コラム

企業もスパイ機関も同じ CIAが説く意外な最強リーダー論

2018年08月22日(水)11時15分
企業もスパイ機関も同じ CIAが説く意外な最強リーダー論

テネット元CIA長官(左)は人柄も行動も優れたリーダーだった CHARLES OMMANNEY/GETTY IMAGES

<優れたリーダーシップとは何か? CIAでリーダー育成プロジェクトを開発した元担当者が明かす組織を成功に導く大原則。本誌8/21発売号「CIAに学ぶ最高のリーダー論」特集より>



※本誌8/28号(8/21発売)「CIAに学ぶ最高のリーダー論」特集では、最強スパイ機関を最強たらしめる意外なマネジメント術に迫る。他に、米海兵隊リーダー11の鉄則、知性派国防長官マティスの本棚も公開。

皆さんは「優れたリーダー」と聞いてどんな人物を想像するだろうか。勝負ネクタイを締めた白髪の大企業家? それとも物語に登場する「白馬に乗った王子」だろうか。いずれにせよ、自信に満ちていて、勇敢で、力強く指揮を執っているイメージだろう。

リーダーシップに関する本や専門家の話は技術論が中心で、たいてい事業に成功した人の経験談や、成功したと宣伝したい人の自慢話であふれている。そして、そこには常に「トップ」を演じる人の存在や、見習うべき行動が示されている。ライバルより自信を持って行動せよ、積極的になれ、決断力を発揮しろ、などというように。

だがCIA(米中央情報局)で私が経験した限り、優れたリーダーはカリスマ的な人物というわけではなかった。良きリーダーとは集団や組織を成功に導くような一連の資質と行動を備えた人物のことだ。偉そうな風貌や冷淡になりがちな「強さ」よりも、人を育てる能力のほうがリーダーには重要だ。

CIAで専門知識と指揮命令系統が大切なのは当然だ。だが良きリーダーとなる鍵は軍事・諜報作戦の成功の鍵と同じ。集団力学を理解できる感受性と、構成員や組織全体を成功に導くようサポートできることこそが、米軍やCIAにおけるリーダーシップの核心と言える。

20年ほど前、米議会は当時のCIAに不満を抱いていた。CIA内部のリーダーシップ体制が貧弱だというのがその理由だ。その頃のCIAは幹部が攻撃的なことで知られており、彼らは部下に対する指導よりも作戦を優先していた。CIA内では「管理」は人間の仕事ではなく機械化された作業として、軽視されていたからだ。

ジョージ・テネットCIA長官から問題解決の指示を受けた人事部トップからの要請で、私はリーダーシップの本質を組織に浸透させるプロジェクトに参加することになった。

この作業を通じて、私は約20年の諜報活動の現場で学んだことについて、意識して考える機会を得た。いかなる組織においても(諜報機関でも企業でも軍隊でも、どんな民間の組織でも)リーダーは組織を「人間の集団」として扱うことが重要だ。リーダーシップとは、逆説的だがつまるところ個々の構成員の行動なのだ。だから、良き指導者や成功する組織は、あらゆる階級の構成員にリーダーシップの資質と行動とは何かを浸透させ、互いに協力するよう指導し、他の構成員の成功に貢献するようたたき込む。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!