コラム

韓国、新型肺炎の集団感染を起こした新興宗教「新天地イエス教会」の正体

2020年02月25日(火)13時29分
韓国、新型肺炎の集団感染を起こした新興宗教「新天地イエス教会」の正体

韓国の感染者を急増させた新天地イエス教の大邱教会前(2月19日)  Yonhap/REUTERS

<韓国で新型コロナウイルスの集団感染を起こした新興宗教は、信者の身元を明かさない秘密主義のため感染対策を困難にしている>

新興宗教団体「新天地イエス教」を中心に感染が拡大

韓国で新型コロナウイルスの感染者が急増している。2月18日まで31人であった感染者数は、2月24日には833人まで急増し、国内の死者は計8人になった。なぜ、感染者数はわずか6日でここまで急増したのだろうか。

■新型コロナウイルスの感染者数の推移
coronachart.jpg
注)毎日16時基準
出所)韓国疾病管理本部

韓国で感染者が急増したのは31人目の感染者(61歳、女性)が韓国の南東部の大邱広域市にある新興宗教団体「新天地イエス教」(以下、「新天地」)の「新天地イエス教大邱教会」を訪ねてからである。彼女が「新天地イエス教大邱教会」の礼拝に参加した後、同じ教会で10人の感染者が確認されるなど1日だけで患者数は31人から46人に急増した。さらに、20日には一日で大邱・慶尚北道地域で51人の感染者が発生し、半分を超える28人が新天地大邱教会から出るなど、同教会で礼拝した信者らや「新天地」の全国の支部を中心に感染者が続出している。

「新天地」の全国の支部で感染者が発生している理由としては、1)彼らが全国にある支部の教会を巡りながら礼拝を行っている慣例があること、2)密閉された空間で多くの人が互いに体が接する近さで座って礼拝をささげていること、3)1月末に亡くなった新天地イエス教教祖の李萬煕(イ・マンヒ)の兄の葬儀が大邱から近い清道のデナム病院で行われたことが挙げられる。特に、1月末に行われた葬儀には、新天地の中国支部から来た人も参列したと言われており、31人目の患者を含めた多数の人がここで感染されたのではないかと推測されている。

韓国の疾病管理本部の発表によると、2月23日9時時点の感染者556人のうち、新天地イエス教の感染者数は309人で半分以上を占めている。大邱市は「新天地イエス教大邱教会」の約9,000人の信者全員を対象に検査を実施することを発表すると共に、信者全員に対し、外出禁止や家族の隔離などを要請した。また韓国政府は2月23日、政府の危機警報レベルを「警戒」から最も高い「深刻」に引き上げた。

新興宗教団体「新天地」の実態は?

では、新興宗教団体「新天地」はどういう集団なのだろうか?「新天地」は現在の教祖である李萬煕により1984年に設立された新興宗教団体である。設立当時わずか10人に過ぎなかった信者数は、その後、新約聖書の「ヨハネの黙示録」の解釈を中心とした集会への参加者が増加して勢力を伸ばしているが、信者の家出、離婚、学業放棄が多発しており、韓国社会で最も大きな社会問題の1つとなっている。

プロフィール

金 明中

1970年韓国仁川生まれ。慶應義塾大学大学院経済学研究科前期・後期博士課程修了(博士、商学)。独立行政法人労働政策研究・研修機構アシスタント・フェロー、日本経済研究センター研究員を経て、2008年からニッセイ基礎研究所。日本女子大学現代女性キャリア研究所客員研究員、日本女子大学人間社会学部・大学院人間社会研究科非常勤講師を兼任。専門分野は労働経済学、社会保障論、日・韓社会政策比較分析。

ニュース速報

ビジネス

仏ダノン、中国蒙牛乳業株20億ドル売却へ

ビジネス

テスラ、完全自動運転ソフトの新ベータ版を数カ月中に

ワールド

米政府端末でのTikTok禁止、上院委が法案可決

ワールド

米コロニアル、パイプラインの再稼働開始=米エネルギ

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 2

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 3

    横溝正史、江戸川乱歩...... 日本の本格推理小説、英米で静かなブーム

  • 4

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 5

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 6

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 7

    元気過ぎるトランプの現在...韓国など同盟国を攻撃し…

  • 8

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 9

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 10

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 8

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中