コラム

北京五輪が韓国与党の大ブレーキに?韓国大統領選まであと1カ月

2022年02月10日(木)22時02分

先頭でゴールした韓国の選手がビデオ判定で失格に。後ろの2人は中国選手(2月7日、男子ショートトラック1000メートル準決勝)Evgenia Novozhenina-REUTERS

<第1回のテレビ討論後は、野党・尹錫悦の支持率が上昇。与党・李在明は、韓国人の反中感情を煽る「事件」が相次いだ北京五輪の影響を懸念する>

3月9日の韓国の第20代大統領選挙まで残り1か月を切った時点で尹錫悦(ユン・ソギョル)候補の支持率が上昇傾向を見せている。

韓国の世論調査機関「リアルメーター」が2022年2月7日に発表した調査結果によると、野党「国民の力」の尹候補の支持率は43.4%で、1週間前の40.2%より3.2ポイント上昇し、与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)候補(38.1%)との差を広げた。

一方、ダークホースと言われている野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)候補の支持率は10.3%から7.5%と1週間に2.8ポイントも下落した。

kim20220212183601.jpg
出典:韓国の世論調査会社、リアルメーターのホームページより筆者作成(最近の調査日:2022年2月7日)

今回の尹候補の支持率上昇には、李候補の婦人のキム・ヘギョン氏の過剰待遇疑惑と法人カード流用疑惑以外に、2月3日に開かれたテレビ討論会もある程度影響を与えた可能性がある。韓国与野党4人の大統領候補による初のテレビ討論会で尹候補が予想以上に善戦したからだ。

保守系インターネットニュースサイト「ニューデイリー」の委託を受けて、(株)「ピープルネットワークスリサーチ(People Networks Research)」が実施(2月4日~5日)した調査によると、3日のテレビ討論会について40.1%が「国民の力」の尹候補を勝者(「よくやった」と評価した割合を比較)にあげた(李候補は34.1%、安候補は11.2%)。

男女別には男性の42.0%、女性の38.3%が尹候補が「よくやった」と評価した。一方、李候補が「よくやった」と評価した割合は男女共に33.9%に留まった。

年齢階層別に「よくやった」と評価した割合は尹候補の場合70代が56.8%で最も高いことに比べて、李候補は40代が43.2%で最も高く、年齢階層により支持する候補が分かれた。

kim20220212183602.jpg
出典:ニューデイリー世論調査:TV討論より筆者作成
https://www.newdaily.co.kr/site/data/html/2022/02/06/2022020600044.html

他に、2月3日の大統領選のテレビ討論会以降実施された多数の世論調査でも尹候補の支持率が高いという結果が得られた。特に韓国社会世論研究所(KSOI)が2月7日に発表した調査結果によると、テレビ討論会以降、イメージがよくなった候補は尹候補が40.9%で、李候補(31.0%)と安候補(12.0%)を大きく上回った。

3日のテレビ討論会は2時間にわたり行われ、各候補は不動産、外交安保、年金改革、雇用、自営業者支援等について議論を交わした。この中で李候補と尹候補の意見が明確に分かれたのは不動産と外交安保分野であった。

プロフィール

金 明中

1970年韓国仁川生まれ。慶應義塾大学大学院経済学研究科前期・後期博士課程修了(博士、商学)。独立行政法人労働政策研究・研修機構アシスタント・フェロー、日本経済研究センター研究員を経て、2008年からニッセイ基礎研究所。日本女子大学現代女性キャリア研究所特任研究員、亜細亜大学特任准教授を兼任。専門分野は労働経済学、社会保障論、日・韓社会政策比較分析。近著に『韓国における社会政策のあり方』(旬報社)がある

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ECBの政策正常化、漸進主義と柔軟性維持を=ギリシ

ビジネス

独IFO業況指数、9月は84.3に悪化 予想下回る

ビジネス

アマゾン、10月中旬にも会員向けセールイベント 日

ワールド

インドネシア中銀、ルピア下支えへ「トリプル介入」態

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、その姿は「恥ずかしかった」

  • 3

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日本人には驚くほどじゃない?

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 8

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 9

    代理出産なのになぜ!? クロエ・カーダシアン「新生児…

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中