コラム

研究者ですがフェイスブックにアカウントを永久停止されました

2018年11月26日(月)20時45分
研究者ですがフェイスブックにアカウントを永久停止されました

Dado Ruvic/Illustration-REUTERS

<アカウントを停止され、ヘルプセンターに苦情を言った。最終的に永久停止されるまでの、不毛なやりとりの記録>

今年の6月のことである。自分のFacebookアカウントにアクセスしようとしたら、できなくなっていた。そして「アカウントが停止されました」のメッセージが......。

hosaka181126-2.png

自分のアカウントが停止されたのはこれで2度目である。心当たりがないので、ヘルプセンターに苦情をいった。以下はその不毛なやりとりの記録である。

前回、2015年にも似たようなことがあったが、そのときは若干、心当たりがあったので、やばいなあと思いながら、心を入れ替えて二度と怪しげなことをいたしませんといって、再開してもらった。もちろん、怪しげなといっても、違法なことをしていたわけではない(もちろん、Facebookの規定に違反していた可能性は否定しない)。

当時はテロ組織イスラーム国(IS)のテロが猖獗(しょうけつ)をきわめていたころだったので、義憤にかられながら、彼らの声明などをアラビア語のまま、あるいは日本語に訳して紹介していたのである。場合によっては、彼らの公開したビデオへのリンクなども貼っていたと記憶している。

そしたら案の定、アカウントを停止されてしまったのである。そこで、上述のように、心を入れ替え、投稿には注意するからといってアカウント停止を解除してもらったのだ。ただし、Facebook側からは、どの投稿が違反したかは一切連絡がないので、ほんとうにテロ関係が理由かどうかは不明である。

とはいえ、ほかに思い当たる節はないので、再開してもらって以降は、ISなどテロ関連の投稿をする際には、彼らの声明を直接投稿したり、リンクを貼ったりするのではなく、かならず報道へのリンクを経由させることにしたのである。

したがって、それ以後はずっと慎重にFacebookの規定を遵守していると確信していたのだが、突然のこの仕打ちである。

中東報道への「学術的」な批判が「他者を傷つけた」?

ちなみに以下が6月の小生の苦情に対するFacebookからの回答である。

hosaka181126-3.png

6月13日

おまえのアカウントを検討してみたが、Facebookの規約にしたがっていないと結論した。このためおまえのアカウントは永久的に失われる。われらの主たるプライオリティーの一つは、Facebook利用者の安寧と安全であり、われわれは、Facebook上で他者を傷つけたり、暴力組織を支援したり、過激な画像を投稿したりなど、たしかな脅威を許さない。Facebookのポリシーについてもっと知りたければ、Facebookコミュニティー規定をご覧ください。という内容だ。

人を傷つけたり、不快にさせたりするようなことをした覚えはない。可能性としては、インターネット上にある中東関連の報道やレポートなどに、これはまちがっているのではないかとか、これはおかしいのではないかとか、「学術的」で「理性的」な立場から批判をしたことはあるので、それだろうか。

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所研究理事。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 4

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 8

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 9

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 10

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!