コラム

蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

2016年09月15日(木)18時10分

lee160915-2.jpg

民進党代表選の投票用紙の葉書には「蓮舫」と書き、目隠しシールを貼って投函する直前だった(撮影のために目隠しシールを剥がす筆者)

釈明のために「一つの中国論」を持ち出した

 私も民進党員だ。もともとは蓮舫氏に投票するつもりだった。2010年当時、外務大臣として尖閣諸島沖中国漁船衝突事件の対応を誤り、日中関係を悪化させた前原誠司氏に投票する気にはなれなかったし、玉木雄一郎氏が代表選候補者討論会で涙を流す姿を見て「こんなナイーブな人では政権は取れない」と思った。消去法とはいえ彼女を選び、葉書に「蓮舫」と名前まで書いていた。だがウソと時間稼ぎの説明を見て失望し、投票を断念した。

 日本は開かれた多様な社会を目指すべきであり、そのためにも「元・外国人」の政界進出は歓迎すべきだ。私も政治家として日本に貢献したいという志は捨ててはいない。一部では批判が暴走し、蓮舫氏の子どもの名前が中国風だからなどといちゃもんをつける人までいるようだ。そうした差別的なバッシングには断固反対する。だがしかし、蓮舫氏に問題があったことは明らかだ。本来ならば代表選は国民に民進党とその政策を知ってもらう絶好のチャンスだったはずだ。それがこんな結果に終わったことは一党員として残念でならない。

 もう一つ、蓮舫氏の問題が日台関係にまで影響していることにも触れておこう。11日の代表選記者会見で、蓮舫氏は「一つの中国論で言ったときに、二重国籍と(いう言葉を)メディアの方が使われることにびっくりしている」と発言した。この発言が台湾では大きな波紋を引き起こしている。台湾メディアが「台湾は国家ではない」と大胆すぎる意訳をしたことが炎上のきっかけとなったが、正しい言葉を伝えられた後も騒動は収まっていない。

 一つの中国論は今、大変敏感な話題だ。5月に誕生した台湾の蔡英文政権は、一つの中国論を確認した「92年コンセンサス」に否定的立場を取っており、台湾市民の多くも支持している。中国は蔡英文政権を翻意させようと、観光客の数を減らすなどあの手この手で圧力をかけているのだが、その最中に日本の国会議員、しかも将来の首相を狙おうという人物が一つの中国論を持ち出した。それも、台湾籍を持っていたことが問題視され、中国とは関係のない人物が自らの釈明のためだけに持ち出したのだ。これでは台湾の人々が不快に思うのも無理はない。台湾にルーツを持つ蓮舫氏に対する期待は高かったが、後ろ足で砂をかけられたような思いだろう。

 自分の身を守る釈明のために、台湾の対日感情を傷つけてしまう......。自分を犠牲にして国益を守るのが本来の政治家だ。彼女のやり方はその真逆。この一点をもってしても政治家としての能力に疑問符を付けざるを得ない。

 法務省は本日(15日)、一般論としてだが、日本国籍を取得した後も台湾籍を残していた場合、二重国籍状態が生じ、国籍法違反に当たる可能性があるという見解を発表した。もう一度言う。蓮舫氏は即刻、民進党代表を辞任するべきだ。

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ビジネス

米住宅着工件数、10月3.8%増 許可件数12年5

ワールド

ロシア、協調減産拡大に反対 現行維持は賛同=関係筋

ビジネス

足元の金利は適切、物価目標の持続的達成は間近=NY

ワールド

トルコ大統領「ロシア製ミサイル破棄せず」、トランプ

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っている

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 4

    米中貿易協議は既に破綻しかけている

  • 5

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 6

    香港デモ、理工大キャンパスがまるで「内戦」

  • 7

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 8

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 9

    モンゴルでマーモットの生肉を食べた夫婦がペストに…

  • 10

    「陰」のナショナリズムが流行る時──250年の歴史の中で

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 3

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 8

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!