コラム

「お城」の文化交流こそ日中関係改善の切り札だ

2013年09月02日(月)08時30分

今週のコラムニスト:李小牧

〔8月27日号掲載〕

 今年3月、私は静岡県熱海市を訪れた。熱海といえば温泉、そして知る人ぞ知る秘宝館。中国紙コラムのネタ探しに「性の案内人」が「性の博物館」を訪れたのだが(笑)、「秘宝」の数々よりも、歌舞伎町案内人の目は隣にある熱海城内のある展示物にクギ付けになった。

 熱海城(といっても歴史的建造物でなく観光施設だ)の中には「日本城郭資料館」がある。日本各地の城郭を地図と模型で展示しているのだが、私にとっては隣のエッチな秘宝館より、こちらのほうがずっとそそられた。

 私は日本のお城が大好きだ。城は日本全国でだいたい100カ所あるといわれているが、既に20カ所は回っている。一番好きなのは、中国的な建築様式が気に入って既に3回も訪れている沖縄・那覇の首里城。最近も熊本城や大阪城を見に行った。白鷺城と呼ばれる姫路城も、現在修理中で外壁に覆われているにもかかわらず見学に押し掛けた。

 勇壮な天守閣に引かれるのはもちろんだが、それだけではない。城を中心に街がどんなふうに発展し、当時の日本人がそこでどんな暮らしをしていたか。今の街の様子を見ながら想像を巡らせるのは、25年間日本で暮らしてその歴史を知る私にとって、とても楽しい時間だ。

 実は日本の城と中国は無縁でなく、そのルーツは中国にあるかもしれない。というのは、私は河北省の鄴城(イエチョン)というところで、日本の城にそっくりな城郭を見たことがあるからだ。三国志の曹操の拠点だった、といえば日本人読者にも分かりやすいだろう。

 だからといって、私は「すべての日本文化は中国からやって来た!」とバカな噴青(フェンチン、中国版ネット右翼)のような発言をしたりしない。奈良のお寺を見ても、日光の東照宮を見ても、中国文化の影響を強く感じるが、何より素晴らしいのは中国と日本の文化を融合した当時の日本人の知恵と、こういった遺産を何百年間も大切に保存してきた高い意識だ。

■ネットで中国に城を紹介したい

 日本の城には最近になって復元されたものも多いが、中には松本城や姫路城のように、400年前に造られた城郭が今でも当時のまま保存されているものがある。日本人は保存に積極的な一方で、姫路城のように修復作業中でも見学者にその様子を見せるサービス精神を忘れない。

 残念ながらわが中国には、日本のような文化財を守る精神は育っていない。先ほど私が紹介した河北省の鄴城も現地に行けば見られるが、あくまで復元されたものでしかない。

 中国では「城」は街そのものを意味するが、西安や南京を除いてかつて街を取り囲んでいた城壁は残っていない。北京城の壁も今から60年以上前に打ち壊されてしまった。犯人は......わが故郷の大先輩、毛沢東だ。古いものを大切にしない一方で、最近は838㍍の世界一高いビルを造ろうと画策しているのだが、その場所は......わが故郷の湖南省長沙市だ。

 私はこんなに素晴らしい日本の城をぜひ中国に紹介したいと思っている。伝えるのは建物としての城郭の美しさや歴史だけではない。城を取り巻く街とそこに住む人々、文化、それに文化財をみんなで保護する高い意識もぜひわが故郷の人たちに伝えたい。中国のネットを通じて発信すれば、若い中国人にも日本の優れている点を素直に理解してもらえる。何ならご当地風俗を「案内」してもいい。

 尖閣での衝突をきっかけに、わが祖国と第2の祖国が「冷戦」状態になってずいぶんたった。日中首脳会談が開催されるという情報が飛び交っているが、何より大切なのは両国民がお互いの文化や歴史を尊重し合う雰囲気を取り戻すことだ。

 習近平(シー・チンピン)主席と安倍晋三首相には、会談が実現したら、かっこいい「城」の話から始めることを提案する。男同士なので盛り上がること間違いなしだ。

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

ニュース速報

ワールド

英イングランド、5月以降コロナ感染50%増 インド

ビジネス

中国新築住宅価格、5月は前月比+0.6%で横ばい 

ワールド

GAFA規制法案、米下院司法委が来週表決

ビジネス

5月豪就業者数は11.52万人増、失業率は5.1%

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    無計画な植林が環境を破壊している 侵略種化や8割衰…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 6

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 7

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 8

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中