コラム

習近平は西側の味方か

2010年10月19日(火)18時31分

pass_101010.jpg

王子 元副首相を父親にもつ血筋のよさは習の泣き所
Sergei Karpukhin-Reuters

 ジョー・バイデン米副大統領が、08年大統領選の予備選で民主党候補の座を目指して戦っていた頃のこと。当時ライバルの一人だったバラク・オバマの経験不足を、バイデンは容赦なく攻撃した。「大統領というのは、やりながら学べるような仕事じゃない」

 中国ほど、この言葉がふさわしい国はないだろう。長い年月をかけて下級官僚から地道に共産党内での地位を高め、食うか食われるかの世界でトップを目指して突き進む。成功するには党への忠誠心と経済分野での功績、舞台裏での巧みな駆け引きがカギとなる。

 10月18日、中国共産党の第17期中央委員会第5回総会で習近平(シー・チンピン)国家副主席が中央軍事委員会副主席に就任することが決まった。これは習が中国政界の厳しい出世レースを勝ち抜き、胡錦濤(フー・チンタオ)の後継者として2012年に国家主席に選出されることが内定したことを意味する。中国の指導者になるには、軍の監督役としての経験は欠かせないものだ。

 欧米にとっては、習は好ましい後継者だろう。ブルッキングズ研究所の中国専門家チョン・リーは07年の記事で、次のように説明している。


 地方の経済改革を主導した経験がある習は、市場寄りの改革路線に肯定的な人物で、担当した各行政区で民間産業の促進に力を注いでいた。彼が政策的に重視しそうなのは、経済効率の向上と市場開放の促進、経済成長率の維持、そして世界経済と中国経済の結びつきを強めることだろう。


■李克強副首相の線も消えていない

 習の泣きどころは「王子様」的な生い立ちだ。これまでも献身的な働きぶりを評価されたというより、一族が培ってきた人脈を武器に出世してきた。父親は習仲勲(シー・チョンシュン)元副首相だ。

 国内では、共産党のこうした若手グループに対して批判的な見方も多い。しかし習の場合は確かな実績があり、評判も高い。08年に監督役を務めた北京オリンピックは見事に成功し、昨年には建国60周年の記念式典を取り仕切った。法学の学位と化学工学の修士号を持ち、汚職に対しては厳しいことで知られる。ちなみに妻は有名な人民開放軍の歌手だ。

 習は10月13日に行ったマックス・ボーカス米上院財政委員長との会談で、アメリカと協力関係を強固にしていくことを約束した。しかし過去には、外交的に好ましくない発言をしたこともある。09年に中南米を歴訪した際は現地の反米熱に感染したかのようで、集まった中国系移民たちの前でこう語った。

「自分たちは腹いっぱい食べておきながら、私たちの問題を非難するばかりで何もしない外国人がいる。しかしわれわれ中国は、第1に(共産主義)革命を輸出しない。第2に、貧困と飢えも輸出しない。第3に、国外における不要なトラブルの原因にもならない。それ以上、何があるというのか」

 多くの専門家は習が胡錦濤の後継者になるとみているが、李克強(リー・コーチアン)副首相との後継争いの噂も消えてはいない。党内に強い影響力を持つ共産主義青年団から支持される李は、胡錦濤からの庇護も受けていた。

 もっとも今のところは、習と李の間に亀裂があるようには見えない──少なくとも、国民の目に触れるほど明らかな形では。李は中国の政治体制におけるナンバー2である首相として、温家宝(ウエン・チアパオ)の後継者になるとみられている。

──ブレイク・ハウンシェル
[米国東部時間2010年10月18日(月)06時41分更新]

Reprinted with permission from "FP Passport", 19/10/2010. © 2010 by The Washington Post. Company.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

焦点:トランプ政権誕生ならインフレ再燃、FRBに新

ビジネス

半導体大手STマイクロ、通期予想を2度目の下方修正

ビジネス

独IFO業況指数、7月は87.0に低下 悲観的見方

ビジネス

現代自動車、第2四半期は過去最高益 米国でSUVな
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 3
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 6
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 7
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story