コラム

日韓を読み解く 金 明中
日韓を読み解く 金 明中

少子化が深刻な韓国で育児休業パパが急増している理由

<育児休業に入る父親に十分な給付が支払われる仕組みが功を奏した> 厚生労働省が6月に発表した2021年の日本の合計特殊出生率は1.30で、2

2022.06.30
日韓を読み解く 金 明中

深刻化する韓国の貧困と所得格差

<韓国では労働者の格差がますます拡大し、大企業に入れなかった若者は「使い捨てティッシュ」と呼ばれるほどの劣悪な環境で働いている場合もある。一

2022.06.02
日韓を読み解く 金 明中

韓国で1日あたりの新規感染者数が60万人を超えた理由

<かつて韓国が誇った「K防疫」が破綻し、文在寅政権の任期も残り1カ月となった。新政権はどんな新型コロナ対策を推進していくのか注目される> 韓

2022.03.29
日韓を読み解く 金 明中

【韓国大統領選】李在明と尹錫悦の経済政策、不動産政策、労働政策を比較する

<与党候補と保守系最大野党候補の公約をまとめて比較> 3月9日の韓国第20代大統領選挙の投票日まで20日を切った。韓国の世論調査機関「リアル

2022.02.21
日韓を読み解く 金 明中

北京五輪が韓国与党の大ブレーキに?韓国大統領選まであと1カ月

<第1回のテレビ討論後は、野党・尹錫悦の支持率が上昇。与党・李在明は、韓国人の反中感情を煽る「事件」が相次いだ北京五輪の影響を懸念する> 3

2022.02.10
日韓を読み解く 金 明中

安哲秀氏との候補一本化に成功し、韓国の次期大統領になるのは誰か

<来月に迫った韓国大統領選で、野党「国民の党」の安哲秀の支持率が急伸している。安氏を巻き込んで野党候補を一本化できれば勝利の可能性は高まる>

2022.02.03
日韓を読み解く 金 明中

韓国大統領選、尹錫悦候補の支持率はなぜ再上昇できたのか

<片方に妻の学歴詐称あればもう片方に不正疑惑がらみの不審死ありと、今年の韓国大統領戦は驚きの連続。負のスパイラルを止めて最後に若者の支持を獲

2022.01.27
日韓を読み解く 金 明中

新型コロナウイルスの感染拡大がもたらす世代間の対立と宗教間の対立激化

<恵まれない若者世代と豊かな高齢世代がそれぞれ新型コロナウイルス感染の発生源となったことや、文政権打倒を叫び防疫対策も守らない宗教右派の存在

2021.12.11
日韓を読み解く 金 明中

韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が違うのか?

<ワクチン接種率では同程度の韓国で感染が再拡大し、日本では低くとどまっているのは、一つには、寒暖の違いのせいかもしれない> 日本では新型コロ

2021.11.25
日韓を読み解く 金 明中

李在明候補の格差是正策は、ベーシックインカムにとどまらない

<すべての人に同じお金を渡すだけでは格差是正につながらないなどの批判を受けて、安い賃貸住宅や低利融資、有利な貯蓄などを公約に掲げている> 2

2021.11.09

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を嗅いだ子犬、臭すぎてえずく

  • 4

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    「子供に興奮する変態」と批判され...「肉体は8歳」…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 9

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 10

    ドイツの最強戦車「レオパルト2」を大量供与しなけれ…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中