コラム

「ポスト・メルケル」にらむ英国のEU離脱チキンゲーム 「合意なき無秩序離脱」は回避できるのか 

2018年10月19日(金)12時40分
「ポスト・メルケル」にらむ英国のEU離脱チキンゲーム 「合意なき無秩序離脱」は回避できるのか 

EUに乗り込んだ時はまだ元気だったメイ英首相(17日、筆者撮影)

[ブリュッセル発]来年3月末に迫る英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる交渉はいよいよ政治的な袋小路に入ってきた。最初の交渉期限とされたEU首脳会議が10月17、18の両日、開かれた。「合意なき無秩序離脱」か、それとも「移行期間の延長で合意」か、と緊張はピークに達したが、とりあえず交渉決裂という「即死」の惨事だけは回避された。

見送られた11月の臨時首脳会議

首脳会議後の記者会見に臨んだ崖っぷちのテリーザ・メイ英首相の声はかすれ、疲労の色がにじむ。国内で政権基盤が大きく揺らぐアンゲラ・メルケル独首相の表情も予想以上に険しかった。メイ首相はEU側にこれ以上、譲歩すると強硬離脱派に突き上げられ、政権は崩壊する。それに続く「合意なき離脱」を避けるにはEU側が妥協するしか道は残されていない...。

kimura20181019100402.jpg
EU首脳会議終了後に険しい表情を浮かべるメルケル独首相(18日、筆者撮影)

17日夕のワーキングディナーでメイ首相の食事は用意されなかった。ディナー前に与えられた説明の時間はわずか15分。メイ首相は離脱後もEUと同じルールブックを作ってモノの取引については無関税・無障壁の自由貿易圏を構築する離脱案を改めて説明した。

3600人以上の犠牲者を出した北アイルランド紛争の悪夢を蘇らせないため、EU離脱後も英・北アイルランドとアイルランドの間に「目に見える国境」を復活させないことが昨年12月に英国、EU双方の間で基本合意されている。

しかし、2020年末までの移行期間に自由貿易圏で合意できなかった場合、税関などの「目に見える国境」が復活する。これを避けるバックストップ(緊急時の備え)として移行期間終了後も、英国はEUの関税同盟に留まり、北アイルランドはモノの単一市場にも残る案が急浮上している。

最後の対立点として残されたこの問題をメイ首相はあえて素通りした。英国側の内輪ブリーフィングに参加した記者にぶら下がると「合意なき離脱の可能性は残っている」とまるでお通夜のような表情を浮かべた。

しかし、その直後に行われたEU高官の記者説明では「メイ首相の方から移行期間の延長について検討する用意があるとの発言があった。EU側はこれをポジティブに受け止めている」という話が飛び出した。ディナーで11月の臨時首脳会議開催が可能か、諮っているとまで説明した。

11月の臨時首脳会議は「合意なき離脱」の調印式という刺激的なニュースも事前に流れていたため、最悪の事態は回避されたと筆者は小躍りした。しかし、メルケル首相がディナーで「メイ首相の説明には新しい提案は何もなかった」と臨時首脳会議の開催をあっさり退けた。

エマニュエル・マクロン仏大統領も「英国内の政治問題に付き合わされてはかなわない」と同調した。2人はディナーのあと、ベルギーとルクセンブルク両国首相と一緒に、世界遺産に登録されている観光名所グラン・プラスのパブに繰り出したところを、クロアチアの記者にフォーカスされた。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 2

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす人民解放軍

  • 3

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未接触部族」の権利

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 7

    中国に出荷されるミャンマーの花嫁──娘たちを売る少…

  • 8

    【間違いだらけのAI論】AIはなぜ経済成長をもたらし…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!