コラム

1500~2000人も犠牲になった虐殺事件ですら、歴史に埋もれてしまう

2017年09月06日(水)11時20分
1500~2000人も犠牲になった虐殺事件ですら、歴史に埋もれてしまう

ベイルートのシャティーラ難民キャンプで8月12日に行われた「テルザアタルの虐殺」41周年の行進 撮影:川上泰徳

<ベイルートの難民キャンプで41年前に起こり、いまも深い傷跡を残す「もうひとつの虐殺」。繰り返してはならないはずの悲劇は、なぜいとも簡単に風化してしまうのか>

レバノンのベイルート南郊にあるシャティーラ難民キャンプの取材は今年で3年目となる。2015年以降、毎年1カ月から2カ月ベイルートに滞在し、取材してきた。今年は6月半ばから8月半ばの2カ月となった。

来年2018年は大規模なパレスチナ難民を生んだ1948年の第1次中東戦争から70年。その節目に合わせて、この70年間にパレスチナ難民がどのような経験をしてきたかを検証してみようと思って始めた取材だった。

最初からテーマを定めず、人々に幅広く話を聞きながらテーマを探した。どれだけ取材を重ねても、初めて聞く話が出てきた。取材を通して知ったのは1976年の「テルザアタルの虐殺」である。

いまは存在しないが、かつてベイルート東部に「テルザアタル」というパレスチナ難民キャンプがあった。5万人から6万人が住んでいたというから、現在のシャティーラ難民キャンプの3倍ほどの大きな難民キャンプである。

レバノンでは1975年にパレスチナ解放機構(PLO)支持者とキリスト教民兵の間の銃撃戦をきっかけとしてレバノン内戦が始まった。

内戦は90年まで15年間続き、シリアの介入やイスラエルの侵攻があり、宗教や宗派を超えて複雑に入り混じった内戦となったが、当初はキリスト教徒と、PLOにつながるイスラム教徒の間の抗争だった。

内戦の過程で、ベイルートはキリスト教徒が住む東部と、イスラム教徒が住む西部に分割された。東ベイルートにあったテルザアタル・キャンプは1976年6月22日から8月12日まで52日間、完全包囲され、キリスト教民兵の包囲攻撃にさらされた。

8月11日までにキャンプを拠点にしていたパレスチナ武装勢力が撤退し、12日に民間人がキャンプからイスラム地区の西ベイルートまで退避する合意ができた。しかし、キャンプを出てきたパレスチナ難民は西ベイルートに到着するまでにキリスト教民兵に殺害されたり、拉致されたたまま行方不明になったりした。犠牲者は1500人から2000人とされる。これが「テルザアタルの虐殺」である。

キリスト教民兵のスナイパーに狙われ、水汲みも命がけだった

テルザアタルの虐殺から41年目となる今年の8月12日、私はシャティーラ・キャンプにいた。

日本のNGO「パレスチナ子どものキャンペーン」が支援している「子どもの家」が虐殺41年を記憶するためにシャティーラ・キャンプからキャンプの外にある「パレスチナ殉教墓地」まで行進するというので、その行進を取材した。その日は「子どもの家」創設41年の記念日でもあった。子どもの家は、もともとテルザアタルの虐殺で親を失った孤児を救援するために作られた組織だった。

シャティーラ・キャンプの「子どもの家」には行進に参加する子供たちが集まっていたが、そこにテルザアタルで当時13歳の長男を民兵に連れ去られたという70代の老人がいた。「長男の行方は分からないが、忘れたことはない」と語った。41年たっても、親にとって子供を失った記憶は時間が止まったように色あせていない。

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)。最新刊は『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。
ツイッターは @kawakami_yasu

ニュース速報

ワールド

辞任するつもりはない=麻生財務相

ワールド

原油先物、14年終盤以来の高値近辺

ワールド

米司法副長官、トランプ氏にロシア捜査の標的でないと

ワールド

英中首脳が電話会談、化学兵器使用「容認できず」と表

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 3

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 4

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 5

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 8

    怖くて痛い虫歯治療に代わる、新たな治療法が開発さ…

  • 9

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 10

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知ってい…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    フェイスブックはなぜ全米を激怒させたのか

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 10

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!