コラム

「歌舞伎町のイエス・キリスト」が本当にクリスチャンになった日

2018年10月10日(水)12時35分

実は「汝の敵を愛せよ」というキリストの教えは、私が歌舞伎町で長年実践してきたことでもある。ホストと対立したり、ヤクザの抗争に巻き込まれそうになることもあったが、どんな時も私は相手を敵だと思わないようにしてきた。本やコラムで書いてきたが、どんな相手ともきちんと話せば最後は分かりあえる、というのが私の信条。いわば「歌舞伎町のキリスト」として、キリスト教徒でもないのに聖なる教えを実践してきたのだ(笑)。

歌舞伎町の夜も街に立つ黒人たちの中にも、同じ淀橋教会に通っている人たちがいる。協会は日本語と英語のほか中国語でも礼拝を行っているが、中国人の信徒の数は少ない。いまの中国人が拝金主義者ばかりで奉仕の精神に欠けているのが大きな理由だが、中国大陸でキリスト教の信仰が弾圧されていることも無関係ではない。

アメリカ大統領が就任式で宣誓するときに手を置くのは、憲法ではなく聖書だ。わずか250年の歴史しかないアメリカが4000年の歴史を誇る中国より偉大な国になったのは、キリスト教の教えを基にした「普世価値(普遍的価値)」が優れていたからだ。翻って中国は、400年前の日本が長崎でやっていたようなキリスト教弾圧を今も浙江省などで続けている。悲しむべきことだ。

lee181010-2.jpg

洗礼の儀式 Photo:温強

「汝の敵を愛せよ」の精神で

10月7日の日曜日、私は洗礼を受け正式にキリスト教徒となった。天使の姿をして、牧師と一緒に洗礼の儀式を受ける様子をぜひ見てほしい。

少子化する日本では、キリスト教徒の数も同じく減っている。淀橋教会に来る若者の数も多くはない。しかし、全世界にキリスト教徒の数は20億人もいる。私はキリスト教徒となることで、この20億人と兄弟姉妹になることができた。

私に大きな勇気を与えてくれるイエス・キリストと兄弟姉妹の愛に感謝しつつ、これから歌舞伎町と新宿で正しい道を歩いていきたいと思う。私を批判する人たちにも、大いなる愛の気持ちをもって接したい。「汝の敵を愛せよ」である。

アーメン。

(Movie:みゆき)

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ビジネス

日産、英工場の賃金交渉延期 EU離脱で

ビジネス

焦点:安倍首相、増税対策で政策総動員 ポイント還元

ビジネス

アングル:米為替条項要求の波紋、円高緩やかでも日本

ビジネス

米老舗小売シアーズが破産法第11条申請、ネット通販

MAGAZINE

特集:「儲かるエコ」の新潮流 サーキュラー・エコノミー

2018-10・16号(10/10発売)

単なるリサイクルでなく目指すのはあくまで儲かるビジネス── 地球と経済を救う革新概念「サーキュラー・エコノミー」とは

人気ランキング

  • 1

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性奴隷」にされた地獄の日々

  • 2

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 3

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支払った代償

  • 4

    米中通貨戦争へカウントダウン開始

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ハーバードの「キャリア相談室」で涙を流すエリート…

  • 7

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 10

    ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインター…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインターステラーへ

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

  • 10

    米国でミレニアル世代を中心に「魔女」が急増中、そ…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 6

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!