コラム

欧州ではしか(麻疹)が大流行の恐れ 半年で感染者4万1000人超の異常な勢いを煽るフェイクニュース

2018年08月22日(水)13時00分
欧州ではしか(麻疹)が大流行の恐れ 半年で感染者4万1000人超の異常な勢いを煽るフェイクニュース

はしか流行の兆しを受けてMMRワクチンの接種を受ける子供(英ウェールズ、2013) Rebecca Naden-REUTERS

[ロンドン発]欧州地域53カ国で今年上半期、はしか(麻疹)感染者が4万1000人を超え、死者は少なくとも37人にのぼっていることが世界保健機関(WHO)の調べで分かった。

予防接種の普及で2016年には世界全体の死者が10万人を切る中、どうして先進国の欧州地域で大流行の恐れが出てきたのか。

kimura201808220945.jpg

2010年から昨年にかけての年間感染者の最低は16年の5273人、最高は昨年の2万3927人。上半期だけで4万1013人という数字がいかに多いかが分かる。通年で倍(8万2026人)になると単純に計算しても、16年から2年間で 15倍以上という異常な増え方である。

今年に入ってはしか感染者が1000人を超えたのは(1)ウクライナ2万3070人(死者8人)(2)セルビア4954人(同14人)(3)フランス2579人(同2人)(4)イタリア2020人(同4人)(5)ギリシャ2130人(同2人)(6)ロシア1396人(同2人)(7)ジョージア1128人(同2人)。

この7カ国だけで、はしか感染者の合計は3万7277人にのぼり、全体の9割を占める。昨年、欧州地域53カ国のうち43カ国ではしかの流行が確認され、風疹も42カ国で広がっていた。ウクライナのはしかワクチン接種率は90%を超えているものの、はしかの流行は過去5年サイクルで繰り返されているという。

理由は2つあると筆者は考える。予防接種の成功ではしかの流行が先進国では過去のものとなり、ありがたみが薄れたワクチン接種率が下がった。そこにグローバル化と紛争でワクチン接種率が低い地域からの大移動が起こり、欧州地域ではしか大流行のリスクを高めた。

ワクチン接種は政治問題

はしかのワクチン接種率は欧州地域で16年の88%から昨年は90%に向上したものの、地域的には70%を下回っている。はしかの流行を防ぐためにはワクチン接種率を95%に引き上げる必要があるとWHOは強調する。それにしても先進7カ国(G7)のフランスやイタリアでどうしてはしかが流行するのか。

今年3月、イタリア総選挙を取材するため筆者はローマを訪れた。同国では昨年、はしか感染者が6倍に増えて5006件となり、欧州地域全体の20%超を占めた。流浪の民ロマが多いルーマニアの5562件に次ぐ数字だった。

イタリアでは11~15年の間に麻疹ワクチンを接種する人が5.3%も減ったため、昨年、10種のワクチン接種が義務付けられた。子供にワクチンを接種させなかった親は最高500ユーロの罰金を支払わなければならなくなった。

予防接種の普及は重大な政治課題だ。しかし、接種率を上げるための義務化は激しい政治論争を巻き起こす。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

ドイツ、EU・シェンゲン圏・英との往来禁止を6月1

ワールド

プーチン氏、4日のワクチンサミットに出席せず=ロ大

ビジネス

日産の英工場、通商協定なきEU離脱なら維持不能=グ

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(3

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

  • 8

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 10

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!