コラム

「お城」の文化交流こそ日中関係改善の切り札だ

2013年09月02日(月)08時30分

今週のコラムニスト:李小牧

〔8月27日号掲載〕

 今年3月、私は静岡県熱海市を訪れた。熱海といえば温泉、そして知る人ぞ知る秘宝館。中国紙コラムのネタ探しに「性の案内人」が「性の博物館」を訪れたのだが(笑)、「秘宝」の数々よりも、歌舞伎町案内人の目は隣にある熱海城内のある展示物にクギ付けになった。

 熱海城(といっても歴史的建造物でなく観光施設だ)の中には「日本城郭資料館」がある。日本各地の城郭を地図と模型で展示しているのだが、私にとっては隣のエッチな秘宝館より、こちらのほうがずっとそそられた。

 私は日本のお城が大好きだ。城は日本全国でだいたい100カ所あるといわれているが、既に20カ所は回っている。一番好きなのは、中国的な建築様式が気に入って既に3回も訪れている沖縄・那覇の首里城。最近も熊本城や大阪城を見に行った。白鷺城と呼ばれる姫路城も、現在修理中で外壁に覆われているにもかかわらず見学に押し掛けた。

 勇壮な天守閣に引かれるのはもちろんだが、それだけではない。城を中心に街がどんなふうに発展し、当時の日本人がそこでどんな暮らしをしていたか。今の街の様子を見ながら想像を巡らせるのは、25年間日本で暮らしてその歴史を知る私にとって、とても楽しい時間だ。

 実は日本の城と中国は無縁でなく、そのルーツは中国にあるかもしれない。というのは、私は河北省の鄴城(イエチョン)というところで、日本の城にそっくりな城郭を見たことがあるからだ。三国志の曹操の拠点だった、といえば日本人読者にも分かりやすいだろう。

 だからといって、私は「すべての日本文化は中国からやって来た!」とバカな噴青(フェンチン、中国版ネット右翼)のような発言をしたりしない。奈良のお寺を見ても、日光の東照宮を見ても、中国文化の影響を強く感じるが、何より素晴らしいのは中国と日本の文化を融合した当時の日本人の知恵と、こういった遺産を何百年間も大切に保存してきた高い意識だ。

■ネットで中国に城を紹介したい

 日本の城には最近になって復元されたものも多いが、中には松本城や姫路城のように、400年前に造られた城郭が今でも当時のまま保存されているものがある。日本人は保存に積極的な一方で、姫路城のように修復作業中でも見学者にその様子を見せるサービス精神を忘れない。

 残念ながらわが中国には、日本のような文化財を守る精神は育っていない。先ほど私が紹介した河北省の鄴城も現地に行けば見られるが、あくまで復元されたものでしかない。

 中国では「城」は街そのものを意味するが、西安や南京を除いてかつて街を取り囲んでいた城壁は残っていない。北京城の壁も今から60年以上前に打ち壊されてしまった。犯人は......わが故郷の大先輩、毛沢東だ。古いものを大切にしない一方で、最近は838㍍の世界一高いビルを造ろうと画策しているのだが、その場所は......わが故郷の湖南省長沙市だ。

 私はこんなに素晴らしい日本の城をぜひ中国に紹介したいと思っている。伝えるのは建物としての城郭の美しさや歴史だけではない。城を取り巻く街とそこに住む人々、文化、それに文化財をみんなで保護する高い意識もぜひわが故郷の人たちに伝えたい。中国のネットを通じて発信すれば、若い中国人にも日本の優れている点を素直に理解してもらえる。何ならご当地風俗を「案内」してもいい。

 尖閣での衝突をきっかけに、わが祖国と第2の祖国が「冷戦」状態になってずいぶんたった。日中首脳会談が開催されるという情報が飛び交っているが、何より大切なのは両国民がお互いの文化や歴史を尊重し合う雰囲気を取り戻すことだ。

 習近平(シー・チンピン)主席と安倍晋三首相には、会談が実現したら、かっこいい「城」の話から始めることを提案する。男同士なので盛り上がること間違いなしだ。

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

ニュース速報

ビジネス

リクルートHDが海外で株式売り出し、総額4000億

ビジネス

中国銀行部門、来年は2─3%の増益 今年は7%の減

ビジネス

東証とJPXに業務改善命令、CEO「真摯かつ厳粛に

ワールド

11月の独時短制度利用企業、28%に 一部ロックダ

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、バイデンのリードが拡大に

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    「実は誰も会った人がいない」韓国政界で囁かれる文在寅の怖い話

  • 4

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 5

    中国メディア「コロナ起源は輸入冷凍食品」 西側は反論

  • 6

    【写真特集】いつかこの目で見たい、大自然が作った…

  • 7

    【香港人の今3】「中国製でないほうが、品質がよくて…

  • 8

    インドで「光るキノコ」の新種が見つかる......地元…

  • 9

    中国TPP参加表明の本気度――中国側を単独取材

  • 10

    習近平、人民解放軍に戦勝を指示「死も恐れるな」

  • 1

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 2

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 3

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 8

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!