コラム

雪だるまに「意見」を言う人たち──「多様性」を考えるジョーク

2020年03月13日(金)13時50分
雪だるまに「意見」を言う人たち──「多様性」を考えるジョーク

ILLUSTRATION BY AYAKO OCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

<題材は、雪だるま(スノーマン)。少し前に欧米で流行したジョークを紹介しよう。世界各地でジョークを収集してきたノンフィクション作家、早坂隆氏によるジョーク・コラム第5回>

【雪だるま】
とある雪の日、私は庭先に雪だるま(スノーマン)をつくった。すると通行人のフェミニストから、

「なぜスノーウーマンをつくらないのか?」

と言われた。私はスノーウーマンをつくった。

5分後、別のフェミニストから、

「スノーウーマンの胸を強調し過ぎではないか?」

と言われた。私はスノーウーマンの胸を小さくした。

10分後、ゲイのカップルから、

「なぜ男女のカップルなのか? スノーマンを並べたバージョンもつくるべきだ」

と言われた。私はスノーマンをもう2体つくって並べた。

30分後、ビーガン(完全菜食主義者)から、

「なぜニンジンを鼻に使ったのか? 食べ物として扱うべきだ」

と言われた。私はニンジンの鼻を取った。

1時間後、イスラム教徒から、

「なぜスノーウーマンの顔を布で隠さないのか?」

と言われた。私はスノーウーマンの顔を布で隠した。

後日、私は「レイシスト」と呼ばれた。なぜなら、私のつくった雪だるまが全て白かったためである。

◇ ◇ ◇

これは少し前に欧米で流行したジョーク。さまざまなバージョンがあるが、概して「行き過ぎた多様性社会」を風刺する内容となっている。

「多様性」はもちろん重要な概念である。性別や人種などによる不当な差別を解消するための言論に対し、社会はしっかりと耳を傾けるべきである。そのこと自体に否定的な人は少ないだろう。

しかし、どんなことでも行き過ぎは禁物。多様性を「錦の御旗」のごとく絶対視するだけでは暴走することもある。多様性という言葉の中に潜在する負の側面にも丁寧に目を配る姿勢が、「健全な多様性」を育んでいくためにも重要ではないか。

実際、このようなジョークの流行が示すとおり、一部の人々の過激な主張によって「社会が生きづらくなっている」と感じている人は世界的に多いのである。

プロフィール

早坂 隆

ノンフィクション作家、ジョーク収集家。著書に『世界の日本人ジョーク集』『新・世界の日本人ジョーク集』(共に中公新書ラクレ)、『指揮官の決断――満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』(共に文春新書)など。最新刊は『ペリリュー玉砕――南洋のサムライ・中川州男の戦い』(文春新書)。

ニュース速報

ビジネス

クルーズ船運航の米カーニバルが起債・新株発行、高コ

ワールド

米国の新型コロナ死者4800人に急増、全人口の8割

ワールド

米政権、カリブ海で軍事プレゼンス増強へ コロナに乗

ワールド

日本の場合、自粛疲れには程遠い=新型コロナで小池都

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがいつかは死ぬ」

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    あの除草剤ラウンドアップに新たな懸念......水中の…

  • 7

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 8

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    安倍首相「全世帯に布マスク配布、邦人含む全入国者に…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!