コラム

グーグル撤退を貿易戦争に発展させるな

2010年03月25日(木)18時14分

 

一歩も譲らず グーグルの撤退発表を受けて中国は報復措置を検討している
(写真は3月23日、封鎖された北京のグーグル中国支社)
Jason Lee-Reuters
 

 インターネット検索の最大手グーグルが中国本土でのネット検索事業から撤退し、香港経由でサービスを提供すると発表してから数日。中国側もグーグル側も一歩も引く気がないことが、日増しに明確になってきた。実際、中国当局はグーグルの無頓着さに対する報復措置も検討しているようだ。

 一方、グーグルは従来からの方針に沿った対応をしているようだ。香港への拠点変更を主導したデービッド・ドラモンド副社長は、アトランシック誌のジェームズ・ファロウズ記者のインタビューに応じ、グーグルに対する中国発のハッカー攻撃が撤退の決断に影響を与えたのかという疑問に明確に答えている。


 中国からのハッカー攻撃では、中国内外にいる人権活動家のGメールアカウントに侵入しようとしたケースが際立って多い。彼らは、侵入を阻止しようとするグーグルのシステムを経由してハッキングを試みた。さらに、中国内外の政治活動家でGメールユーザーである個人への攻撃も別途行われた。一連のハッカー攻撃に政治的な側面がある点が、ほかに例のない特徴だ。

 われわれはその点を不快に感じる。ネット上の検索結果を検閲することも活動家を監視することも、表現の自由を抑圧する全体的なシステムの一部だと思う。われわれから見れば、すべては弾圧計画の一環であり、わが社もその動きに加担しているように感じられた。

(中国からの撤退は)ハッカー攻撃と直接的に関係している。別個の問題ではない。北京オリンピック以降、中国の対応は悪化する一方だ。わが社の中国でのシェアは拡大しているが、現地での事業展開は一段と困難になっていた。検閲については特にそうだ。検閲を強化せざるをえず、圧力も強まった。わが社だけでなく他のネット企業でも同様に、事態は目に見えて悪化した。


■中国が示した強権ネット国家のありよう

 中国のネット事情に詳しい元CNN北京支局長のレベッカ・マッキノンが米議会の公聴会での証言として用意していた以下のコメントも、ドラモンドの説明を裏付けている(マッキノンは当初、公聴会に招致されていたがキャンセルされた)。


 中国はネット時代の新たな権威主義をつくりあげようとしている。非民主的な政府が権力を維持したまま、国内にネットや携帯を普及させる方法を示している。


 ビジネス的な視点での報道もある。ニューヨーク・タイムズ紙は、中国の携帯最大手チャイナ・モバイルやポータルサイトのトム・ドット・コムといったパートナー企業が、急速にグーグルから距離を置こうとしている動きを伝えた(同紙は同じ記事で、グーグルの対応に当惑していると公言する中国寄りの専門家の発言も紹介している。ただし、別の記事ではもう少しバランスの取れた報じ方をしている)。

 中国の指導層は、この対決に敗れたのはグーグルであり、同社の株価がこの数カ月間低迷しているのは、投資家が事態の影響を憂慮したからだと考えているのかもしれない。「IT業界の視点で見れば、グーグルの撤退によって、(中国)内外の競合他社は世界最大のネット人口をもつ市場に参入する余地が広がる」と、チャイナ・デイリー紙は伝えている。「グーグルでポルノサイトや破壊活動のサイトにアクセスできなくなれば、中国のサイバー空間はよりクリーンで平穏な環境を保てるだろう」

 とんだお笑い草だ。一連の騒動は結果的に、グーグルより中国に格段に大きなダメージを与えるだろう。開かれた国に向かっているという中国の主張を台無しにし、潜在的な投資家を遠ざけ、イノベーションと健全な競争を生む貴重な源を奪い去る。

■世界を巻き込む通商戦争勃発も

 ただし、ダメージを受けるのは中国だけではない。米中関係は危険水域に向かっており、アメリカにとっても大きな転機だ。中国政府の為替操作に怒った経済学者のポール・クルーグマンが、中国製品への報復関税を主張した3月14日の時点で、変化はすでに始まっていた。

 リベラル系シンクタンクの経済政策研究所は新たな報告書で、中国の通貨政策が2001〜08年にアメリカ人の雇用240万人分を奪ったと論じている

 非常に疑わしい数字に思えるが、このデータは中国を「為替操作国」に認定するようオバマ政権に圧力をかける格好の材料になるため、多くの政府関係者が飛びつくだろう。そしてグーグル騒動も、そうした流れに巻き込まれると思う。

 恐ろしいのは、通商戦争が勃発し、中国以外の国がそろって負け組みになるシナリオだ。中国からの輸入品の値段が世界中で跳ね上がり、アメリカ人消費者は中国で生産されているiPhoneに高いお金を払わなくてはならなくなる。

 自由貿易を信奉するローレンス・サマーズ経済顧問やティモシー・ガイトナー財務長官をはじめとするオバマ政権の経済担当チームは、こうしたリスクを十分理解しており、落ち着いて対応しているはずだ。しかし、油断は禁物。騒ぎに便乗して策略をめぐらす人間が勝つことはめずらしくないのだから。

──ブレーク・ハウンシェル
[米国東部時間2010年03月23日(火)22時18分更新]

Reprinted with permission from FP Passport,25/3/2010. ©2010 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日本企業の正当な活動を制約、ロシアに抗議=トヨタ会

ビジネス

台湾鴻海、中国・鄭州に新事業本部建設へ 10億元投

ビジネス

ノボノルディスクの肥満症薬、英で心血管リスク低減向

ワールド

台湾金融市場、台風接近で24日休場 TSMCは通常
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story