コラム

悪いことは何でもブレグジットのせい?

2018年04月20日(金)16時40分
悪いことは何でもブレグジットのせい?

英議会前でブレグジット反対を訴える残留派の人たち(4月16日) Simon Dawson-REUTERS

<予想に反してブレグジット決定後も大惨事は訪れていないイギリスで、EU残留派は「ポンド下落」を騒ぎ立てるなど今でも理性的でない議論を振りかざす>

前回のブログで僕は、ブレグジット(イギリスのEU離脱)の是非を問う国民投票の後にポンドが急落したが、それ以降は以前の水準に回復してきていると書いた。僕がまたしてもこんなありふれた話題を持ち出そうとしている理由は、投票後数カ月の間、ブレグジットが招く大惨事の確たる証拠として、EU残留派からさかんにポンド「崩壊」が叫ばれていたからだ。
 
国民投票の前、僕たちは(IMFや、当時の英財務大臣、イングランド銀行総裁などなどから)ブレグジットに投票すれば恐ろしい経済的な結末、例えばただちに景気は後退し、増税もやむない緊急予算を立てるはめになる、というようなことを脅されていた。これらの脅し文句が現実にならなかったので、「EU離脱でイギリスは破滅」論にしがみついていた人々は、今度は「ポンドが下落したぞ!」を叫ぶしかなくなった。

そのやり方の問題点は、第一に、通貨は頻繁に変動するということだ。僕の収入は外国の通貨で支払われることが多く、さまざまな通貨の価値に従って自分の「報酬」が上下するから、僕はこのことをよく意識している。

次に、多くのイギリス人も認めるように、「弱い」ポンドは必ずしも悪いことではない。ポンド安はインフレを招く(これは通常、悪いことだ)が、輸出を促進する(こちらは基本的に良いこと)。僕の経験では、日本経済にとって輸出は極めて重要だから、大部分の日本人はこのことをしっかり意識しているようだ。

だが一般的なイギリス人は、休暇で外国旅行したときに使える金額が減るから、それに「弱い」という響きが悪いから、という理由で、弱い通貨は悪いものと考えがちだ。

いまだに分断され理性的でない

だからイギリス人は、ブレグジットの決定でポンドが下落したことに何度も歯ぎしりしてきた。でも次第にポンドが回復していることで、ポンド下落悲観論者たちが喜びに沸いたり反省したりしている様子もない。そして、ブレグジットが明らかに「誤った」決断でありブレグジット支持者は誰であれ単純にバカだ、と主張する彼らの自信が揺らいでいる気配もない。

現在のポンドは対ドル相場でざっくりと、ブレグジット投票の6カ月前の2016年1月、あるいは投票が議題に上るずっと以前の2009年2月に匹敵する水準だ。対円では、2009年や2011年のある時期に比べて約10~20%も高い。そしてもちろん、ここ数年で、ポンドが現在よりずっと高い時期も何度かあった。

通貨変動はさまざまなケースがありブレグジット投票が前代未聞のポンド崩壊を招いたわけではないこと、そしてイギリス経済への信用に永久的なダメージを与えたわけではないことを示すために、僕はあえていいとこ取りな例を挙げている。だからといって、ブレグジットが経済に何ら影響を及ぼさないと言っているわけではない。確実に影響するだろうし、少なくとも短期的には悪影響も与えるだろう。僕は、イギリスの人々が経済的な理由というより政治的な理由でブレグジットに賛成票を投じたと考えている。

僕はブレグジットの経済分析をしようとしているわけではない。むしろブレグジットの議論をめぐる、今でもとても分断されていて(どちらの側も)非常に理性的でない現在のイギリスの空気について説明しようとしている。目につくのは、ブレグジット反対派が、ほぼあらゆる悪いニュースを「ブレグジットの直接的な影響」とみなし、あらゆる良いニュースを「まあ、まだ実際にEUを離脱していないし」と片づけていることだ。

今ならうるせぇトリのスタンプGET!

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)など。最新作は『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)。
アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp >さらに読む

ニュース速報

ビジネス

日銀が金融緩和の持続性向上策を議論へ、長期金利目標

ビジネス

トランプ米大統領、FRBの利上げを再度批判 「米国

ワールド

アングル:カジノ関連国内企業の動き活発化へ、IR法

ワールド

米の車関税含む貿易制限措置、回避へ「粘り強く対処」

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 2

    ロシア、兵士や戦車を隠す「透明マント」を開発

  • 3

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲まない理由が悲しすぎる

  • 4

    トイレ普及急ぐインド 「辱め」を受ける外で排泄す…

  • 5

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 6

    感情をうまくコントロールできない子に育つ ヘリコ…

  • 7

    世界で10万人以上が学んできた「先延ばし」克服の科…

  • 8

    「ありがとう日本」中国人のワールドカップ反省会

  • 9

    自らを「ユダヤ人国家」と定めたイスラエルは、建国…

  • 10

    もはやトランプは米安全保障上の脅威──米ロ密室会談…

  • 1

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 2

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 3

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 一番怖いのはヒトだった

  • 4

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 5

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 8

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 9

    ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

  • 10

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 7

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!