コラム

パレスチナ映画『ガザの美容室』にイスラエルが出てこない理由

2018年06月23日(土)11時27分

ハマス政府とマフィアとの武力抗争が生まれた理由

ガザでは、1994年に実施されたパレスチナ暫定自治協定(オスロ合意)によって、ヨルダン川西岸の都市エリコとともにパレスチナ解放機構(PLO)の主流派組織「ファタハ」主導でパレスチナ自治が始まった。

しかし、2006年のパレスチナ自治評議会選挙で、イスラム組織「ハマス」がファタハを破って勝利。2007年夏にガザでハマスがファタハを排除して支配するようになった。イスラエルによる封鎖はその時に始まった。

映画で描かれるようなハマスとマフィア集団の抗争は、2007年にハマスがガザを抑えてから始まった。ファタハ支配も、ハマス支配も、どちらも強権支配だが、ファタハは腐敗して地元の有力家族と結びつき、マフィアがはびこった。腐敗によって、ファタハは民衆の支持を失って選挙で敗北したのだ。

一方のハマスは慈善活動、社会活動、宗教活動で民衆に根をはるイスラム組織であるが、強力な軍事部門を有し、ファタハを排除してからは言論を統制する体制をつくっている。

この映画が描くような、ハマス政府とマフィアとの武力抗争があったのは、2007年にガザのハマス支配が始まってすぐ、ファタハ関係者やその下でのさばっていたマフィアをハマスが次々と制圧した頃である。私も2007年秋にガザで取材した時、ハマスの武装部門に包囲されて、ロケット弾を撃ち込まれたファタハ系の有力家族のビルを見たことがある。

しかしその後、ファタハ支配下で乱れていた治安は、ハマス支配になって急速に改善されたというのが、一般的な民衆のとらえ方だった。もちろん、批判勢力に対する弾圧は、ガザのハマス政府と、ヨルダン川西岸でファタハが支配する自治政府の間で差異はない。

ガザでハマス政府とマフィアとの武力抗争は決して日常的に起こっているわけではない。むしろ、ガザでの戦闘と言えば、イスラエルによって繰り返される空爆や侵攻である。2014年夏の空爆・侵攻では、パレスチナ人2000人以上が死んだ。

しかし、この映画ではガザを描くのに、意識的にイスラエルによる空爆・侵攻という設定を避けている。

「死ではなく人生を描きたかった」と監督のナサール兄弟

タルザンとアラブというガザ出身の双子のナサール兄弟監督はインタビューで、「撮影の準備をしていた2014年7月に、ちょうどガザ地区で新たな戦争が起きたんだ。イスラエル軍は3週間で1000人以上の一般市民を殺した」と明かし、「そんな状況で戦争について語るべきか、パレスチナ人同士の抗争というテーマを続けるか、選ぶことは難しかった」と述べている。結果的にパレスチナ人同士の抗争を描くという当初の方針を変えなかった。

それについて監督は「僕らは死ではなく人生を描きたかったからだ」と語り、「テレビやマスメディアは死を伝えるけど、日々の生活や本当の暮らしぶりには無関心だ。まるで爆撃のないガザ地区には価値がなく、存在すらしていないかのように」と続けた。

私は2014年まで新聞の中東特派員としてガザ情勢を報じてきた。「爆撃のないガザ地区には価値がなく、存在すらしていないかのよう」という、メディアの扱いに対する監督の言葉にはっとさせられた。2007年以降、ガザが日常的に非人道的な封鎖状態に置かれていることについて、日本のメディアが十分に報道してきたとは思えない。

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)。最新刊は『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。
ツイッターは @kawakami_yasu

ニュース速報

ワールド

北朝鮮の金正恩氏、新開発の戦術兵器の実験視察=KC

ビジネス

米テスラ、月末までのモデル3受注は年内納車へ=マス

ワールド

北朝鮮テレビ、正恩氏が「新開発」兵器の実験視察と報

ビジネス

焦点:米SECが議決権ルール見直しへ、投資家と衝突

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏論のウソ

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    人肉食が予防した不治の病

  • 7

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 8

    期待の中国でも販売シェア半減に 韓国現代自動車は…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 3

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 4

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあっ…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!