注目のキーワード

コラム

ウクライナ戦争の負傷者を、日本の技術と善意で救え! 「人力車イス」への現地の期待

2022年06月18日(土)18時32分
JINRIKI QUICK

6月17日、車イスの補助具「JINRIKI QUICK」10セットを手渡された国立がん研究所のシプコ所長(右、FFU提供)

<福祉用具会社経営・中村正善氏が開発した「JINRIKI QUICK」は、車イスに補助棒を付けて人力車のように引っ張ることで移動が楽になるアイデア福祉用品>

[キーウ発]6月17日、福祉用具会社経営、中村正善氏が開発した車イスの補助具「JINRIKI QUICK」10セットがキーウの国立がん研究所に届けられた。隣国ポーランドで中村氏が支援団体「フューチャー・フォー・ウクライナ(FFU)」に20セットを寄贈していた。残り10セットはリハビリ施設やパラリンピアンの金メダリストがすでに使用しているという。

「JINRIKI QUICK」は2本の補助棒を車イスの前方に取り付け、前輪を浮かせて人力車のように引っ張るアイデア福祉用品。中村氏が東日本大震災をきっかけに起業して開発した。車イスでの移動が困難な草地や砂浜、雪道でもこの補助具を取り付ければ簡単に移動できる。階段や段差、自然災害、戦災による瓦礫の中でも2人が補助すれば移動が可能になる。

220618kmr_uwc02.JPG

6月4日、ワルシャワでFFUに「JINRIKI QUICK」20セットを寄贈する中村氏(右から3人目、花岡凌氏撮影)

筆者と妻の史子=元日本テレビロンドン支局報道プロデューサー=は寄贈先探しを手伝ったご縁で5月28日~6月4日、中村氏らの「チームJINRIKI」ポーランドキャラバンに同行した。ウクライナでは東・南部でロシア軍との戦闘が続き、今も戒厳令が敷かれている。今回、中村氏らはスケジュールがつかず、ウクライナ入りを断念した。

この日の引き渡し式は日本の共同通信だけでなく、ウクライナのテレビ局も取材した。中村氏も日本からSNSのテレビ電話で参加した。国立がん研究所のアンドリー・シプコ所長は「ウクライナでは現在、多くの人が車イスを必要としている。この補助具があれば車イスを利用する患者の移動が簡単になる」と表情をほころばせた。

兵士の負傷者数は軍の機密事項

国立がん研究所は臨床・研究において国際的な評価を得ているがんセンターで、ウクライナの専門的かつ高度医療に不可欠な存在だ。年間25万人が診察に訪れ、3万人が治療を受けている。研究所は現在、ウクライナ軍の監視下に置かれており、FFU戦略開発責任者オレーナ・ニコライエンコさんの仲介で取材が可能になった。

220618kmr_uwc03.JPG

足に砲弾の破片を受け、車イスを利用する男性(筆者撮影)

シプコ所長の案内で研究所内を回ると、足を負傷した2人の屈強な男性に出会った。2人の手はゴツくて分厚かった。1人は車イスを利用していた。もう1人は間もなく退院する。シプコ所長は「砲弾の破片で負傷した」と説明した。2人が民間人なのか、ウクライナ軍や領土防衛隊の兵士なのかは教えてもらえなかった。兵士の負傷者数は軍の機密事項なのだ。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国工業部門企業利益、5月は前年比-6.5% 2カ

ワールド

謎の小児急性肝炎、6月は疑い例920人に増加=WH

ビジネス

暗号資産取引所FTX、ブロックファイ株取得へ協議=

ビジネス

カナダ経済、依然として軟着陸への道に=財務相

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 9

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中