コラム

ウクライナ戦争の負傷者を、日本の技術と善意で救え! 「人力車イス」への現地の期待

2022年06月18日(土)18時32分
JINRIKI QUICK

6月17日、車イスの補助具「JINRIKI QUICK」10セットを手渡された国立がん研究所のシプコ所長(右、FFU提供)

<福祉用具会社経営・中村正善氏が開発した「JINRIKI QUICK」は、車イスに補助棒を付けて人力車のように引っ張ることで移動が楽になるアイデア福祉用品>

[キーウ発]6月17日、福祉用具会社経営、中村正善氏が開発した車イスの補助具「JINRIKI QUICK」10セットがキーウの国立がん研究所に届けられた。隣国ポーランドで中村氏が支援団体「フューチャー・フォー・ウクライナ(FFU)」に20セットを寄贈していた。残り10セットはリハビリ施設やパラリンピアンの金メダリストがすでに使用しているという。

「JINRIKI QUICK」は2本の補助棒を車イスの前方に取り付け、前輪を浮かせて人力車のように引っ張るアイデア福祉用品。中村氏が東日本大震災をきっかけに起業して開発した。車イスでの移動が困難な草地や砂浜、雪道でもこの補助具を取り付ければ簡単に移動できる。階段や段差、自然災害、戦災による瓦礫の中でも2人が補助すれば移動が可能になる。

220618kmr_uwc02.JPG

6月4日、ワルシャワでFFUに「JINRIKI QUICK」20セットを寄贈する中村氏(右から3人目、花岡凌氏撮影)

筆者と妻の史子=元日本テレビロンドン支局報道プロデューサー=は寄贈先探しを手伝ったご縁で5月28日~6月4日、中村氏らの「チームJINRIKI」ポーランドキャラバンに同行した。ウクライナでは東・南部でロシア軍との戦闘が続き、今も戒厳令が敷かれている。今回、中村氏らはスケジュールがつかず、ウクライナ入りを断念した。

この日の引き渡し式は日本の共同通信だけでなく、ウクライナのテレビ局も取材した。中村氏も日本からSNSのテレビ電話で参加した。国立がん研究所のアンドリー・シプコ所長は「ウクライナでは現在、多くの人が車イスを必要としている。この補助具があれば車イスを利用する患者の移動が簡単になる」と表情をほころばせた。

兵士の負傷者数は軍の機密事項

国立がん研究所は臨床・研究において国際的な評価を得ているがんセンターで、ウクライナの専門的かつ高度医療に不可欠な存在だ。年間25万人が診察に訪れ、3万人が治療を受けている。研究所は現在、ウクライナ軍の監視下に置かれており、FFU戦略開発責任者オレーナ・ニコライエンコさんの仲介で取材が可能になった。

220618kmr_uwc03.JPG

足に砲弾の破片を受け、車イスを利用する男性(筆者撮影)

シプコ所長の案内で研究所内を回ると、足を負傷した2人の屈強な男性に出会った。2人の手はゴツくて分厚かった。1人は車イスを利用していた。もう1人は間もなく退院する。シプコ所長は「砲弾の破片で負傷した」と説明した。2人が民間人なのか、ウクライナ軍や領土防衛隊の兵士なのかは教えてもらえなかった。兵士の負傷者数は軍の機密事項なのだ。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 8

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 9

    『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えな…

  • 10

    「住む国も分散」したいアメリカ人が急増中 富裕層…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story