コラム

「ポスト・メルケル」にらむ英国のEU離脱チキンゲーム 「合意なき無秩序離脱」は回避できるのか 

2018年10月19日(金)12時40分
「ポスト・メルケル」にらむ英国のEU離脱チキンゲーム 「合意なき無秩序離脱」は回避できるのか 

EUに乗り込んだ時はまだ元気だったメイ英首相(17日、筆者撮影)

[ブリュッセル発]来年3月末に迫る英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる交渉はいよいよ政治的な袋小路に入ってきた。最初の交渉期限とされたEU首脳会議が10月17、18の両日、開かれた。「合意なき無秩序離脱」か、それとも「移行期間の延長で合意」か、と緊張はピークに達したが、とりあえず交渉決裂という「即死」の惨事だけは回避された。

見送られた11月の臨時首脳会議

首脳会議後の記者会見に臨んだ崖っぷちのテリーザ・メイ英首相の声はかすれ、疲労の色がにじむ。国内で政権基盤が大きく揺らぐアンゲラ・メルケル独首相の表情も予想以上に険しかった。メイ首相はEU側にこれ以上、譲歩すると強硬離脱派に突き上げられ、政権は崩壊する。それに続く「合意なき離脱」を避けるにはEU側が妥協するしか道は残されていない...。

kimura20181019100402.jpg
EU首脳会議終了後に険しい表情を浮かべるメルケル独首相(18日、筆者撮影)

17日夕のワーキングディナーでメイ首相の食事は用意されなかった。ディナー前に与えられた説明の時間はわずか15分。メイ首相は離脱後もEUと同じルールブックを作ってモノの取引については無関税・無障壁の自由貿易圏を構築する離脱案を改めて説明した。

3600人以上の犠牲者を出した北アイルランド紛争の悪夢を蘇らせないため、EU離脱後も英・北アイルランドとアイルランドの間に「目に見える国境」を復活させないことが昨年12月に英国、EU双方の間で基本合意されている。

しかし、2020年末までの移行期間に自由貿易圏で合意できなかった場合、税関などの「目に見える国境」が復活する。これを避けるバックストップ(緊急時の備え)として移行期間終了後も、英国はEUの関税同盟に留まり、北アイルランドはモノの単一市場にも残る案が急浮上している。

最後の対立点として残されたこの問題をメイ首相はあえて素通りした。英国側の内輪ブリーフィングに参加した記者にぶら下がると「合意なき離脱の可能性は残っている」とまるでお通夜のような表情を浮かべた。

しかし、その直後に行われたEU高官の記者説明では「メイ首相の方から移行期間の延長について検討する用意があるとの発言があった。EU側はこれをポジティブに受け止めている」という話が飛び出した。ディナーで11月の臨時首脳会議開催が可能か、諮っているとまで説明した。

11月の臨時首脳会議は「合意なき離脱」の調印式という刺激的なニュースも事前に流れていたため、最悪の事態は回避されたと筆者は小躍りした。しかし、メルケル首相がディナーで「メイ首相の説明には新しい提案は何もなかった」と臨時首脳会議の開催をあっさり退けた。

エマニュエル・マクロン仏大統領も「英国内の政治問題に付き合わされてはかなわない」と同調した。2人はディナーのあと、ベルギーとルクセンブルク両国首相と一緒に、世界遺産に登録されている観光名所グラン・プラスのパブに繰り出したところを、クロアチアの記者にフォーカスされた。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 2

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である理由【世界が尊敬する日本人】

  • 3

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 4

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 5

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 6

    文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    「人間の肥料化」が合法化されそう、何それ?

  • 9

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結…

  • 10

    避妊薬の服用法にバチカンへの「忖度」があった!?

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!