コラム

イギリス究極の動物愛

2012年07月25日(水)15時30分

 動物に抱く愛情は、何だか妙なものだ。なぜなら大抵、僕たちは動物たちと交流でき、動物が人間のような感情を抱いているものだと(誤って)思い込んでいるものだから。たとえば、ネコが膝の上で丸くなってのどを鳴らしていれば、ネコが自分のことを「愛している」と思えてしまう。あるいは犬を叱りつけた時に縮こまってクンクン鳴いていれば、犬が「ごめんなさい」と謝っていると考える。

 でも合理的に考えて、僕はそうした見方をちょっとばかにしてしまう。そんな事実はいっさいないからだ。人間が単に、(僕がどこかで読んだ言葉を借りれば)「擬人化せずにはいられない症候群」に陥っているだけのことだ。

 あるいは僕たちは、ある動物にさまざまな良さを見出して愛するのかもしれない。かわいらしさ、気高さ、優美さ......。大抵、こうした特徴は僕たちが勝手に押しつけたもので、動物たちに備わっている客観的事実ではない。

 つまり、動物への愛情は動物そのものよりも、人間について多くを物語っているということだ。だから、表向きはイギリス関連の事柄をつづっているこのブログで、僕がハリネズミについて書いたとしても、読者はきっと受け入れてくれると思う。なぜなら、イギリス人が「ハリネズミ愛」を抱いていることに、僕は最近気付いたからだ。

 これは僕にとって面白い発見だった。僕がハリネズミ好きなのは、そこらの人たちとはちょっと違う個人的な変わった好みだとばかり思っていたからだ。だがそれどころか、ハリネズミ好きな僕はむしろ、典型的なイギリス人ということになる。

■ハリネズミは自己イメージにぴったり

 なぜ僕がハリネズミ好きなのかは、うまく言えない。ハリネズミは(当然ながら)針だらけだからなでるわけにもいかないし、ノミを媒介する。人間との交流といえば、すぐに丸まることくらいだ。無理にでも好きな理由を言えと言われれば、おそらく僕はハリネズミの奇妙な見てくれをかわいらしく思うことと、ハリネズミが僕の子供時代を思い起こさせるからだと答えるだろう(僕が子供だった当時ハリネズミはしょっちゅう出没したけれど、それでも見つければいつもワクワクした)。ハリネズミは虫を食べてくれるから「ガーデニングの友」だと言うイギリス人もいる。

 実際のところ、僕はこう感じるようになった。今のイギリスのハリネズミ人気は、イギリス人が感傷的にしがみつきたい「イギリス人像」と関係があるんじゃないだろうか。

 イギリスには極端なものがない。高山や砂漠といった特異な地形もないし、猛威をふるう気候もない。代わりに、わりと頻繁に雨が降り、生垣や草地が多いくらいなもの。イギリス人は自分たちが、急進的な政治思想や強烈な感情などには左右されない分別ある落ち着いた国民だと考えたがる。イギリスの野生動物もあまりパッとしない(ライオンやゾウ、ゴリラ、毒ヘビやワニなど、動物園での花形の動物はいずれも、イギリス出身ではない)。
 
 その点、控えめで風変わりで愛嬌のある小動物のハリネズミは、イギリスの国民性やお国柄、環境などに関して僕たちが描く自己イメージによく当てはまる。

■国を挙げた救済の動きも

 そんなハリネズミが今、危機にひんしている。僕の子供時代には、たくさんのハリネズミが生息していた(文献によると、60年前には3600万匹いたらしい)。11月のボンファイア・ナイト(17世紀の国会議事堂爆破未遂事件を記念して行われるかがり火のイベント)の前には、よく言われたものだ。数日前から前もって薪を積んでいたなら、火をつける前にハリネズミが中で巣を作っていないか確認しろ、と(ハリネズミの冬ごもりの場所には最適な場所だった)。

 今ではハリネズミの数は200万以下になり、絶滅の危機さえ叫ばれている。害虫駆除薬や自動車、芝刈り機もハリネズミを脅かす(これらはすべて今のイギリスで増え続けている)。

 道路や鉄道の担当機関がハリネズミ保護の対策を講じるようと、法律でハリネズミを救済する動きも始まっている。このキャンペーンは「セーブ・ハリー」と呼ばれている。日本語がハリネズミだから、偶然の一致に驚いた(英語ではHedgehog)。

 そんな今日この頃、僕はわが家の庭に小さなコーナーを設けようと計画中だ。すみかを探すハリネズミにぴったりな一角を。どこかからハリネズミがやってきて、僕と暮らし始めたら最高だと思う。もちろん、そのハリネズミも僕のことを大好きになってくれるはずだ。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

プーチン大統領18日訪朝、24年ぶり 関係強化の動

ワールド

中国のEU産豚肉調査、スペインが交渉呼びかけ 「関

ワールド

パレスチナ自治政府、夏にも崩壊 状況深刻とノルウェ

ワールド

ロシア、拘束中のWSJ記者の交換で米国と接触=クレ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 4

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドン…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 7

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 8

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 9

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 10

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story