コラム

話題書『ネットは社会を分断しない』は、単なる「逆張り」本なのか?

2020年02月07日(金)19時45分
話題書『ネットは社会を分断しない』は、単なる「逆張り」本なのか?

Satoko Kogure-Newsweek Japan

<「ネットは社会を分断しない」は本当か――。ネットは社会の分断に寄与している、という従来の「ネット悪玉論」に異を唱える新説が登場した。だが、本当にそうなのか? 同書の「逆張り」にこそ異を唱えたい>

今回のダメ本

amazonnet.jpg

『ネットは社会を分断しない』
 田中辰雄、浜屋敏 著
 角川新書

困ったタイトルの本が出たな、というのが最初の感想だった。一応、断っておくと、同書による調査結果そのものが困ったという話ではない。上がってきたデータをどう子細に読み解くかが大事なのに、「インターネットで分断は進まない」という結論の新奇性に飛び付く人は絶対に出てくるだろうと思ったからだ。

「逆張り」──市場で、市場人気に逆らって売買すること(「日本国語大辞典」より)──好きはいつの時代もいる。典型的な困った書評は早速出た。2019年11月30日付の朝日新聞に掲載されたもので、執筆者は同紙論説委員の石川尚文である。

田中説への批判は多少は書いてあるものの、基本的には好意的に評しており、結論は「安易なネット悪玉論に対し、データを示して正面から疑義を突きつけた意味は大きい」と結ぶ。発売から間もなくして書評が出たことは、メディアが注目している証しだ。

私は筆者の1人である慶応義塾大学の田中辰雄教授(計量経済学)と、インターネットテレビの番組で1度議論した。その場で本人にも伝えたが、このデータを読み解く限り、「ネットは分断をもたらす」という多くの先行研究は覆せないと考えている。この本のベースになっているのは、3回にわたって筆者らが取り組んだ、2万~10万人規模のアンケート調査の結果である。

象徴的な結果と分析を紹介しておこう。彼らは「憲法9条改正」「原発廃止」といった、リベラル派と保守派で賛否が分かれそうな政治的イシューについて、調査を試みた。

その結果、ネットに多く触れている若年層のほうが、高齢者よりも分極化していないことが分かった。ネットが分断を呼ぶのであるならば、ネット利用に積極的な若い人ほど分極化していないとおかしいはずだ──。

プロフィール

石戸 諭

(いしど・さとる)記者/ノンフィクションライター。1984年生まれ、東京都出身。立命館大学卒業後、毎日新聞などを経て2018 年に独立。著書『リスクと生きる、死者と生きる』(亜紀書房)が読売新聞「2017年の3冊」に選出される。2019年より東京大学非常勤講師。

ニュース速報

ビジネス

米GDP改定値、10─12月期は2.1%増 新型肺

ビジネス

新型肺炎、経済に長期的な影響まだ及ばず=ECB総裁

ビジネス

FRB、目標上回るインフレ率の許容が不可欠=シカゴ

ワールド

IMF、世界経済見通し下方修正へ 新型ウイルス流行

MAGAZINE

特集:AI時代の英語学習

2020-3・ 3号(2/26発売)

自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

人気ランキング

  • 1

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 2

    「送料無料」でも楽天はアマゾンに勝てない あえて三木谷氏にダメ出しする

  • 3

    米軍を襲ったイラン謎の衝撃波、解明には数年かかる

  • 4

    クルーズ船のフィリピン人80人に陽性反応 約400人は…

  • 5

    徹底したウイルス対策実施のシンガポール 他国が真…

  • 6

    すでにTOEIC960点越え、日本の第一人者に「国産」機…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 9

    新型コロナウイルス最大の脅威は中国政府の隠蔽工作

  • 10

    新型コロナウイルスを媒介したかもしれない「センザ…

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 3

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 4

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

  • 7

    アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

  • 8

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 9

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いす…

  • 10

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!