コラム

日韓を読み解く 金 明中
日韓を読み解く 金 明中

少子化が深刻な韓国で育児休業パパが急増している理由

<育児休業に入る父親に十分な給付が支払われる仕組みが功を奏した> 厚生労働省が6月に発表した2021年の日本の合計特殊出生率は1.30で、2

2022.06.30
日韓を読み解く 金 明中

深刻化する韓国の貧困と所得格差

<韓国では労働者の格差がますます拡大し、大企業に入れなかった若者は「使い捨てティッシュ」と呼ばれるほどの劣悪な環境で働いている場合もある。一

2022.06.02
日韓を読み解く 金 明中

韓国で1日あたりの新規感染者数が60万人を超えた理由

<かつて韓国が誇った「K防疫」が破綻し、文在寅政権の任期も残り1カ月となった。新政権はどんな新型コロナ対策を推進していくのか注目される> 韓

2022.03.29
日韓を読み解く 金 明中

【韓国大統領選】李在明と尹錫悦の経済政策、不動産政策、労働政策を比較する

<与党候補と保守系最大野党候補の公約をまとめて比較> 3月9日の韓国第20代大統領選挙の投票日まで20日を切った。韓国の世論調査機関「リアル

2022.02.21
日韓を読み解く 金 明中

北京五輪が韓国与党の大ブレーキに?韓国大統領選まであと1カ月

<第1回のテレビ討論後は、野党・尹錫悦の支持率が上昇。与党・李在明は、韓国人の反中感情を煽る「事件」が相次いだ北京五輪の影響を懸念する> 3

2022.02.10
日韓を読み解く 金 明中

安哲秀氏との候補一本化に成功し、韓国の次期大統領になるのは誰か

<来月に迫った韓国大統領選で、野党「国民の党」の安哲秀の支持率が急伸している。安氏を巻き込んで野党候補を一本化できれば勝利の可能性は高まる>

2022.02.03
日韓を読み解く 金 明中

韓国大統領選、尹錫悦候補の支持率はなぜ再上昇できたのか

<片方に妻の学歴詐称あればもう片方に不正疑惑がらみの不審死ありと、今年の韓国大統領戦は驚きの連続。負のスパイラルを止めて最後に若者の支持を獲

2022.01.27
日韓を読み解く 金 明中

新型コロナウイルスの感染拡大がもたらす世代間の対立と宗教間の対立激化

<恵まれない若者世代と豊かな高齢世代がそれぞれ新型コロナウイルス感染の発生源となったことや、文政権打倒を叫び防疫対策も守らない宗教右派の存在

2021.12.11
日韓を読み解く 金 明中

韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が違うのか?

<ワクチン接種率では同程度の韓国で感染が再拡大し、日本では低くとどまっているのは、一つには、寒暖の違いのせいかもしれない> 日本では新型コロ

2021.11.25
日韓を読み解く 金 明中

李在明候補の格差是正策は、ベーシックインカムにとどまらない

<すべての人に同じお金を渡すだけでは格差是正につながらないなどの批判を受けて、安い賃貸住宅や低利融資、有利な貯蓄などを公約に掲げている> 2

2021.11.09
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウクライナに塩対応の理由

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシア最大級の製鉄所を爆撃か

  • 4

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 5

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 6

    衛星写真:南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、…

  • 7

    中国企業、IPO計画中止相次ぐ...今年すでに47社が上…

  • 8

    トランプ、「党団結」は程遠く 予備選連勝も本選に…

  • 9

    フィリピンにある「世界最古のチャイナタウン」で旧…

  • 10

    【欧州世論調査】ウクライナ戦争の予測「ロシア勝利…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 6

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中