最新記事

中国社会

【動画】中国の会社従業員「四つ這い」懲罰に非難殺到

Viral Video Shows Employees Forced to Crawl Along Road as Punishment

2019年1月18日(金)12時30分
カラム・パトン

屈辱的な懲罰を行った会社側とそれに従った従業員の双方に批判が SCMP News/TWITTER

<屈辱的な懲罰を行った会社側だけでなく、それに従った従業員への批判も出ている>

中国で会社従業員が、懲罰として「四つ這い」で道路を行進させられている動画がネット上で拡散され、ソーシャルメディアではこのような屈辱的行為に及んだ会社と従業員の双方を非難する意見が噴出している。

中国・山東省東部の棗荘市で撮影されたこの動画では、会社の旗を振る男性に先導されて、数人の女性従業員が四つ這いになって道路を行進している。行進の傍らでは多数の自動車が行き交っている。

AP通信によれば、これは現地の美容会社が、目標を達成できなかった社員に対して行った懲罰行為。映像では、道路を横断する一団によって自動車の往来が妨害され、警察官が一団を制止していた。

会社の旗を持って先導していた男性は警官から注意を受け、この一件で会社は一時的に閉鎖に追い込まれた。


拡散された動画は、中国のソーシャルメディアのユーザーを驚かせ、誰に責任があるか問う声があふれた。「従業員の尊厳を踏みにじるような会社は潰れてしまえばいい」という意見がある一方、「いくら金のためとはいえ(従業員も)なぜここまで尊厳を捨てることができのか?」と従業員側を責める意見もあった。

従業員に対する中国の会社の屈辱的な懲罰行為の動画が拡散してことはこれまでにもあり、昨年夏には別の会社で従業員が平手打ちをされ、四つ這いに歩かされる動画が拡散したことがある(上の動画の後半)。

香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、昨年夏の動画は湖北省宜昌市の会社の月例報告会で撮影され、一列に並んだ無抵抗の6人の男性従業員の顔を女性従業員が何度も平手打ちにし、最後には授業員全員が拍手をさせられている。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 3

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 4

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 5

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 6

    「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

  • 7

    日本政府、韓国サムスン向け半導体材料の輸出を再び…

  • 8

    香港デモで資産価値の5分の1が吹き飛び、キャセイ航…

  • 9

    韓国航空業界に再編の荒波 アシアナは投資ファンド…

  • 10

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月