コラム

ドナルド・トランプの『米大統領版アプレンティス』生き残るのは誰だ!

2018年06月13日(水)20時00分

金正恩を称賛するトランプから裏切り者呼ばわりされたトルドー(写真) Yves Herman-REUTERS

[ロンドン発]シンガポールで12日開かれた歴史的な初の米朝首脳会談。米朝戦争という最悪の事態は回避したものの、北朝鮮の非核化という核心問題では中身も方法も期限も明記されず、零点と言っても差し支えない内容だ。

これから協議を始めることで同意した政治ショーに過ぎなかった。

一つ間違えば核戦争の引き金に

米リアリティ番組『アプレンティス(実習生)』で人気が爆発したドナルド・トランプ氏が米大統領になってから政治も外交も完全にリアリティ番組化した。予測のつかないトランプ大統領の言動が核戦争の引き金になりかねないリスクをはらんでいるだけに、笑うに笑えない「超リアリティ番組」だ。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長も、日本の安倍晋三首相も、ドイツのアンゲラ・メルケル首相も、カナダのジャスティン・トルドー首相も、フランスのエマニュエル・マクロン大統領も、トランプ大統領から「You're Fired(君はクビだ)!」と宣告される実習生のような扱いだ。

「北朝鮮側の明らかな敵意をみると今回の会談を行うのは適当ではない」といったんは首脳会談をドタキャンされた金正恩氏は「朝鮮半島の完全な非核化」を約束し、会談後の記者会見でトランプ大統領に「すごい人物、私の友人で、北朝鮮人民の偉大な指導者だ」と持ち上げられた。

一方、散々な目にあったのがトルドー首相。

G7シャルルボワ・サミットのホストを務めたトルドー首相は「カナダが(対米貿易黒字によって)米国の安全保障の脅威になったというのは、第二次大戦やアフガニスタン戦争でともに戦い、犠牲をだしてきた歴史に対する侮辱だ」と米国の鉄鋼・アルミニウムの輸入制限を批判した。

トランプ大統領はツイッターで強烈なカウンターパンチをお見舞いした。「米国の代表に首脳コミュニケを承認しないよう指示した」「トルドー首相はG7会合では大人しくしていたのに、私がいなくなったとたん『米国の関税は侮辱だ』『振り舞わされない』と言った。実に不誠実で、弱虫だ」

米国が抜ければG7は完全に存在意義を失う。ホスト役のトルドー首相の面目は丸潰れだ。

カナダは米中枢同時テロに端を発するアフガニスタン戦争で158人もの犠牲者(icasualties.orgの統計)を出している。貿易赤字と安全保障を短絡的に結びつけるトランプ大統領のレトリックに、さすがに温厚なトルドー首相も我慢ならなかったようだ。

米朝首脳会談後の記者会見で、トランプ大統領の怒りはメルケル首相にも向けられた。「北大西洋条約機構(NATO)に関して言えば我々は国内総生産(GDP)比の4.2%も国防費を支出しているのに、彼女は1%しか出していない。米国はNATO加盟国全体の国防費の60~90%を負担して、欧州諸国を守ってやっている」

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

FRB、尚早な利下げに懸念 不確実性強調=議事要旨

ビジネス

FRB、6月利下げ開始との観測変わらず FOMC議

ビジネス

世界の債務総額、23年は313兆ドルと過去最高=I

ワールド

ロシア、国内弾薬生産不十分 ウクライナ制圧との目標
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 3

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 4

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 5

    南海トラフ巨大地震で日本を失わないために

  • 6

    台湾に100機近い気球を飛ばしてくる中国が意味不明

  • 7

    2024年を生き抜いたプレーヤーが、Web3.0の未来を握る

  • 8

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 9

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 10

    日独GDP逆転の真相

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に…

  • 7

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 8

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story