コラム

研究者ですがフェイスブックにアカウントを永久停止されました

2018年11月26日(月)20時45分

その報道なりレポートなりの著者が、わたしの批判で気分を害したということはあるかもしれないが、それをFacebook側が自分の判断で理解できるとは思えない。その著者本人がFacebook側に文句をいったとしか考えられない。でも、そんなまちがった、あるいはおかしなものを書くほうが悪いと思うのだが。当然、こちらは、何の根拠もなく批判しているわけではない。

やはり、テロ関係のほうが可能性が高いのか。しかし、仮にそうだったら、少なくともこちらにはテロ組織の宣伝をした記憶は一切ない。テロを報じる報道へのリンクを貼ることも許されないということであろうか。

もちろん、わたしがテロを非難しているのは、投稿をきちんと読んでくれれば、人間だったら、すぐにわかるはずである。Facebook上の小生の「友達」は原則として同業者を除けば、知り合いか知り合いの知り合いに限定される。フォロワーについては、それほど数は多くないものの、おそらく小生が何をやっているのかわかっていてフォローしているのだと思う。そうした人たちのなかには少数とはいえ、小生が投稿する情報を期待していた人もいたであろう。

というわけでその旨をFacebookのヘルプセンターに伝えた。すると、何度かのやりとりのうち、おまえのアピールを検討した結果、おまえのアカウントを再開したと連絡があり、実際にアカウントが再開されたのである。

hosaka181126-4.png

6月16日

あぁ、よかったとホッとしたところで、「戻りましたよ」的な投稿をしたのは覚えている。あるいは、ついでに中東関連の報道のリンクを貼ったかもしれない。

やりとりは英語のみ、相手が人間かどうかも分からない

ところが、わずか数日で何とまたアカウントが停止されてしまったのだ。少なくとも、このときは怪しげな情報を投稿したことは絶対になかった、と断言できる。しかし、またアカウント停止の憂き目である。

再検討した結果、再開したのだから、アピールは受け入れられたはずである。つまり、小生の投稿には問題がなかったと彼らはこの時点で判断したはずだ。それなのにふたたび停止である。では、彼らは小生の投稿の何をみて、何を理由にアカウントを停止したのであろう。

そこで、またヘルプセンターに苦情をつたえたのだが、そこから先は、暖簾に腕押しというか糠に釘というか、ぜんぜん話が噛み合わない。しかも、なぜだか全然わからないのだが、この間のFacebook側とのやりとりは基本、英語で行われている。その理由がわからない。

前回、アカウントが停止されたときの記録をみると、ちゃんと日本語でやっているのだ。なのに、今回ははじめから英語のみである。そのつど日本語のできるやつと話をさせろといっているのに、それに対する反応は一切ない。もしかしたら、わたしのアカウントや投稿にクレームをつけてきたのは日本人ではないのか?

たしかに投稿は、英語、アラビア語、日本語の3言語で主にやっていたが、こっちは日本人なんだしと日本語で連絡しろといくら主張しても、英語で一方的におまえは規定に違反しているから、ダメというだけなのだ。

hosaka181126-5.png

再開したときとまったく同じメッセージが再び送られてきた(6月16日)

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所理事・中東研究センター長。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

ニュース速報

ビジネス

シャオミ、株式売却などで39億ドルを調達

ワールド

豪中銀、必要なら金融緩和拡大の用意=ロウ総裁

ビジネス

午前の日経平均は小反落、TOPIX高く強い基調は維

ビジネス

コロナ影響注視、必要なら特別プログラム期限延長=雨

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す研究結果

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 6

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 9

    アメリカ中西部にコロナ感染の大波 医療現場は崩壊…

  • 10

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 9

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 10

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!