コラム

デジタル人民元は中国停滞の始まり

2021年06月08日(火)16時00分

デジタルマネーの導入を進めている中国だが COSTFOTOーBARCROFT MEDIA/GETTY IMAGES

<カネの流れを強権的に管理することで完成する中国絶対主義体制。それがゆえに凋落へ向かうことは時代が証明している>

この前、ラジオを聴いていて、ああ、そうなのだと思った。中国ではスマホ決済が広がっているが、まだ現金も使われていて、その現金には偽札が多いのだという。

偽金=貨幣発行の「民営化」──。それはもう漢、唐の時代からあって、政府が発行する貨幣だけではとても足りないので、民間は自分で作って使い回した。価値に保証はなくとも、皆が使えば立派な通貨。今の米ドルと同じことだ。

そこで気付いたのは、いま中国が導入を始めているデジタルマネーの目的の1つは、偽金退治なのだろう、ということ。なぜならこれは中国人民銀行(中央銀行)が発行し、その流れを細部までリアルタイムで把握、管理できる。個人の銀行口座とリンクしているだけのスマホ決済と違って、デジタルマネーでの取引は人民銀行の口座を必ず通ることになるからだ。

しかもそれはブロックチェーンという電子大福帳に瞬時に記録され、後からの改ざん、粉飾は不可能。これで偽金だけでなく、同じく中国数千年の伝統を誇る官僚層の横領もなくなって、国家主席一人が社会の全てを統制する「中国絶対主義体制」が完成する。

世界は今、その中国の強権主義体制が世界2位の経済を築き(外国の資本と技術のおかげだが)、コロナ禍を抑え付けた(自分で広めたのだが)のを見て、この体制もいいかな、と思い始めている。

だが、ちょっと待てよ、と思うのだ。西側諸国が中国の上っ面に魅惑され、その強権・統制体制を模倣しようかと思い始めたちょうど今、中国は長期停滞に向けての曲がり角に差し掛かったのでないか?

歴史を思い出そう。中国の皇帝・官僚専制体制は、西暦1000年頃、宋の時代に確立された。この頃の中国経済、都市生活は、西欧の500年ほど先を行く発展ぶりだったが、それ以降、中国の経済は新局面を開くことなく停滞を続けた。エリートは権力にぶら下がって利益を貪り、権力は権力で儲かるビジネス(例えば塩の販売)を専売制で独占するので、経済が活性化しないのである。

今、中国を覆っていたいくつかの神話は剝がれ落ちてきた。経済成長率は低下し、中・東欧諸国などはチャイナマネーへの安易な期待を裏切られて中国離れを強め、王毅(ワン・イー)外相などはこれをなだめるのに必死だ。

プロフィール

河東哲夫

(かわとう・あきお)外交アナリスト。
外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』など  <筆者の過去記事一覧はこちら

ニュース速報

ビジネス

原油先物は上昇、米原油在庫が予想以上に減少

ビジネス

前場の日経平均は小幅続伸、米株高を好感 戻り売り警

ビジネス

英当局、金融規制を「積極的に」改革へ

ワールド

五輪会場内は飲酒禁止、アルコール飲料の販売もなし 

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 4

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 5

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 6

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 7

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中