コラム

フェイスブック「グラフサーチ」は例によって怖い

2013年01月19日(土)15時04分

 フェイスブックが、独自の検索サービス「グラフサーチ」を発表した。

 同じ検索と言っても、グラフサーチはグーグルやマイクロソフトのビングのような、ウェブ全体をオープンにサーチする技術ではなく、フェイスブック上の友達が共有している情報や、その他のユーザーがパブリックとして設定している情報の中をサーチできるもの。すべての検索結果は、友達という「人」がアップした情報の中から出てくる。その意味では、フェイスブックが言うように「もっとパーソナルな」サーチなのである。

 確かにそうだろう。このグラフサーチを使うと、友達、そして友達のさらに友達の中から犬が好きな人を探し出したり、ハイキングが趣味の人、バーベキュー料理に凝っている人などを見つけ出したりすることができる。フェイスブックがグラフサーチのビデオで情感豊かに伝えているように、そうした人々がつながり合って、一緒にスキーへ行ったりキャンプファイアーを囲んだりして、人生で忘れられない時を共に過ごしたりすることができるだろう。

 また、写真をサーチすることも可能だ。「1970年より前に撮影された写真」などと入力すると、友達がまだ小さかった頃の写真とか、懐かしい古い町並みなどが出てくる。やはりフェイスブックがビデオで伝えているように、ノスタルジックな気持ちに身を任せ、一瞬でも幸せな気分に浸ることができるだろう。

 しかし、そんな誘惑をはねのけて、どんなイヤなことが起こり得るのかもちょっと考えてみよう。

 もちろん、その前にニュートラルに役に立つという使い道はたくさんあることは指摘しておこう。たとえば、今度シカゴに出張があるのだけれど、その際には友人たちがお勧めするシカゴのレストランがわかるとか、腕のいい歯医者さんを教えてもらえるといったことである。このグラフサーチには「いいね!」ボタンの記録も含まれるので、そうした評価が簡単に見られる。

 ユーザーがそうした情報をパブリックにしていれば、情報がもっとアップグレードされる。たとえば、この地域に住むインド出身の人たちが気に入っているインドレストランはどこかとか、スタンフォード大学の教授が読んだお気に入りの本とか、グーグルの社員が聴いている音楽とか、そういった面白く、かつ参考になるという情報がたくさん手に入るのだ。

 だが、イヤな例もいろいろ考えられる。

 たとえば、同じ町に住む人がアップした写真をサーチする。そうすると、近所の住民のビキニ姿とかロマンチックな旅行でのスナップショットが出てきたりする。見る方はいいだろうが、見られる方はどうだろう。つまり、このグラフサーチによって、友達には見られてもいいけれど近所の人にはちょっと、という情報もお手軽に、そしておかまいなしに表示されるのである。少々気をつけた方がいいだろう。

 また、グラフサーチによって、フェイスブックはデートサイトや職探しサイトにも一歩近づいたと見られているのだが、そちらの面でもイヤなことが起こりうる。サンフランシスコに住む独身女性で、最近話題になっているソフトなエロ小説が好き、みたいなことを何気なくアップしていると、誰かまったく知らない人がコンタクトを取ってくるかもしれない。おまけに近所で撮影したプロフィール写真などを使っていると、場所を特定して待ち伏せしているなどということもあり得る。ちょっと心配性に過ぎるかもしれないが、決して不可能なことではないのだ。

 このグラフサーチは、人、趣味、写真、場所などの基本項目で検索ができるが、創意工夫によって、検索内容をどんどん突き詰めていくことができる。何をアップするか、何をパブリックにするかについて、これまで以上に注意を払う必要が出てきたということである。

 そしていつものことだが、グラフサーチもフェイスブックの金儲けのツールである。ユーザーはグラフサーチを使って、フェイスブック上でもっと多くの時間を過ごすようになるだろう。またユーザーが自分の関心ごとを入力するから、ユーザーのプロファイルの内容が濃くなって、そのデータはもっと売り物になる。それにグラフサーチで検索をかければ、ユーザー自身がフェイスブック上の情報をカテゴライズすることになるので、ニッチなターゲット広告のためにうってつけの機会を提供するのだ。

 とりあえず、アメリカのユーザーに限って公開されたグラフサーチは、今のところまだベータ版で、すべてのユーザーが使えるわけではない。また精度もまだまだという状態だ。しかし、この技術が先鋭化していくと、いろいろ予想外のことが起こるだろう。ここは「プライバシー設定」の手綱を、再びしっかりと締めておくことが肝要だ。

プロフィール

瀧口範子

フリーランスの編集者・ジャーナリスト。シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、政治、文化、社会一般に関する記事を新聞、雑誌に幅広く寄稿する。著書に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか? 世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』、『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』、訳書に『ソフトウェアの達人たち: 認知科学からのアプローチ(テリー・ウィノグラード編著)』などがある。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!