コラム

牛丼屋のロックなBGMにみる音楽センス

2009年07月28日(火)12時43分

今週のコラムニスト:マーティ・フリードマン

 日本に来て感激したのは、BGMのセンスが最高にいいということ。東京のコンビニに入ると、日本の今のヒット曲を流している。アメリカにいるより、東京にいるほうが時代を感じることができるとは思わなかった。コンビニで新しい音楽を「発見」できるなんて、まさに最高の環境だと思う。

 僕が最初にB'zに出会ったのは、ラーメン屋さんで。聴いたことのない曲だったけれど、すごくいいと思い、それがJ-POPヘの入り口になった。こんなにマニアックなファンになるとは思わなかったけれど。

 アメリカではBGMといえば、古い曲とかイージーリスニングばかり。でも、向こうのイージーリスニングは全然イージーじゃない。セリーヌ・ディオンとかホイットニー・ヒューストンとか、叫び系ばっかりじゃん。全然癒やされない。寿司店なら、お琴と三味線の「さくらさくら」に決まってるよね。

 でも東京では、普通のお店のBGMが超ゴリゴリのノイズ系ロックとか、メタメタのメタル。9mm Parabellum Bulletなどのすごく激しいバンドが、牛丼屋で普通に大音量でかかっている。そんなのを聴くと、東京は最高と思う。アメリカ人の僕は最初、激しいロックは食べ物のBGMじゃないと思った。ところが、日本人は普通に食べている。アメリカ人なら絶対クレームする! 僕はあの系の音楽が好きだから、かっこいいところで牛丼を食べていると思った。音楽がよくなると、環境が急にかっこよくなるよね。アメリカのファミレスでロックなんてありえないよ。

■「平均の国」アメリカの音楽は冒険とは無縁

 東京の音楽センスのよさは、ありとあらゆるジャンルを受け入れる豊かさと関係している。ラジオもそうじゃん! J-POPからジャズまで、ありとあらゆる音楽を流している。すごいのは、マニアックな音楽にも門を閉ざさないこと。TOKYO FMやJ-WAVEなどの主要局でも、普通の時間帯にクラブ系の音楽がかかっている。アメリカなら朝の3時か4時にしかかからないような音楽だ。

 外国から東京に帰って来るときは、たいてい夕方に成田空港に到着するが、迎えの車の中でまず聴くのがラジオ。J-WAVEのピストン西沢の『GROOVE LINE』という番組。いいよね。本当に冒険的で、幅広いジャンルを取り上げている。

 そういう意味では、日本のほうがアーティストにチャンスをあげる国といえる。逆に思うかもしれないが、アメリカという国は冒険をしない。なぜなら「平均の国」だから。アメリカの平均が濃縮されたメインストリームが文化を支配していて、売れる曲は新しくないものばかり。だからアーティストは10年前と変わらない音楽を出し続け、成長することをしない。いい音楽はいっぱいあるが、メインストリームに入らないアーティストはなかなか認められず、苦労をする。

 アメリカではほとんどの人が田舎に住んでいて、音楽とは無縁の生活を送っている。アメリカ人の9割はバカじゃん。バカという言い方は悪いけれど、彼らの人生に音楽は関係ない。1年に1枚CDを買うか買わないか。それも、ウォルマートやKマートでかかっているものを買うだけ。ウォルマートでかかっているBGMこそ、アメリカの平均の「濃縮」だ。僕はウォルマートの音楽が好きとは言いたくないよ!

■パフュームなんて普通じゃない

日本人は誰でもなんらかの楽器を演奏できるでしょ? 歴史のある日本では音楽が身近な存在として根付いている。音楽を楽しむ祭りもあるじゃん。アメリカの歴史の中に、残念ながら音楽はない。
   
 僕はジャンルにこだわりたくない。ジャンルレスで行きましょう、といつも言ってるのだけど、その代表が『紅白歌合戦』。演歌やポップスなど、ありとあらゆるスタイルを同時に並べて見せるのはとても日本的。日本の人は気付いていないかもしれないけれど、あんな冒険的な試みは他ではない。とても心が温まる。

 ランキングの上位を見ても、いろんなスタイルの音楽が共存しているでしょ。パフュームなんて全然普通じゃない! おっかしい! クラブ系の音をいじった冒険的なものなのに、武道館も代々木体育館も満員になって、普通の人が楽しんでいる。一般的な人たちが冒険的な音楽を楽しんでいるのを見るのが、僕はとても好き。僕の大好きなヘビメタバンド、マキシマム・ザ・ホルモンも、普通にチャートの上位に食い込んでいる。本当に音楽的に平和な国だなあと思う。

 アメリカはロックンロールを発明した。その点は誰にも負けない。でも日本のほうがリッチな深い音楽がある。住めば住むほどそれに気付かされる。

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

ニュース速報

ワールド

米上院外交委員会、 ポンペオ氏の国務長官指名を承認

ワールド

金正恩氏が中国大使館訪問、中国人死亡のバス事故受け

ワールド

北朝鮮のバス事故で中国人32人が死亡=中国外務省

ビジネス

ドル指数が4カ月ぶり高水準、米国債利回り上昇受け=

MAGAZINE

特集:テロ時代の海外旅行

2018-5・ 1号(4/24発売)

人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

人気ランキング

  • 1

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 2

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    ホルマリンを点滴された女性、死ぬ──遺体の防腐処理…

  • 5

    キャサリン妃第3子懐妊で、英王位継承順位はこう変わ…

  • 6

    インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

  • 7

    コンドームなんてもういらない!? 理想の男性用ピル…

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 10

    韓国で後を絶たないパワハラ事件 SNSでさらに表面化

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 5

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 6

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 5

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 6

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 7

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 8

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 9

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!