コラム

アストラゼネカ製ワクチンへの疑いは晴れた EUはワクチン戦争よりイギリスと協力せよ

2021年03月23日(火)06時10分
3月19日、アストラゼネカのワクチンを接種して安全性をアピールするジョンソン英首相

3月19日、アストラゼネカのワクチンを接種して安全性をアピールするジョンソン英首相 Frank Augstein/REUTERS

<65歳以上には効かない、血栓症を起こす、などの理由でEUが使用を嫌がったAZワクチンは優れたワクチンだという結果が出た。イギリス製だから叩くという狭量な対応は「副作用」も大きい>

[ロンドン発]英オックスフォード大学と英製薬大手アストラゼネカが共同開発した新型コロナウイルス・ワクチン(AZワクチン)についてアメリカで行われた第3相試験の中間分析が22日公表された。

症状を伴う感染を予防する有効性は79%、重症・重篤化や入院を100%防ぐ上、欧州連合(EU)加盟国から強い疑念が指摘された65歳以上の感染予防の有効性も80%に達することが実証された。

EU加盟国が懸念を唱えた血栓症についてもAZワクチン接種によるリスク増加は認められなかった。

接種が遅れるEUはワクチン確保のため、25、26日のEU首脳会議で、域内で製造されたAZワクチンの対英輸出禁止を協議する方針だ。EUを離脱したイギリスに対するEUの憎悪といじめが一段と浮き彫りになっている。

covid-vaccination-doses-per-capita.jpg

AZワクチンはすでに6大陸70カ国以上で条件付き販売許可、緊急使用が承認されている。世界保健機関(WHO)による公正で平等なコロナワクチン供給を目指すCOVAXを通じて最大142カ国へ供給される予定だ。

EUの一貫性のない身勝手な対応は自分で自分の首を絞めるにとどまらず、途上国へのワクチン供給を混乱に陥れてしまう恐れがある。

最初からパンデミックと戦うために設計されたAZワクチン

最先端のm(メッセンジャー)RNAテクノロジーを使った米ファイザー製、モデルナ製ワクチンに比べ、AZワクチンは低価格で、普通の冷蔵庫でも保管できる。お金がかかるコールドチェーンを必要としないAZワクチンは最初から地球規模のパンデミックと戦うために設計されたワクチンと言えるだろう。

それぞれ地域ごとのワクチン調達価格を見ておこう。

210322vaccineprice.jpg
出所)ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルなどを参考に筆者作成

EUは加盟国数や人口規模にモノを言わせて他の地域より低価格でワクチンを調達している。これがEUの掲げる人道主義の「正体」である。

AZワクチンの有効性は全人種・年齢でも同じ

アストラゼネカによると、アメリカでの第3相試験には3万2449人が参加し、このうち141人が発症した。被験者の割合はワクチン接種とプラセボ(偽薬)が2対1。ワクチンの有効性はどの人種や年齢でも一貫していた。

独立したデータ安全性監視委員会は血栓症や脳静脈洞血栓症(CVST)を調べた結果、少なくとも1回のワクチン接種を受けた2万1583人には血栓症やそれに関係したリスクは増加していなかった。CVSTは確認されなかった。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

衝突続くエルサレムにロケット弾、ネタニヤフ首相は報

ビジネス

米コロナ感染者が4週連続減、9月以降最少 ワクチン

ビジネス

米NY州、大学生のワクチン接種義務化 今秋の授業再

ビジネス

米雇用の伸び鈍化「一過性」、再開の複雑性反映=シカ

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが「ただの風邪症状を引き起こすウイルス…

  • 7

    激烈受験バトルを風刺し大ヒット!『SKYキャッスル』…

  • 8

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中