コラム

ドナルド・トランプの『米大統領版アプレンティス』生き残るのは誰だ!

2018年06月13日(水)20時00分
ドナルド・トランプの『米大統領版アプレンティス』生き残るのは誰だ!

金正恩を称賛するトランプから裏切り者呼ばわりされたトルドー(写真) Yves Herman-REUTERS

[ロンドン発]シンガポールで12日開かれた歴史的な初の米朝首脳会談。米朝戦争という最悪の事態は回避したものの、北朝鮮の非核化という核心問題では中身も方法も期限も明記されず、零点と言っても差し支えない内容だ。

これから協議を始めることで同意した政治ショーに過ぎなかった。

一つ間違えば核戦争の引き金に

米リアリティ番組『アプレンティス(実習生)』で人気が爆発したドナルド・トランプ氏が米大統領になってから政治も外交も完全にリアリティ番組化した。予測のつかないトランプ大統領の言動が核戦争の引き金になりかねないリスクをはらんでいるだけに、笑うに笑えない「超リアリティ番組」だ。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長も、日本の安倍晋三首相も、ドイツのアンゲラ・メルケル首相も、カナダのジャスティン・トルドー首相も、フランスのエマニュエル・マクロン大統領も、トランプ大統領から「You're Fired(君はクビだ)!」と宣告される実習生のような扱いだ。

「北朝鮮側の明らかな敵意をみると今回の会談を行うのは適当ではない」といったんは首脳会談をドタキャンされた金正恩氏は「朝鮮半島の完全な非核化」を約束し、会談後の記者会見でトランプ大統領に「すごい人物、私の友人で、北朝鮮人民の偉大な指導者だ」と持ち上げられた。

一方、散々な目にあったのがトルドー首相。

G7シャルルボワ・サミットのホストを務めたトルドー首相は「カナダが(対米貿易黒字によって)米国の安全保障の脅威になったというのは、第二次大戦やアフガニスタン戦争でともに戦い、犠牲をだしてきた歴史に対する侮辱だ」と米国の鉄鋼・アルミニウムの輸入制限を批判した。

トランプ大統領はツイッターで強烈なカウンターパンチをお見舞いした。「米国の代表に首脳コミュニケを承認しないよう指示した」「トルドー首相はG7会合では大人しくしていたのに、私がいなくなったとたん『米国の関税は侮辱だ』『振り舞わされない』と言った。実に不誠実で、弱虫だ」

米国が抜ければG7は完全に存在意義を失う。ホスト役のトルドー首相の面目は丸潰れだ。

カナダは米中枢同時テロに端を発するアフガニスタン戦争で158人もの犠牲者(icasualties.orgの統計)を出している。貿易赤字と安全保障を短絡的に結びつけるトランプ大統領のレトリックに、さすがに温厚なトルドー首相も我慢ならなかったようだ。

米朝首脳会談後の記者会見で、トランプ大統領の怒りはメルケル首相にも向けられた。「北大西洋条約機構(NATO)に関して言えば我々は国内総生産(GDP)比の4.2%も国防費を支出しているのに、彼女は1%しか出していない。米国はNATO加盟国全体の国防費の60~90%を負担して、欧州諸国を守ってやっている」

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

カタールが対トルコ投資約束、リラ高後押し 米国は関

ビジネス

米国株式は下落、軟調な企業決算や貿易懸念で

ビジネス

ドルが一時1年1カ月ぶり高値、人民元は約1年半ぶり

ワールド

米政府、トルコの報復関税を批判 米国人牧師解放でも

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 5

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 10

    アンコール・ワットは、夏に行ってはいけない

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 10

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!