コラム

【人生相談】私はゲイ「ハンサムないとこと一線を越えそうです」

2020年01月29日(水)18時15分
【人生相談】私はゲイ「ハンサムないとこと一線を越えそうです」

PHOTO ILLUSTRATION BY YUKAKO NUMAZAWA, PHOTOS BY Hirurg-iStock/Mixmike-iStock

<15年ぶりの再会。すぐに打ち解け、夜を徹して酒を飲み、そのうち彼はベタベタと私の体に触れてくるようになり──。スレート誌人生相談員リッチ・ジャズウィアックのアドバイスは?>

Q:最近、親族の結婚式でいとこと約15年ぶりに再会しました。彼は20歳代前半で私は30歳代前半です。子供の頃の彼にとって私は尊敬の対象で、よく彼の相手をしたものですが、私が大学に進学してから付き合いは絶えていました。彼も家を出て進学し、かなりの収入があります。ハンサムな大人の男になっていて驚きました(私も男で、ゲイであることを親族は知っています)。

いとことはすぐに打ち解けて、夜を徹して酒を飲みました。そのうち彼はベタベタと私の体に触れてくるようになり、性的指向についての悩みを口にし、「その点について話す」ために私の家に来たいと言いだしました。

彼の力にはなりたいけれど、互いに魅力を感じている節もあり、今度会ったらベタベタするだけでは済まないように思います。そうなれば親族は大騒ぎでしょうし、私も相手が子供時代に面倒を見ていたいとこなので、後ろめたさも感じます。私は彼を支え、一定の距離を置いた付き合いをすべきでしょうか?

── 我慢の限界男

A:一線を越えることなく彼を支えてあげることは可能ですし、そうすることをお勧めします。

それはいとこだからではなく、約10歳もの年齢差があって、子供時代の彼にとってあなたが尊敬の対象だったからです。彼にとってあなたは一種の権威的な存在です。大人になったばかりの彼の脳は今も発達の途上にあります。彼の自己受容の過程をこれ以上、混乱させる危険を冒すのはやめましょう。

男性は同性との初めての性行為の後には自分自身に戸惑うことがよくありますが、相手があなたであれば混乱に拍車が掛かるかもしれません。彼があなたの言うようにセクシーな男性なら、手ほどきしてくれる別の相手を見つけられるはずです。私がこれだけ慎重なのは、下半身ではなく理性でこの状況を吟味することができる立場にあるからです。

── リッチ・ジャズウィアック(ライター、スレート誌人生相談員)

©2019 The Slate Group

<2019年11月19日号掲載>

▼あわせて読む
【人生相談】「僕は30歳の異性愛者で、童貞」不安な自分の卒業方法
【人生相談】「婚約者の両親と距離を置きたい」どうすればいいですか?

20200204issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月4日号(1月28日発売)は「私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】」特集。声優/和菓子職人/民宿女将/インフルエンサー/茶道家......。日本のカルチャーに惚れ込んだ中国人たちの知られざる物語から、日本と中国を見つめ直す。

プロフィール

スレート誌人生相談員

育児や家庭生活から人間関係、セックスまで、誰にも言えないあらゆる悩みに米作家やライターが答えます。

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、コロナ対策協議巡り民主党を非難

ワールド

同性カップルに法的保護を、ローマ教皇が明確な擁護発

ビジネス

寄り付きの日経平均は反落スタート、米国株下落と円高

ワールド

米コロナ感染、中西部で拡大 6州で1日当たり死者が

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を拒否

  • 3

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与 ジョコ大統領と安保、医療でも協力を決めたが──

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 6

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 7

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 8

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 9

    台湾近くに極超音速ミサイル「東風17号」を配備した…

  • 10

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!