取引に活用しようという動きが盛んだ。ブロックチェーンの主な特徴は、同一のデータを分散して保持、共有すること、そしてチェーンのように過去のデータの後に新たなデータを重ねて記録できることにある。

この特徴を活かせば、食品の流通経路を追跡し、食品偽装を食い止められるということで、アリババはプライスウォーターハウスクーパース(PwC)と豪州企業とともに、ブロックチェーン流通管理システムの構築に着手している。

アリババグループの金融部門アント・フィナンシャルのエリック・ジンCEOは「ブロックチェーンを活用してアリババは世界に進出し、10年間で20億人の利用者獲得を目指す」と発言している。その背後には、今のままの「中国ブランド」の信用力では先進国に受け入れられるのは難しいという危機意識が見え隠れしている。そこは筆者も同感だ。

しかし裏を返せば、アリババの目論見通りに安心・安全な流通管理システムが構築できれば、さらには信頼性が高いブロックチェーンによる新たな決済システムを広めていくことができれば、一気に世界進出が進む可能性が高いともいえるのではないだろうか。

なお、現在は主に中国人インバウンド向けのアリペイは、来春には日本人向けサービスを始めると発表している。日本人向けの新たなサービスは中国の銀行に口座を持たなくても利用でき、日本国内外のアリペイ加盟店でアリババの決済サービスが使えるようになるのだ。

アリペイは来年にも米国に本格進出し、数百万店舗で利用可能になるとも報道されている。中国人旅行者のお金を取り込もうと、米国でも大手ホテルチェーン、大手小売りチェーン、グルメサイトなどが積極的にアリペイを導入しようと躍起になっている。2018年は、日本でも、さらには米国でもアリババの名が轟く年になるかもしれない。

プロフィール

田中道昭

立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)教授
シカゴ大学ビジネススクールMBA。専門はストラテジー&マーケティング、企業財務、リーダーシップ論、組織論等の経営学領域全般。企業・社会・政治等の戦略分析を行う戦略分析コンサルタントでもある。三菱東京UFJ銀行投資銀行部門調査役(海外の資源エネルギー・ファイナンス等担当)、シティバンク資産証券部トランザクター(バイスプレジデント)、バンクオブアメリカ証券会社ストラクチャードファイナンス部長(プリンシパル)、ABNアムロ証券会社オリジネーション本部長(マネージングディレクター)等を歴任。『GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略』『アマゾン銀行が誕生する日 2025年の次世代金融シナリオ』『アマゾンが描く2022年の世界』『2022年の次世代自動車産業』『ミッションの経営学』など著書多数。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

全市場へのブロックチェーン導入には課題=英中銀副総

ワールド

ウクライナ、EUにロシア産原油の海上保険禁止を呼び

ビジネス

米経済「軟着陸可能」、物価への向かい風は存在=財務

ビジネス

11月0.75%・12月0.5%利上げ想定=アトラ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中