コラム

戦争マシンとして誕生した近代国家を抜本的にモデルチェンジせよ

2022年09月15日(木)19時00分

普通選挙がヨーロッパで拡大してから1世紀がたつが…… SHOKO SHIMABUKURO/ISTOCK

<今の国家で残しておくべき機能は何か。それを民主的に管理していくにはどうしたらいいか>

この頃の世界を見ていると、つくづく政治家にはなりたくないと思う。

1人1票の民主主義になって、政治家は大衆と「直結」した。政治家は何でもかんでもできるようなことを言っては票を取るものだから、大衆も「国」が何でもかんでもやっているのだと思い込む。だからうまくいかないと、「国」=政治家・役人のせいにして飛びかかる。

「国」にしてみれば、こんなはずではなかった。

議会を力の頂点とする「近代国家」は、17世紀以降のイギリスで形成された。それは、オランダ、フランスと戦う海軍を整備することを至上の目的としたもので、つまり「近代国家」は国民に君臨して税を集め、戦争に兵を送る装置として成立したのだ。

それが19世紀に起きた産業革命により中産階級が育ってくると、議会で相争う与野党はこれを票田として取り込むべく投票権を拡大する。その結果、第1次大戦前後になると成人男子が1人1票を持つ「普通選挙」が多くの先進国で成立した。これは徴兵制導入との引き換えでもあった。

広がった票田から票を集めるために、社会保障の充実が図られる。1942年には「ゆりかごから墓場まで」と言われる手厚い社会保障体制の原型がイギリスで提議されると(ベバリッジ報告)、第2次大戦後徐々に実現されていく。

国家はこれで、国民の血と汗(徴兵と徴税)を搾るものから大衆に搾り立てられるものに転身した。領主から召し使いの地位に転落したとでも言おうか。

政治家は社会のニーズをくみ上げ、必要なことを法律などにして役人に執行させるのが役目。法案作成と審議のためには数百人の国会議員が必要なのだが、ばらばらでは意見がまとまらないから政党単位で意見を集約し、政党は互いに切磋琢磨して政策を磨く。これが近代民主主義の建前だ。

この建前が、日本も含め先進民主主義諸国でほぼ軒並みメッキ剝落の状態にある(比較的うまくいっているのは北欧諸国)。アメリカは、政治集会やテレビを通じた宣伝で票を集めてきたのが、今やバイデン大統領が言うようにファシズムに近いものに劣化している。

日本では、おそらく政治を自分のものとは思っていない人が多いのだろうか、投票率が際立って低い。

選挙はきれいごとではない。インテリは「政策が勝負だ」と言うのだが、有権者は別に政党の政策を丹念にチェックして投票するわけではない。集票力、そして選挙戦で運動員を出せる力を持つ団体をどのくらい抱えているかが勝負の分け目となる。その団体が問題を抱えたものだと、旧統一教会と自民党の関係のようなことになる。

プロフィール

河東哲夫

(かわとう・あきお)外交アナリスト。
外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』(草思社)など。最新刊は『日本がウクライナになる日』(CCCメディアハウス)  <筆者の過去記事一覧はこちら

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア思想家の娘爆殺、ウクライナ関与と米情報当局判

ビジネス

ペトロナスが不可抗力宣言、三菱商事出資のマレーシア

ビジネス

日銀には物価目標の持続的・安定的実現に向け努力期待

ビジネス

キヤノン、宇都宮に半導体製造装置の新工場 建設費約

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 2

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 3

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    サッカー暴動で死者125人が出たインドネシア、ジョコ…

  • 7

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 10

    親が子どもの自己肯定感を下げてしまう「5つの言葉」 …

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    ロシア軍の兵舎の様子は「イカゲーム」そっくりの悲…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 10

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中