コラム

パックス・アメリカーナの終焉と、それでも続く無秩序な世界の進歩

2019年01月16日(水)17時10分
パックス・アメリカーナの終焉と、それでも続く無秩序な世界の進歩

ドイツのハノーバーで極右勢力を支持する人々 DAVID SPEIER-NURPHOTO/GETTY IMAGES

<従来のシステムは疲弊しようと、19年も(無秩序な)進歩は続く>

覚えているだろうか。ほんの10年ほど前まで「民主主義と自由市場資本主義は勝利した」とみられていた。1940年、後に米上院議員になる人物が中国に対するアメリカの政策について述べたように、グローバル化は世界の人々の生活水準を「上げて上げて上げまくり、世界中の町がカンザスシティーのようになる」と信じられていた。

当人はこの何げない一言が、その後の世界の成功と挫折を的確に言い当てていたとは想像さえしなかっただろう。ところが2019年の世界を形づくるのも、この成功と挫折であることは間違いない。

第二次大戦後に「パックス・アメリカーナ(アメリカによる平和)」は勝利を収めた。統制ある市場資本主義の世界的な広がり、民主主義、教育、個人の権利、経済発展、技術革新......。だがその勝利は、19年以降に世界が直面する課題と危機の数々の前兆でもあった。あらゆるシステムに相当な傷みが生じており、機能不全に陥る恐れもある。

この特集(本誌年末年始合併号:特集「ISSUES 2019」)では名だたる論者たちが、世界の政治、経済、社会秩序に予想される変化について論じてきた。これらを踏まえると、19年に私たちの前に立ち現れる世界の展開は以下のようなものになるだろう。

技術革新や経済・社会の変化が加速する。その動きの背景として挙げられるのは、中国の習近(シー・チンピン)平国家主席が共産党による人々の日常生活への関与を再強化しようとしていることだ。

リベラルな論者は、経済的な成功や革新的な社会は多様な意見を出し合い、権力を分散することで実現すると考えてきたが、そうではないケースがもたらされるかもしれない。どちらが有効かという結論は1年やそこらでは出ないだろうが、習は今後も国家主義的な方法で国民の支持を集め、リベラルな思想や動きへの統制を強め、国外への影響力を増していく。

「他者」への高まる敵意

労働者階級や中流層の賃金は伸び悩み、雇用は国外に流出している。世界の市場が統合され、資本やモノだけでなく労働者も自由に移動するようになった。

低賃金の外国人労働者や移民、技術革新によって、多くの雇用が奪われている。不満を募らせた人々は、既成政党や指導者への批判を強める。労働市場や社会の不安定な状態は、新しい年にも続くだろう。

アメリカの国際的地位はさらに低下し、中国はますます強気になる。EUは労使関係や失業問題、財政、そして組織としての課題に苦闘するだろう。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

ニュース速報

ワールド

トランプ氏のシリア撤収決定に反対、米超党派議員が決

ビジネス

中国鉄鋼業界の分裂進む、小規模製鋼所が生産拡大=団

ワールド

香港行政長官が施政方針演説、一部議員の妨害で中断

ビジネス

米民主党討論会、勢いづくウォーレン氏の医療保険案が

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    自宅でのネコの態度で分かる! 飼い主との生物の種を超えた絆とその幸福度

  • 4

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 5

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 6

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 7

    NBA騒動に学ぶ「かんしゃく国家」中国との付き合い方

  • 8

    米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

  • 9

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 10

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 4

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 5

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 6

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 7

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

  • 8

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 9

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 10

    勉強熱心な韓国市民の愛読書はニッポン本

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!