コラム

【人生相談】「僕は30歳の異性愛者で、童貞」不安な自分の卒業方法

2019年12月11日(水)17時10分
【人生相談】「僕は30歳の異性愛者で、童貞」不安な自分の卒業方法

PHOTO ILLUSTRATION BY YUKAKO NUMAZAWA, PHOTOS BY sunabesyou-iStock/shin28-iStock

<結婚し、子供を持ち始める同年代の男たち。自分は孤独死することになるのか──。米小説家ミシェル・ハーマンの助言は?>

Q:僕は30歳の異性愛者で、この年で童貞。口が裂けても言いたくない秘密です。人に打ち明けたことが何度かあるけど、そのたびに残酷にからかわれた。

人付き合いは普通にできるが、親しい友人はあまりいない。同年代の男たちはそろそろ結婚し、子供も持ち始めている。自分は孤独死することになるのかと不安になる。高校時代はセックスとかデートなんて想像しただけで怖くて避けていた。大学では高校時代に経験しなかったことを人に悟られまいとオドオドし、大学を出てからは学生時代に経験できなかったことを恥じてきた。

シングルズバーの雰囲気は苦手だし、出会い系サイトにまつわる怖い話はさんざん聞かされている。それでもネットで出会いを求め、デートも2、3回した。まだ気の合う女性には出会っていないが、自信をつけようと頑張っている。

だけど僕の秘密を知ったら、相手がどう反応するか怖くてたまらない。セックスの仕方も分からない。ポルノは山ほど見たが、現実とは違うと思う。こんな情けない僕だけど、どうすればいいでしょう。

── 中年童貞

A:はっきり言いますね。未経験と知って去っていく女性もいるし、1人の人間としてのあなたに引かれて、経験の有無などどうでもいいと思う女性もいるはず。問題は、あなたがどんな反応を望んでいるか。経験豊富な女性に「1から手ほどきしてあげるわ」と言われたいのか、自分と同じようにウブな相手と一緒に試行錯誤したいのか。自分の気持ちを見つめることは、恋人探しにも役立つし、見つけた後の対処にも役立つはず。

いざ、そういう雰囲気になったら、大事なのはコミュニケーション。相手が気持ちいいと感じているか、どんなやり方が好みか聞いて、自分の好みも伝えること。アリソン・ムーン著の『ガール・セックス101』はレズビアン向けの本だけど、女性を性的に楽しませる方法を学ぶにはおすすめ。参考にして。

── ミシェル・ハーマン(小説家、スレート誌人生相談員)

©2019 The Slate Group

<2019年11月5日号掲載>

▼あわせて読む
【人生相談】娘の服装が「セクシー過ぎ」だといけないの?(夫は反対するけど)
【人生相談】私はゲイ「ハンサムないとこと一線を越えそうです」

20191217issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月17日号(12月10日発売)は「進撃のYahoo!」特集。ニュース産業の破壊者か救世主か――。メディアから記事を集めて配信し、無料のニュース帝国をつくり上げた「巨人」Yahoo!の功罪を問う。[PLUS]米メディア業界で今起きていること。

プロフィール

スレート誌人生相談員

育児や家庭生活から人間関係、セックスまで、誰にも言えないあらゆる悩みに米作家やライターが答えます。

ニュース速報

ワールド

英国でコロナ感染拡大 保健相は全土ロックダウン明言

ビジネス

スペインのカイシャバンクとバンキアが合併発表、国内

ビジネス

フランス政府、閉鎖検討のブリヂストン工場に閣僚を派

ワールド

日米首脳電話会談、早期実現へ調整=加藤官房長官

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    ロシアの毒殺未遂にメルケルが強気を貫けない理由

  • 2

    中国とのライバル関係を深刻に扱うべきでない理由

  • 3

    過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

  • 4

    ネットフリックス配信映画『キューティーズ!』がま…

  • 5

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 6

    ツイッター、トランプの投稿にイエローカード バイデ…

  • 7

    ファイザーの新型コロナワクチン後期試験、被験者に…

  • 8

    トランプお墨付きの「Qアノン」が笑い事では済まされ…

  • 9

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 10

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 1

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 4

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベ…

  • 5

    【動画】海辺を歩く2頭のライオンに視聴950万回

  • 6

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 7

    仏シトロエン、14歳から免許不要で乗れる2人乗りEV「…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 10

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 1

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 4

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 5

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    中国はなぜ尖閣での漁を禁止したのか

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!