コラム

独立をめぐるカタルーニャ「内戦」の勝者と敗者 36歳女性弁護士が大躍進した語られない真実

2017年12月23日(土)22時30分
独立をめぐるカタルーニャ「内戦」の勝者と敗者 36歳女性弁護士が大躍進した語られない真実

独立派の集会でプチデモン前州首相の勝利を喜ぶ市民(筆者撮影)

[バルセロナ発]スペイン北東部カタルーニャ自治州で独立派が事実上の住民投票と位置づけた州議会選(定数135)が21日行われ、投票率は史上空前の82%に達した。独立派は2議席減らしたものの、過半数の70議席を獲得。しかし得票率は47%にとどまり、有権者の過半数が決して独立を望んでいるわけではないことを改めて浮き彫りにした。

独立に向かうカタルーニャ

kumura20141223134202.jpg

ロンドンにあるシンクタンク、王立国際問題研究所(チャタムハウス)で事前に行われた討論会では独立に賛成でも反対でもない中間票が増え、独立派は過半数に届かないという予想が多かった。が、フタを開けてみると独立派は10月の住民投票の204万票に2万票近く上積みした。デスクワークしかしていない識者や学者の話は本当に当てにならない。

これに対し独立反対派は189万票。州議会選や住民投票を何度繰り返しても同じ結果になる。筆者は投開票の当日、草の根独立派団体・カタルーニャ国民会議(ANC)の会場にいた。独立派勝利が濃厚になると間髪おかずに、スペイン国家憲兵が独立運動を扇動した31人の容疑者リストを新たに最高裁判所に送付したというニュースが飛び込んできた。背筋が凍った。

kumura20141223134203.jpg
6月の独立派集会で住民投票を呼びかけるグアルディオラ監督(ANCのアーカイブより)

この中には、カタルーニャ出身で独立を支持する英イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督(46)の名前も含まれていた。国家反逆罪で訴追されると最長30年間投獄される恐れがある。これがスペイン中央政府、そしてマリアーノ・ラホイ首相の独立派に対する答えなのだ。

国家反逆罪などで訴追され、ブリュッセルに逃亡中の策士カルラス・プチデモン前州首相は選挙翌日、スペイン以外の欧州のどこかで無条件対話に応じるようラホイ首相に呼びかけた。プチデモン氏にとって対話とは「独立」への工程を話し合うこと以外にない。ラホイ首相はわずか2時間後「私の交渉相手は別にいる」と提案を一蹴した。

kumura20141223134204.jpg
台風の目になったイネス・アリマーダス氏(中央の女性、筆者撮影)

自治権が一時停止され、自らも訴追される中、州議会の過半数を維持したプチデモン氏は独立派の英雄に祭り上げられた。しかし独立に反対する市民を結集し、12議席増の第1党に躍り出た市民政党シウダダノス(Cs)の女性弁護士イネス・アリマーダス氏(36)の存在を忘れてはならない。

アリマーダス氏とシウダダノスは、ラホイ首相と国民党(PP)以上に強硬にカタルーニャ独立に反対している。なぜか。そこには州議会選で台風の目になったアリマーダス人気の秘密が隠されている。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱなし」で販売禁止に

  • 2

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

  • 3

    全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの手口

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    トランプ元側近で「極右」のスティーブ・バノンに会…

  • 6

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 7

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 10

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!